FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝メッセージを要約したものです。

訪問者
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

200329 ヨハネ14:1 ローマ8:35~39 「心を騒がせてはいけません」

ヨハネ14:1 ローマ8:35~39 「心を騒がせてはいけません」

 教会が公の礼拝を自粛するという選択は、普通のことではありません。礼拝はキリスト者に与えられた特権であり、最大の奉仕です。そして慰めでもあります。聖書は事ある毎に困難にあって主に従うことの幸いを語り、共に集うことの希望を語っております。そして教会はずっとそのように説教をしてまいりました。ですから本来なら、どんな状況になっても礼拝を守りましょう。たとえ死を覚悟しても、私たちは主の日の礼拝を優先しましょう。そう励まし続けるのが筋なのかもしれません。けれどこの現実の状況の中で、私たちは教会に集わないということを選びました。礼拝出席のために鉄道やバスに乗ることにもリスクを伴います。また、高齢者や持病をお持ちの方は新型コロナウィルス感染時の重篤化が懸念されています。感染爆発の兆候はあちらこちらに現れています。私たちは新型コロナウィルスの世界的流行(パンデミック)の現実を受け止め、教会員の安全を優先し、東京近郊の一教会として感染拡大を防ぐ社会的責任を負っており、自らが感染する危険性だけでなく、自分が感染を広める危険性、そして教会員が感染を広めてしまう可能性までも考慮すべき状況に来ていると判断してのことであります。現段階で感染者が出れば、教会での礼拝は閉鎖せざるを得ません。ではその一人が出るのを待つのか。教会としてはその一人が出ないために動かざるを得ません。
 確かに皆が共に会堂に介して礼拝することは幸いです。けれどそれは、会堂でなければ礼拝が持てないということではありません。会堂の外で礼拝を持たなくてもいいということには繋がりません。当たり前のことですが礼拝は主日の朝、一同に会することだけが礼拝ではありません。一人ひとりが主の前に静まり、礼拝を献げることは可能です。公に集まることはできずとも、私たちの礼拝が失われることはありません。
 最初に武漢で新型ウィルスが発生したとの報道を聞いたとき、ここまでの現状を予測できた人が果たして何人いたでしょうか。まさか礼拝をどのように継続すれば良いかと思い悩む日が来ると誰が想像したでしょう。つくづく思いますのは、私たちが当たり前のように思っていた教会の交わりとは、いつ何時奪い取られるかわからない神の国の恵みであるということです。
 ナチス政権下にあって福音の自由のために戦ったボンヘッファーは次のように言っています。「孤独の中に生きる人にとっては言い難い神の恵みであることでも、それが日々与えられている人にとっては、とかく軽んじられ、なおざりにされがちである。〈キリスト者の兄弟の交わりは、日ごとに奪い去られるかもしれない神の国の恵みの賜物であり、ほんのしばらくの間与えられて、やがては深い孤独によって引き裂かれてしまうかもしれないものである〉ということがとかく忘れられがちである。だから、その時までほかのキリスト者と、キリスト者としての交わりの生活を送ることを許された者は、心の底から神の恵みをほめたたえ、ひざまづいて神に感謝し、〈われわれが今日なお、キリスト者の兄弟との交わりの中で生きることを許されているのは、恵みであり、恵み以外の何者でもない〉ことを知りなさい。」
 神殿を破壊されバビロンに捕囚されたユダの民は、遠く異教の地で家庭礼拝を行い、またシナゴーグによる会堂礼拝を開始いたします。苦難の状況にあって彼らが向き合ったのは自らの信仰そのものでした。彼らはこれまでの信仰生活を顧み、主の前に悔いることから始めたのです。神々しい神殿があっても、神の民として律法を有しても彼らは信仰に立ち返りません。失って初めて立ち返ったのです。私たちはこれまでどのような思いで礼拝を献げて来たことかと探られるのです。信仰者としてのプライドでしょうか。奉仕の責任からでしょうか。孤独の解消でしょうか。長年続けられた習慣でしょうか。しかしそれらは、私たちの思いや決断を超えて、ある日突然に奪い取られることがあるのです。私たちはあまりにも当然のことと考えてきました。しかし公同の礼拝、そして主にある交わりは恵みに他なりません。私たちは今、自らの信仰を深く顧み、独り主の前に静まって礼拝を献げましょう。そのための騒動などとは口が裂けても言えませんが、しかし、このような機会がなければ立ち止まって顧みることのない私たちです。あらゆることの中に主の御心を聞く者でありましょう。悔い改めと感謝を持って公同礼拝の再開を祈り備えることといたしましょう。

190421 イースター賛美礼拝 ヨハネ11:25-26

ヨハネ11:25-26 「あなたは、この方を信じますか」  東喜代雄兄 (狭山ひかり幼稚園理事長)

        イースター賛美礼拝順序
           司会:石川宏昭兄  奏楽:小見牧子姉

 開会の宣言   司会者
 特別演奏    フリューゲルホルン「墓の中に」 神田兄
 代表祈祷    司会者
 朗読      イザヤ53 小学上級科
 こどもさんび 「一番の愛」  一 同
 朗読      ヨハネ1:9~13 古川姉
 賛美      聖歌137「入れまつる家あらず」 一 同
 朗読      マルコ15:6~15 三瓶兄
 賛美      旧讃美歌138「ああ主は誰がため」 一 同
 朗読      ルカ23:32~46 川崎壮兄
 賛美      福音讃美歌118「丘に立てる粗削りの」 一 同
 朗読      第一ペテロ2:22~25 鯉渕姉
 特別賛美    「IN CHRIST ALONE」 聖歌隊
 メッセージ箇所 ヨハネ11:25~26 司会者
 メッセージ   「あなたは、この方を信じますか」 東喜代雄兄
 応答賛美    聖歌172「墓の中に」 一 同
 献金      感謝祈祷 川崎進兄、鈴木兄
 頌栄      旧讃美歌539番 一 同
 祝祷      小見靖彦師
 後奏            

181118 ヨハネ21:24-25 「恵みは十分にある」

ヨハネ21:24-25 「恵みは十分にある」

 ヨハネの弟子たちは、ヨハネが召された後、ヨハネ先生が残したイエス様の回想録を教会の教えとして広めるわけですが、その時この21章を付け加えたと考えられます。なぜでしょうか。本来ならば、20章で筆は置かれていたわけです。けれど、弟子たちは、ペテロの再召命の場面を書き記し、ヨハネの使命について言及します。それはつまり、イエス様の使命が引き継がれる場面を書き残したということです。
 当時、キリスト教会は、もうすでに舞台をエルサレムからローマ各地に移しておりました。彼らのほとんどは、キリスト者と言いながらイエス様を直接見たことも聞いたこともない。彼らにとっては、ペテロであり、ヨハネであり、パウロこそが先生であったわけです。コリントの教会が分裂騒ぎを起こしていた時、彼らはパウロに付く、アポロに付く。と言い合っていたわけですが、それは文字通り、パウロ先生に習おう。アポロ先生を信じよう。という争いでもあった。そこでパウロはイエス様こそが土台なんだと。だから、私たちをキリストのしもべ、神の奥義の管理者だと考えなさい。と言っていたわけです。これはヨハネの弟子たちも同じでした。ペテロが殉教し、ある意味で神格化されそうな当時の雰囲気があったのです。迫害の中死んでいったペテロやパウロを称える当時の状況があった。そんな中、どうしても記さなければならなかったのは、それはイエス様に由来した、使命に生きる弟子たちの生き様であり死に様なんだと言うことではないでしょうか。
 イエス様こそが、とはヨハネが特に意識して記したことです。ご自身を良い羊飼いであり、門であり、ぶどうの木だと語られたイエス様の言葉を記します。イエス様こそが道であり、光であり、いのちだとも記します。そして、「イエスが神の子キリストであることを、あなたがたが信じるためであり、また信じて、イエスの名によっていのちを得るため」にこの書を書いたとも言っています。ですから、ペテロやヨハネのことで特筆すべきは、彼らがどれだけ優れているかではなくて、彼らがイエス様の福音を引き継いだということではないでしょうか。自分たちの先生を祭り上げる空気の中で、そうじゃない。イエス様から先生たちに引き継がれた福音は、次に私たちが引き継がなければならないんだと。ヨハネの弟子たちの決意がこの21章に見て取れるのです。
 さて、21章の結語は、20章のそれと比べると、子どもの言い訳じみていて、非常に野暮ったく感じます。けれどです。書き方どうこうというのは、21世紀の今の感覚で思うところでして、その意味するところは、私たちの神観、聖書観に繋がる、とても重要な一文であると思うのです。
 ここでは二つの点に注目したいと思います。一つは、単に書ききれないと言っているのではなくて、世界もその書かれた書物を収められない。と言っている点です。つまり彼らはイエス様を単なる偉大な先生とは見ていません。彼らはイエス様がこの世界に収めきれないお方。被造物に収まることのない創造主なる方と見ているのです。神である方を書き尽くすこと。知り尽くすことなど、被造物である人間には到底できない。ここに神のことばに対する謙虚さがあります。これこそ、私たちの倣うべき姿です。私たちは神を知りたいと思い、聖書を読みます。イエス様を理解したいと願い、神の言葉に聞きます。けれど、私たちは被造物である限界を知らなければなりません。私たちが神を知った。わかったと言うのなら、それは私たちの驕りです。人が最初に持った誘惑は、神のように知る者になりたいというものに他ならないのです。
 もう一つの注目すべき点は、この福音書が、収めきれないイエス様の全貌の中で、敢えて書き記された書物であるという点です。つまりイエス様の全貌は見えないけれども、イエス様を救い主として信じ、イエス様の名によっていのちを得るために必要な教えは、十分この中にあるんだということです。そして私たちにとってもこれで十分なのです。

181111 ヨハネ21:20-23 「この人はどうですか」

ヨハネ21:20-23 「この人はどうですか」

 「まことに、まことに、あなたに言います。あなたは若いときには、自分で帯をして、自分の望むところを歩きました。しかし年をとると、あなたは両手を伸ばし、ほかの人があなたに帯をして、望まないところに連れて行きます。」これはペテロの殉教を予言した言葉でありました。これを聞いて、ペテロは「はい。従います。」とは言いません。彼は振り向いて、イエスが愛された弟子、ヨハネを見ながら問うのです。「主よ、この人はどうなのですか。」ここに、主を愛し続けた弟子と、主に愛された弟子が並び立つのです。
 ペテロは何かあると、まっ先にイエス様に付き従い、その行動力ゆえに他の弟子たちからも一目置かれておりました。彼はヤイロの娘が死んで蘇る場面に立ち会い、イエス様の栄光ある姿をヘルモン山にて目の当たりにし、ゲツセマネでもイエス様の身近くに呼ばれました。自分こそはイエス様の一番弟子。ところが、そこにはいつも、ヤコブとヨハネの兄弟が一緒でした。ペテロから見れば、なぜこの兄弟、とりわけヨハネがいつも御側に呼ばれるのかがわからない。ヨハネなど、年若いだけの生意気な鼻垂れ小僧ではないか。確かに、ヨハネは、いつも三羽烏として呼ばれ、イエス様の御側に置かれるのですが、ペテロに比べると目立って活躍いたしません。なのにイエス様に愛されるのはいつもヨハネです。ペテロがヨハネに嫉妬したのは無理からぬことです。もちろん、聖書はそこまで記しておりません。ただ、ペテロの問いがあるだけです。ですからこれは想像でしか無いわけですが、ペテロは自身が与えられた使命の大きさに圧倒されて、自分よりも弱く活躍もない若造のヨハネを捕まえて、安心しようとしたのではないか。「ああ、あのヨハネはあなたとは違う。わたしに従う者は、みな望まないところに連れていかれる。それは誰もが担えるものではない。だからこそあなたに言うのだ。皆の見本として、立派に使命を全うしなさい。」と言って欲しかったのではないでしょうか。
 さて、これに対してイエス様の返答は素っ気ないものでした。「わたしが来るときまで彼が生きるように、わたしが望んだとしても、あなたに何の関わりがありますか。あなたは、わたしに従いなさい。」関係ない。と言われるのです。主の召しは、その人その人に個別に与えられる使命だと。主に従う者が100人いれば、その従い方は100通り。それは比べ得るものではありません。パウロはローマ12:3で「私は、自分に与えられた恵みによって、あなたがた一人ひとりに言います。思うべき限度を超えて思い上がってはいけません。むしろ、神が各自に分け与えてくださった信仰の量りに応じて、慎み深く考えなさい。」と言っていますが、これはまさにその通りでして、誰かの真似をして生きることも、誰かと比較して落ち込むこともない。神が求められるのは、あくまでも神が与えられた恵み、賜物に応じて精一杯に生きるということであります。
 ペテロはイエス様の言葉どおり迫害の中に殉教したと言われています。ヨハネは逆に殉教の恵みにあずかることは無かったですが、最後まで生き延び、それゆえ福音書を残します。二人とも、賜物に応じて精一杯に生き、そして死んでいったのです。私たちもと思うのです。私たちはすぐに「この人はどうなのですか」と問いたくなります。しかし、それは純粋なその人への関心というよりは、むしろ、自身への言い訳にはなっていないでしょうか。自分よりも若い人。ドジな人。活躍していないように見える一人を指さして、「この人はどうなのですか。」と、安心しようとしてはいないでしょうか。自分よりも楽をしていると見えるその一人を指さして、「この人はどうなのですか」と糾弾してはいないでしょうか。そして内心では、自分をアピールする材料にしてはいないでしょうか。
 違います。人にはそれぞれ委ねられた使命があります。殉教すること、しないことに優越感も劣等感もありません。目に見えて活躍する兄弟姉妹に、嫉妬も羨望も持つ必要はありません。委ねられた使命が違うのです。「あなたの道を行きなさい。」と主は私たちに語り掛けておられるのです。

180930 ヨハネ21:15-19 「やり直しの朝」

ヨハネ21:15-19 「やり直しの朝」

 イエス様は食事が終わって、ペテロに問います。「ヨハネの子シモン。あなたは、この人たちが愛する以上に、わたしを愛していますか。」しかも3度も同じ質問を繰り返します。これはどういう意味なのでしょう。ペテロの声が小さくて聞こえなかったのでしょうか。それとも彼の返事に納得がいかなかったのでしょうか。それにしても3度も繰り返すなんて、明らかに普通ではありません。ここにはイエス様の質問以上の意思が込められています。ここで思い出されるのは、3度イエス様を否んだ、あの大祭司の庭での出来事です。
 最後の晩餐の折、イエス様は弟子たちの下を去ること、そして弟子たちがご自身についていけないことを話されます。しかしそれを聞いたペテロは宣言しました。「あなたのためにはいのちも捨てます。」イエス様は言います。「わたしのためにいのちも捨てるのですか。まことに、まことに、あなたに言います。鶏が鳴くまでに、あなたは三度わたしを知らないと言います。」そして、その後、イエス様は捕らえられ、ペテロは大祭司の庭で確かに三度イエス様を否定するのです。三度目に鶏が鳴き声を聞かせた時、ペテロは自身の裏切りに気付き、愕然としたことでした。イエス様を知らないと言う。それはつまり、イエス様と自分との関係を否定することです。一度目、二度目、彼は自分の言葉の意味を全くわかっていませんでした。ただ必死に降り掛かった火の粉を払うのみです。しかし三度目の「そんな人は知らない。」とペテロが口にした瞬間、鶏が声を上げたのです。そして同時に、ペテロは自分が躍起になってイエス様を否定していた事実に気付かされます。「あなたのためにはいのちも捨てます。」と言うペテロに嘘偽りはありませんでした。けれど、実際は主を否み続けるペテロなのです。自身の弱さ、愚かさ、浅はかさ。彼は、自分自身のちっぽけさに涙し悔いるのです。
 復活されたイエス様はペテロに問います。「あなたはわたしを愛していますか。」一度目、二度目。ペテロはその意図に気付きません。けれど、三度同じ質問が語られる。イエス様の問いかけは、見ようによってはとても残酷だと思うのです。「あなたのためにはいのちも捨てます」と言ったのはペテロの本心だったのです。けれども、実際にはイエス様との関わりを否定してしまいました。ペテロは自分でもどうすることのできない弱さがあることを知りました。今、ペテロは「私があなたを愛していることは、あなたがご存じです。」と答えます。それは嘘偽りない本心です。けれど、そのペテロの決意すら、いとも簡単に揺らいでしまう現実があることをペテロは体験したのです。一度目、二度目、彼は何も考えずに返事をします。けれど三度目の質問に答えるとき、彼は自分の弱さと直面して、答えざるを得ないのです。そして、言ってみれば、その自身の弱さと向き合わせるために、その愚かさを知って尚答えさせるために、イエス様は敢えて三度繰り返される。そして、その上で「わたしの羊を飼いなさい」と言われるのです。
 つまり、これからリーダーとして立つペテロに、イエス様はまず彼の弱さと向き合わせるのです。自信満々に己を誇るのではなくて、自らの弱さ愚かさを自覚させ、そして、主イエスの憐れみに立つ己であらせるのです。誰が一番偉いかと競い合っているリーダーではなくて、人の殿につく、弱さに寄り添えるリーダーとして、今、ペテロの決意を問うのです。
 「しかし、あなたがたは、そうであってはいけません。あなたがたの間で一番偉い人は、一番若い者のようになりなさい。上に立つ人は、給仕する者のようになりなさい。」(ルカ22:26)ペテロの失敗は全ての福音書に記されます。それは、彼が生前、事ある毎に自分の失敗を語っていたということでしょう。「私はこんなにも愚かだった。弱い者だった。私もあなたたちと変わらなかった。けれど、イエス様はこのような者を用いてくださった。だから、あなたも遅くはない。あなたたちも必ず用いられる。」イエス様は私たちに自らの弱さ、愚かさに向き合うことを求められます。私たちは弱さの内にイエス様の憐れみを見るからです。多く許された者は多く愛することができるからです。