FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝メッセージを要約したものです。

訪問者
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

180805 エペソ2:1-10 「あなたのできばえは?」 赤羽聖書教会 野寺恵美師

エペソ2:1-10 「あなたのできばえは?」 赤羽聖書教会 野寺恵美師

 ユダヤ人と異邦人。教会の中でも相容れず揉めていたこの両者、でも行き着く先は共に「死」「神のさばき」。一方、神にあるのは「豊かさ」「あわれみ」「たくさん」の「愛」。神はこの「大きな愛」をもって「背きの中に死んでいた ~ つまり異邦人もユダヤ人もひっくるめた ~ 私たちを」「共に生かし」「共によみがえらせ」「共に天上に座らせて」下さいました、「キリストにあって」。「共に生かす」あわれみ豊かな、私たちをたくさん愛して下さる神が、罪の中でなんの抵抗もできずに死んでいた私たちに新しい「命をつくって」下さり、その「命に生かして」下さるのです。罪の中にどっぷりとつかっていた時、死んでいた時には、自分がどこにいるのか、自分のいるところがどんなに汚いのか麻痺してしまってわかりません。息を吹き返して初めて感じることができるのです。罪の中で何もできずに死んでいた私たちが自分は罪深い人間だと自覚すること、それこそが確かに生きている証拠です。罪の中から救い出されて生かされたのです。「ともによみがえらせて下さった」確かにイエスの再臨の時に私たちはよみがえって新天新地に行くことができます。でもこの地上で生きている今も実はよみがえりの命を生きているのです。たとえ見た目には苦しみの多い、泣くこともつぶやくこともある、誰からも顧みられないようなちっぽけな人生のように見えても、それは朽ちることのないよみがえりの命であり、決して無駄な、無意味なものではないのです。「ともに天上に座らせて下さった」これは「神の右の座」に着いて神と共に神の国を治めることです。いえ、現に今治めているのです。人にはどう見えようと、自分でどう考えようと、神は私たちをご自分のパートナーにして下さっています。今している勉強、子育て、家事、仕事、友達とのおしゃべりや遊ぶこと、食べることでさえみな、神の右腕として神の国を治める仕事なのです。
 私たちは「神の」作品です。誰が何と言おうと作者はその作品のことを一番よく知っています。その作品を一番輝かせることができます。神は私たちが一番自分らしくいられるように、輝いていられるように、すべてを備えていて下さいます。責任をもって導いて下さいます。そうして私たちを通して、神の御栄光を、神の豊かな恵みを、神の大きな愛を現されるのです。罪の中にどっぷりとつかって身動きもとれずに、木偶の坊のように死んでいた私たちが、神の作品として生かされ、永遠のいのちをいただいて、神の右腕として手足を自由に動かして、全身全霊で神の良い働きができるのです。何という幸せでしょうか。しかも独りぼっちではありません。イエスさまが私たちの模範としていつも一緒にいて下さり、教会の兄弟姉妹が共に神の働きをする同労者としているのです。何とすばらしい神さまからのプレゼントではありませんか。それをいただいて歩みましょう。