FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

191229 エレミヤ31:15-22 「はらわたはわななき」

エレミヤ31:15-22「はらわたはわななき」

 ヘロデは東方の博士の到来によって、救い主の誕生の知らせを知ります。しかし、それは自らの地位を脅かす存在に成りかねません。ヘロデはこの時、「救い主がどこで生まれるか教えてくれ。私も行って礼拝したいから」と言って、博士たちに詳細を報告するように命じますが、博士たちは赤ん坊のイエス様を礼拝した後、主の御告げに従って、別の道を帰って行きました。ヘロデは待てども待てども報告がないことが不安で仕方ありません。ヘロデは不安の種を根絶やしにするために、ベツレヘムの2歳以下の男の子の虐殺を命じます。そして、聖書はこの出来事をエレミヤの預言の成就と絡めて紹介しているのです。
 さて、イエス様の誕生がきっかけとなってベツレヘムの男の子が根絶やしにされる。そしてこれが預言の成就であると語られる。何とも理不尽に思うこの出来事を、私たちはどのように理解すれば良いのでしょうか。
 ある人は神のご計画の不備を指摘して文句を言うことでしょうか。なぜ神はこんな酷い出来事を遥か以前に知っておいて許すのか、とです。また、ある人はイエス様とその家族のご都合主義の逃亡劇に、納得がいかず糾弾することでしょうか。なんだイエス様も、自分さえ残虐を逃れさえすれば良いのか、とです。
 預言の成就と言われれば、なぜ神様はこんなことを、と私たちは思うわけです。けれど、本当にそうなのでしょうか。母たちの涙、絶望、子を奪われる惨劇。エレミヤはその預言から、何を語っていたのでしょうか。
 エレミヤが語るラケルの涙。それは、これから起こるバビロン捕囚を預言した言葉でありました。しかし、言葉は続きます。「あなたの泣く声、あなたの目の涙を止めよ。あなたの労苦には報いがあるからだ。」とであります。バビロン捕囚という途方も無い悲しみが起こる。けれど、泣くなと。目の涙をとどめよ。と主は言われるのです。なぜなら、「彼らは敵の国から帰ってくる。あなたの将来には望みがある」からです。実は、これこそがエレミヤの預言の中心でありました。これからバビロン捕囚が起こる。民はこの約束の土地を失う。自分たちの子どもが、そして子孫が安心して暮らすその日々はもはや失われる。希望が失われる。けれど、その絶望の中で、エフライムは、神の民は自らを悔い、まことの神に立ち返ることを知る。だから、これから起こる困難の中で、諦めてしまうなと。このことのゆえに神を見い出せと。私の下に立ち帰れと。これこそがエレミヤの語る預言の真意でありました。
 エレミヤ31:20、民に向けられる主の心の内が吐露されています。「エフライムは、わたしの大切な子、喜びの子なのか。わたしは彼を責めるたびに、ますます彼のことを思い起こすようになる。それゆえ、わたしのはらわたは彼のためにわななき、わたしは彼をあわれまずにはいられない。」天地万物の創り主であられるお方。ご自身の存在に、他の何者をも必要とされない唯一のお方。「わたしはある」と言われるそのお方が、民の苦しみを前に「はらわたがわななき、あわれまずにはいられない」と、吐露されておられます。これが主の心の内なのです。
 イエス様が生まれたから、エルサレムの男の子が殺されたのではありません。逆です。自分の権力を守るために、多くの命を犠牲にして何ら心を傷めない、そういう現実の世に、イエス様がお生まれくださったのです。神との関係の中で、あるべき被造物としての分を超えて、自らを神の如く振る舞う、罪のゆえに歪んだ世界にイエス様はお生まれになられたのです。ベツレヘムでの凄惨な事件は、私たちの日常にも起こります。バビロン捕囚は、私たちの人生の旅路にも起こり得ます。それは私たちにとって、どうにもならない絶望のように感じます。けれど、忘れてはならないのは、その絶望ように思える現実に置かれた私たちを、はらわたがわななき、あわれまずにはいられないと、想いを向けてくださるお方が確かにいるということです。そして、そのお方は、「あなたの将来には望みがある。」とおっしゃられるのです。