FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

210303 民数記31:42-54 「一人で戦うのではなくて」

民数記31:42-54 「一人で戦うのではなくて」

 31章の初めに「ミデヤン人にイスラエル人の仇を報いよ。その後あなたは、あなたの民に加えられる。」とあります。あなたの民に加えられる。とは、死んだ民の数に加えられる。ということです。つまりモーセの生涯で、最後の務めが命じられているわけです。それが、このミデヤン人への報いです。ではミデヤン人への報いとは何でしょう。それは25章に記されていた事件。イスラエル人がモアブの娘たちとみだらなことをし始めたことをきっかけにバアル・ペオルを慕うようになり、そのことが主の怒りとなって燃え上がり24,000人のイスラエル人が神罰で死ぬという事件。この事件に対しての報いです。
 このモアブの娘たちはミデヤン人でありました。ミデヤン人はエドムの東から紅海に至るアラビヤ砂漠に住んでいた民で、イシュマエル人、モアブ人、アマレク人などの様々な部族連合の総称だそうです。イスラエルがモアブの草原に宿営したとき、モアブの王バラクはこれを恐れて、占い師のバラムに呪いを依頼しますが思惑通りには行かず、次の策として考えたのが、このモアブの娘たちを用いての懐柔策でありました。敵対して勝ち目がないなら、懐に入ろうというわけです。しかしこの結果、イスラエルの民は偶像礼拝を行い、神の怒りを買って24,000人もの命が取られるというバアル・ペオルの事件が起きてしまいました。神はこの事件を決して軽く扱われません。むしろカナンに入る前のどうしてもやるべきこととして、この仇討を命じておられるのです。
 何となく、残酷な仕打ちに見えるでしょうか。しかし、主はもともと「モアブに敵対してはならない。彼らに戦いを仕掛けてはならない。あなたにはその土地を所有地としては与えない。わたしはロトの子孫にアルを所有地として与えたからである。」(申命記2:9)と命じておられました。ですからイスラエルは彼らの土地を迂回して北上しました。最初からイスラエルにはモアブをどうこうとするつもりはなかったのです。けれどモアブがイスラエルを恐れ、あれこれといらぬ策を講じたがために、イスラエルの民の偶像礼拝を招き、本来死ぬ必要のない民がたくさん死にました。もちろんだからと言って淫行したイスラエルの民を擁護することはできません。彼ら24,000人はことごとく死に絶えました。しかし、一方でミデヤン人の処遇を曖昧にしたままで、カナンの地に入っていくことを主は許しません。イスラエルと現地の民との淫行は、主への裏切り行為であると、内外共に知っておく必要があったからです。
 モーセは各部族から1000人を戦いに出させて1万2千人の軍を整え、ピネハスを大将としてミデヤンの地に送り出します。結果イスラエルはミデヤン人の男子を全て殺し、女性や子どもを捕らえ、家畜や財産をことごとく奪い取るという大勝利をおさめました。

 さて、今日の箇所はこの戦いによって得た戦利品の戦後処理についてが記されています。実は25節から続いている一連の文章です。まず戦利品の総数が確認され、それを従軍した民とそうでない民とに二分します。従軍した民の取り分から、500につき1を主のための奉納物として、エルアザルや祭司に渡されました。一方、従軍しなかった残りの民の取り分から、50につき1をレビ人の取り分とされました。
 特筆すべきは、戦利品の中の腕飾りや指輪などの装飾品もまた主に献げられたということです。総量16,750シェケル。1シェケルは11gと言いますから、183,700g=183.7kgの金が奉納されたということです。これは主の命じるところではなくて、自主的な献げ物でした。それはこの戦いで一人の死者も出なかったということに対する感謝の応答でした。規定通りのささげ物をしているのですから、普通はその他のものは自分の物。特に装飾品は先の戦利品の一覧に載っていませんから、奪い取った兵たちの取っ払いと言いましょうか、文字通り戦利品なわけです。羊や牛やろば、奴隷はイスラエルの共有の戦利品でした。けれど装飾品は見つけて奪い取れば、それは火を通して清めることは必要でしたが、それさえすめば自分のものとなったのです。実はこれは戦いに参加することの旨味だったのです。ところがイスラエルの兵たちはその装飾品を惜しむことなく主に献げています。それは彼らがこの戦いを私利私欲の戦いにせず、主の戦いであると理解していたからでした。
 思えば、私たちはあらゆる出来事のほとんどを自分の戦いとしてはいないでしょうか。自分のための戦い、自分一人で頑張る戦い、自分だけが受け取るべき戦い。けれど、そこには主の守りが確かにあるというのに、それを見ないようにはしてはいないでしょうか。独り相撲をしているのではないでしょうか。主が共におられる戦いを、私利私欲で戦うなら、私たちはその結果も負わなければなりません。けれど、それを主の戦いとして参加するとき、主は私たちの身と心を守り、確かな勝利へと導かれるのです。

210228 ルカ6:43-49 「心に満ちていることを」

ルカ6:43-49 「心に満ちていることを」

  「良い人は、その心の良い倉から良い物を出し、悪い人は、悪い倉から悪い物を出します。人の口は、心に満ちていることを話すからです。」とイエス様はおっしゃいました。良い物を出す人も、悪い物を出す人も、どちらも心の倉から出しているということです。ここでイエス様が問題にしておられるのは、その口から良い物を出しているか、悪い物を出しているか、ということではありません。倉と言うのは物が蓄えられるところです。ですから、その口から悪い物が出ているなら、それは蓄えられているものが悪いのです。その倉に良い物が蓄えられていれば、必然と良い物が出るのです。ですから、イエス様がこのところで問うておられるのは、心の倉から何を取り出しているかではなくて、心の倉に何を蓄えているかということです。
 イエス様はここでもう一つのたとえ話をされています。家の土台の話です。土台を据えた家は、たとえ洪水が来ようとびくともいたしません。しかし、土台を無視して家を建てれば、洪水が来たときに家はすぐに倒れてしまいます。イエス様は土台を据えるということを、わたしのもとに来て、わたしのことばを聞き、それを行う人だと言っています。一方土台なしの人のことを、聞いても行わない人と言っています。聞いて行う人と、聞いても行わない人。実はこの「聞く」と「行う」の間には、蓄えるということが大事です。どれだけ聞いていても、聞き流しているだけでは、行いには結びつかないのです。聞いたことを心に蓄えることが大事です。
 イエス様の言葉を聞き、イエス様の姿を凝視し、イエス様の言葉と生き方を蓄えている人と、イエス様の言葉をはいはいと言って聞き流し、イエス様の生き方を彼方の出来事として流し見る人。イエス様の言葉と生き方が蓄えられている人は、何があっても、蓄えられたイエス様の姿に倣うことができます。イエス様ならどうしただろう。イエス様は何と言っていただろう。生活のあらゆる場面で、イエス様の影を追うことができます。いつもイエス様を身近に覚え、励まされ、蓄えられた言葉に道を示されて生きることができます。けれど、イエス様の言葉を聞き流し、イエス様の姿を流し見しかしていない人はどうでしょう。そういう人は、あらゆる場面で、イエス様に頼ることができません。当然です。心の倉に、良い物が蓄えられていないからです。無い袖は振れないからです。
 スーパーのお菓子売り場で、よく小さい子どもが駄々をこねる場面を見かけたりします。幾つか原因はありますが、その一番は、語彙力の無さです。小さな子どもはまだ言葉があまり蓄えられていないので、自分の感情を伝える適切な言葉が思い浮かばないのです。だから伝えたいけど伝えられない。わかってもらえない。そのことが歯がゆくて、苛立って、泣き叫ぶのです。同じように、御言葉が蓄えられていなければ、私たちは主の御声に聞けないのです。私たちはどのように主の御声に聞くと思いますか。旧約の預言者たちのように、天からの雷鳴と共に神の御声を聞くのでしょうか。もちろん、それが無いとは言いません。ルターがまさにそうでした。私たちも、もしかしたらそういうことがあるかもしれない。けれど多くの場合はそうではありません。私たちは心に蓄えられた御言葉によって聞くのです。
 46節に「なぜ、あなたがたは、わたしを『主よ、主よ』と呼びながら、わたしの言うことを行わないのですか。」とあります。行いたくとも、行えないのです。イエス様だったらどうされたか、その見本が無いのです。イエス様は何と語られたか、その語録が無いのです。だから「主よ、主よ」と呼ぶことはできても、御声の通りに行えません。洪水の中で土台を築こうとしてもそれでは遅すぎます。土台は洪水が来る前にこそ築かれていなければなりません。その違いは、晴れている内はあまり関係がないかもしれません。祈らなくても、御言葉を蓄えずとも、日々の生活を何と無しに過ごすことはできます。けれど、やがて洪水は押し寄せるのです。ですから大事なのは、今日と言う日常の中で御言葉に聞き蓄えることです。いつ目が見えなくなるかわかりません。いつ手が動かせなくなるかわかりません。けれど御言葉が心に蓄えられているならば、私たちはいつでも御言葉に聞くことができます。いつでもイエス様を思い出せます。私たちは主の御声を天から聞くのではありません。私たちの心の倉からこそ聞くのです。

210224 民数記28:1-15 「生活の中心」

民数記28:1-15 「生活の中心」

 主へのなだめのかおりのささげものについてが命じられています。常供の全焼のいけにえとして、一歳の傷の無い雄の子羊を毎日朝に一頭、夕に一頭。穀物のささげ物として、オリーブ油を混ぜた小麦粉10分の1エパ(2.3L)。注ぎのささげ物として、子羊一頭につき4分の1ヒン(0.95L)の強い酒(ぶどう酒)。これがあらゆるいけにえの基準です。
 安息日には、この常供のいけにえに加えて、一歳の傷の無い雄の子羊二頭。穀物のささげ物として、油を混ぜた小麦粉10分の2エパ(4.6L)が献げられます。
 また月の第一日(新月祭)は、やはり常供のいけにえに加えて、全焼のいけにえとして、傷の無い若い雄牛2頭、雄羊1頭、一歳の雄の子羊7頭、そして祭司のために罪のためのいけにえとして雄やぎ1頭。穀物のささげ物として、雄牛1頭につき、油を混ぜた小麦粉10分の3エパ(6.9L)、雄羊1頭につき油を混ぜた小麦粉10分の2エパ(4.6L)、子羊1頭につき油を混ぜた小麦粉10分の1エパ。注ぎのささげ物として、雄牛1頭につきぶどう酒4分の1ヒン。雄羊1頭につきぶどう酒2分の1ヒン、子羊1頭につきぶどう酒3分の1ヒン。が献げられます。

 そして28章16節から29章までは、さらに過ぎ越しの祭りや種無しパンの祭りが行われる第1の月のいけにえ、初穂の日(五旬節)のいけにえ、そして贖罪日がある第7の月のいけにえの規定が記されています。

 カナンに入る直前、後継者にヨシュアが選ばれたその直後、最初に主から命じられるのがいけにえについての事細かな規定でした。毎日のいけにえ、安息日毎のいけにえ、新月祭のいけにえ、初穂の日のいけにえ、そして、出エジプトを覚える第1の月と贖罪日を迎える第7の月に献げられる特別のいけにえ。それらは彼らイスラエルの生活が、神の恵みによることを思い起こさせる行為でありました。これからカナンに入国することになるイスラエルはその地に定住することとなります。するとどうなるか。日々の生活が神の導きであることよりも、自らの努力の結果と映るようになるのです。荒野の旅は、天からのマナとうずらをいただき、日々主の恵みによって生かされる日々でした。困難は彼らに主に頼ることを教え、思いもよらぬ神の奇跡が彼らの目を覚まさせたことでした。けれど、カナンに入ればどうなるでしょう。乳と蜜の流れる地と呼ばれたカナンは、豊かなで、農業や放牧に適した地も多く、入居した地で彼らは定住生活を送るようになります。彼らはそこで畑を耕し、穀物を育て、家畜を育て、蓄え、富みを築いていくのです。これまでは神に依存した生活でした。けれど、これからは彼らの努力が彼らの成功に直結する生活となる。それは彼らのやる気となり、同時に彼らが神を必要としなくなる下地ともなるのです。
 主はそのような生活に入る前に、彼らの生活の中心をどこに置くべきかをこのいけにえの規定を通じて教えておられるのです。いけにえを献げることはすなわち礼拝です。カトリックのミサはキリストのいけにえを捧げる行為です。私たちはキリストを再び十字架にかけることはしませんが、礼拝の度に主の贖いの恵みを覚え、感謝することは決して間違いではありません。しかしです。イスラエルに命じられたいけにえの規定の見る限り、私たちの礼拝は週に一度では足りません。それは毎日献げることが命じられているのです。
 全焼のいけにえは、傷の無い家畜と穀物と注ぎの献げ物。私たちの生きるために食すもの、そして懸命に蓄えた財を、まず初穂として神に捧げることが命じられています。それは私たちが己の力ではなく、主によって生かされていると認め、感謝すること。ひれ伏すことを意味します。私たちは毎日、主によって生かされ、養われてあるこの身を覚えるように。感謝するようにと命じられているのです。
 詩編103:2「わがたましいよ【主】をほめたたえよ。主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな。」

210221 ルカ6:37-42 「人を量る秤で」

ルカ6:37-42 「人を量る秤で」

 「あなたがたが量るその秤で、あなたがたも量り返してもらえるからです。」ここにある秤とは、もともと麦や塩などを量るための枡のことです。たとえば麦を売る時に、両手いっぱいで幾らとはいたしません。同じ値段なのに手の大きさによって差が出るなら、それは不公平だからです。誰の目から見ても、納得が行く公正な取引をするために、設けられた基準。これが枡一杯という秤です。けれど悪い商売人ですと、この枡の大きさを微妙に変えて誤魔化すわけです。たとえば、同郷の人には普通の枡だけど、他所の土地の人には少し上げ底をした枡を使ったりする。奴隷相手であればもっと小さい枡を使ったりする。これはもう見た目ではわかりませんから、やろうと思えば簡単に騙せるわけです。そんな中、イエス様の言葉は、如何に新鮮で、公正で、納得のいくものだったことでしょう。しかし、それゆえにごまかしが利かない、言い逃れのできない教えでもあるのです。
 イエス様は、弟子たち自身の目に梁があるというのに、兄弟の目のちりを取ろうとやっきになっていることを指摘しています。それは盲人が盲人を案内しているようなものだとです。けれど期待もしています。十分に訓練を受ければ、自分の師のようになれるとです。ですから、兄弟のことをとやかく言っていないで、自分の梁を取り除きなさい。自分自身を吟味しなさいと言うのです。
 兄弟の目の塵を取らせてくださいというのは、親切なようでいて、内心ではその人を裁いているのです。不義に認めているのです。愚図で、間抜けで、役に立たない。そんな風に見下しているのです。今、この教えが、他でもない弟子たちに向けて語られているということに注意を払うべきです。それは信仰者こそ、この誘惑に陥りやすいからです。つまり他人を裁く誘惑です。そこには理想があり、正義があるからです。神の正義を知っている私たちは、教会に理想を抱き、信仰者に理想を抱き、そして理想に及ばない他人の粗が許し難いもののように思えるのです。教会を乱す悪人のように思えてきます。そして自分には神に代わって悪を正す使命があると考えます。あの人はクリスチャンとして相応しくない。あの人の態度は神様の前に正しくない。けれど、そのように裁く自分自身はいったい神の目にどのように映っていることでしょうか。私たちは私たちの正義の秤に耐え得るものでしょうか。私たちは私たちの正義の尺度に適う者でしょうか。自分にだけは小さい枡を用いているのではないでしょうか。私たちは自分自身の姿をもう少し客観的に見るならば、どれほど多くの衝突を避けることができるかと思わざるを得ません。
 同じ秤で量られる。しかし、よくよくこのところを読んでみますと、少しおかしな点があります。6:38にはこうあります。「与えなさい。そうすれば、あなたがたも与えられます。詰め込んだり、揺すって入れたり、盛り上げたりして、気前良く量って懐に入れてもらえます。あなたがたが量るその秤で、あなたがたも量り返してもらえるからです。」変だとは思いませんか。同じ秤で量り返してもらえるとありながら、実際は「詰め込んだり、揺すって入れたり、盛り上げたりして、気前よく量って懐にいれてもらえます。」とあるのです。ずっと、同じ秤で量られると聞いてきました。他人の目の塵ばかり気にして自分を省みない私たちの現実を指摘されました。だからよくよく自己吟味しなさい。と語られました。当然です。だからこそ公平が保てるというものです。ですから私たちはこれを聞いて、兄弟と関わることに躊躇うところではないでしょうか。ああ、確かにおっしゃる通りだなぁ。自分のことを棚に上げて人のことを言ってる場合じゃないなぁ。同じ秤で量られるなら誰とも関わらずに過ごしたほうが良いんじゃないかなぁ。もう一層のこと、人知れず山にでも籠ろうかなぁ。
 けれど、イエス様は、ここで、気前よく量って懐にいれてもらえる。と言われるのです。つまり神様の祝福は単なる因果応報ではなくて、溢れんばかりの恵みなんだと語られる。もしも私たちが赦し、与える歩みをするのなら、神様は単に同じ秤で返すのではなくて、そこにぎゅっと詰め込んで、さらに揺すって隙間を埋めて、そのまた上に盛り上げて、何倍にもして返してくださると言われるのです。ですからイエス様は、量られることを恐れて隣人に関わらないようにしましょう、というのが私たちのゴールではなくて、赦す。与える。ということにおいて積極的に関わってまいりましょう。と、こうおっしゃっているのです。

210217 民数記22:21-41 「みことばにひれ伏し」

民数記22:21-41 「みことばにひれ伏し」

 今日の箇所は、バラムがバラクのもとに行く道すがらの不思議な出来事についてです。バラムの乗っていたろばがうずくまってしまい、バラムは怒りのままにろばを杖で打ち付けます。するとろばが喋り始めて、バラムを諭し始めるのです。しかし、実はそこには剣を持った主の使いがおりました。ろばが身を巡らせていなければ、主の使いがバラムを滅ぼしていたところでした。バラムはろばによって救われていたのです。本人の気付かぬところで、多くの助けがあるものです。けれどそのことに一向に気付けないのはバラムがの高ぶりです。目のおおいが取り去られて、主の使いの姿を確認して、ようやくバラムは自らの罪を悟ります。そして、主のお告げに従い、心新たにして、バラクのもとへと出発するのです。
 さて、この出来事は主の使いがろばを用いてバラムを諫め、彼の態度を改めさせ、主の御用に相応しく整えられる場面です。しかし、彼の何が問題だったのでしょうか。22章の前半を見る限り、バラムは主のお告げに忠実なしもべのように見えます。彼はまず主のことば通りにバラクの誘いを断りました。再びの時は、主のお告げ通り、バラクの使いたちと共に出発をいたします。神のことばに忠実なバラム。と一見見えなくもありません。けれど、彼の狙いは別にありました。Ⅱペテロ2:15-16には、この時のバラムの様子を解説して次のように記しています。「彼らは正しい道を捨てて、さまよっています。ベオルの子バラムの道に従ったのです。バラムは不義の報酬を愛しましたが、自分の不法な行いをとがめられました。口のきけないろばが人間の声で話して、この預言者の正気を失ったふるまいをやめさせたのです。」バラムは不義の報酬を愛したとあります。つまり、バラクの申し出を一度断ったのは、自らの価値を高めるための小賢しい知恵であり、バラクから手厚い報酬の約束を引き出すことができたのでバラムは出かけたのです。主に伺いを立て、主のことばに聞き従っているように見えたのは全て彼のポーズでした。主のことばを自分の利益のための権威付けに利用する、その身勝手な振舞いを主は怒られたのでした。
 つまり、神のことばを自らの計画や考えを押し通すための錦の御旗にしてはいけないということです。バラムには神のことばに先立つ己の企てがあったのです。占いというのはそういう側面があります。ことの現象を見て解説する占いは、しかしその解説の根拠を示すことができません。たとえば亀の甲羅を焼いて、その焼き跡を見て占う。しかし、そのひびが何を意味するかは占い師の匙加減です。星占いと言いますが、その星の動向が何を意味するかは、経験から来る予想に過ぎません。つまり占い師は起こり得るあらゆる現象を自らの経験や考えを根拠として語るのです。その逆ではありません。けれど、主が再三に渡っておっしゃるのは、「あなたはただ、わたしがあなたに告げることだけを行え。」ということです。そこに占い師の予想や意見は必要ないのです。主のことばに混ぜ物をせずに聞き、従う。みことばに対する謙遜さが彼には欠けておりました。みことばすらも自己実現のために利用しようとする高慢な態度がありました。
 もっとも彼自身、そのことに気付いていなかったのかもしれません。みつかいの剣の前にひれ伏した彼は目が開かれます。占い師から預言者へと変わった瞬間です。彼はバラクのもとに行き、堂々と宣言します。「私に何が言えるでしょう。神が私の口に置かれることば、それを私は告げなければなりません。」
 神のことばを自己実現のために利用することは、主の望まれることではありません。主が語られるところに、私たちの理解も、私たちの都合も関係がありません。告げられたままに従う。私たちに問われるのは、主の前にある従順です。私の計画を一旦おいて、主の御声に聞き従う者でありたいと思います。