FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

2015/03/15 創世記48:1-22 「交差する祝福」

創世記48:1-22 「交差する祝福」

 ヤコブはもう床に座るのがやっと、目もほとんど見えず、余命幾ばくと無い様子でした。そんなヤコブが見舞いに来た二人の孫を祝福するのがこの場面です。この時、目の見えないヤコブを気遣って、ヨセフは二人の立ち位置を丁寧に揃えます。父の右手に兄マナセ、左手に弟エフライムです。これは当時、右手が一番、左手が二番という考えがあったからです。ところが不思議なことに、ヤコブは手を交差させて二人を祝福いたします。おそらくヤコブには二人の行く末。二つの部族の行く末が見えていたのでしょう。後の者が先になる。ヤコブは弟のエフライムの行く末が兄に勝ると預言しているのです。
 しかし単に兄と弟の順序を入れ替えたということなら、祝福を2度繰り返せば良いことです。わざわざ手を交差するような不格好な祝福をしなくても良いかと思います。ですからむしろ、この祝福が両手によって同時に一度でなされたということに注目したいのです。
 若い頃のヤコブほど祝福に執着した人はおりません。しかし、そのために彼ほど苦難を背負った人も多くはありません。彼がなぜ祝福に執着するのか。そこには父イサクの影響がありました。祝福は長子にのみ与えるというイサクのこだわりです。ヤコブが兄の祝福を騙し取ったとき、エサウはイサクに懇願します。「お父さん。祝福は一つしかないのですか。お父さん。私を、私をも祝福してください。」しかしイサクはエサウを祝福いたしません。彼にとって祝福はあくまでも一つだけだからです。しかし本当に祝福は一つなのでしょうか。確かに長子としての祝福は一つでしょう。しかし、別の祝福があっても良いはずです。なぜ、イサクは実の息子に対する祝福を拒む必要があったのかと不思議です。そこには恐らく、神がイサクとは別に兄イシュマエルにも祝福を与えたことが関係しているのでしょう。イサクにとってイシュマエルの存在は不安で恐怖を感じる対象だったのでしょう。ですから、祝福は一つ。これがイサクのこだわりとなったのでしょう。
 ヤコブの交差する祝福は父イサクとは違う彼なりのこだわりではないかと思います。ヤコブは弟という身がどういう悔しさを抱えて生きていくかをよく知っていました。そのことがもたらす悲劇もよく知っておりました。そして恐らくは孫の弟のエフライムに自分と同じ気質を見出したのではないでしょうか。ですから、彼は二人を同時に祝福いたします。そうすることで、この兄弟間のわだかまりを起こさないようにと配慮したのではないでしょうか。
 ヤコブの祝福がスタンダードだとは思いません。しかし、親として子に接するとき、その一人ひとりの状況をよく判断して関わる知恵が必要だとヤコブから教えられるのです。祝福は長子に与えられるものだから。そういう拘りを先にして、接する者ではないかと思わされるのです。しかし私たちはそういう先入観を持って相手と関わりますと、もう実際には相手のことを見ていないのではないでしょうか。祝福とはかくあるべき。奉仕とは。クリスチャンとは。教会とは。しかし、その前に、私は果たして一人の人格として、その人を見ているだろうかと問われているのです。霊の目で見る。つまり祈りをもって見るということが大事です。お互いの関係に祝福の祈りが先立つかどうか。これこそは互いの関係を劇的に変化させるカギとなるのです。

2015/02/22 創世記47:27-31 「終わりに備えて」

創世記47:27-31 「終わりに備えて」

 エジプトの地に訪れて17年。年老いたヤコブが、自分が死んだ時のことをヨセフに依頼するのがこの場面です。エジプトでの生活は、苦労の多かったヤコブにとって大変穏やかな日々でした。エジプトはヤコブの安住の地となりました。しかし、今、死を意識してヤコブは、自分をエジプトではなくて先祖たちの墓に葬ってくれと依頼します。
 葬儀を自ら依頼するというのは、その人の最期のメッセージでもあります。ある先生は、自分の葬儀は伝道集会にしてくれと言い残し、実際、葬儀は悔い改めを迫る伝道集会となりました。亡き先生を偲ぶつもりで来た参列者は驚かれたと思います。しかし、それは「ああ、先生らしいなぁ」と思える、先生の生前の拘りが見えた葬儀でした。
 ヤコブの拘りは、先祖たちと同じ墓に入るということでした。エジプトで葬られれば、宰相ヨセフの父ですから、それはそれは盛大に葬られたことでしょう。パロの出席もある、いわば国葬クラスの扱いとなったでしょう。しかし、ヤコブは死してそのような地上の栄誉は望みません。異教蔓延るエジプトで葬られるよりも、先祖たちと同じ墓に入る。それはつまり、アブラハム、イサク、ヤコブの神の名で葬られるということを望んだということです。そして、死してそういう信仰の拘りを息子たちに見せつけるということなのです。
 信仰の拘りを持つことは、どこか排他的なことかもしれません。「あいつは融通が利かない」との批判を受けることもあるでしょう。しかし、その融通の効かない拘りも、最期まで貫き通すとしたら、それは別です。それはその人の真実となって必ず相手に伝わるのです。
 江戸時代、弾圧されたキリシタンが、日本各地に隠れ住みました。彼らの生活は極貧を極めました。一言「棄教する」と言えばそこから脱することができます。しかし、彼らは信仰の拘りを持って死んでいったのです。それは愚かな生き様でしょうか。無駄な拘りでしょうか。しかし、彼らのその拘りは脈々と引き継がれて、250年後の信仰の自由に結び付くのです。
 地上の歩みだけを考えれば、信仰を持たずとも、要領よく生きている人は幾らでもいます。しかし私たちが見ているのは永遠の都です。ヘブル11:13には「これらの人々はみな、信仰の人々として死にました。約束のものを手に入れることはありませんでしたが、はるかにそれを見て喜び迎え、地上では旅人であり寄留者であることを告白していたのです。」とあります。いずれ来る死をどのように迎えるか。それは誰にとっても避けることのできないテーマです。どうせ死ぬ身でありますから、私たちは信仰の人として死にたいのです。

2015/02/15 創世記47:13-26 「宰相ヨセフ」

創世記47:13-26 「宰相ヨセフ」

 ヨセフの宰相としての手腕が紹介されているこの箇所。一見すると、非情な政策のように見えます。代金など取らず、無償で配給してこそ、神の人ヨセフではないかと思ったりもします。しかしそれは2つの点で非現実的でした。一つはそれではこの大飢饉を乗り越えられないということ。そしてもう一つはそれでは人は依存してしまい、自立すること、そして労働による生き甲斐を得ることが、できなくなってしまうからです。
 飢饉は、全地に及びました。エジプトと違い、どこの国も備蓄が足りません。ですから食べるものはエジプト国内に備蓄されたものしかありません。しかも飢饉はあと5年は続くと言います。これはもう各人が個人の力量で乗り越えるということでは到底間に合いません。国民全体で力を合わせなければならない。たとえナイルの恵み豊かなエジプトであろうとも、効率を余程良くしなければ、飢饉の中での農業など何の足しにもなりません。しかし、じゃあ話し合いで、みんなで仲良く水や食べ物や畑を分けあいましょうとは、なかなかいきません。そこでヨセフは食料と引き換えに各人の財産を一点に集中させ、さらにそれを再分配するという大規模な政治を行なったのです。
 しかしヨセフの政策の素晴らしいところは、それが、単なる国の仕組みを変えたということに留まらず、一人ひとりの積極的な生き方にも繋がったということです。つまり、途方に暮れ、希望を失っていた民を、労働者としてもう一度奮い立たせたということです。単に飢饉を乗り越えるだけならば、細く長く国庫を開いて配給すれば良かったのかもしれません。しかし、一方的な無償の支援では一人ひとりの生き甲斐には繋がりません。無償の支援は最初は歓迎で迎えられますが、やがては不満へと結び付いてしまいます。なぜなら私たちはすぐ恵みに慣れてしまう者だからです。ヨセフは無償ではなく、労働を命じました。そして、収穫の5分の1を差し出すようにと。このことは、人が本当の意味で生き甲斐を持って、喜びを持って生きるためには、受けるだけではなくて、与えるということが大切であると、意味しているのではないでしょうか。
 私たちは誰かの役に立つという中で、生きる甲斐を見出します。私たちはそもそも神に仕えるために造られた者だからです。私たちの賜物は、神と人とに仕えることを通して遺憾なく発揮されます。そして与えることを通して、より多くのものをいただくことができるのです。

2015/02/08 創世記47:7-12 「ヤコブの祝福」

創世記47:7-12 「ヤコブの祝福」

 パロと謁見することになったヤコブ。パロはヤコブに「あなたの年は、幾つになりますか。」と尋ねます。古代社会において長寿は尊敬に値すること。つまり年齢を尋ねるのは、エジプトの国王が、一介の老人に最大限の敬意を払っているということです。これに対し、ヤコブは「私のたどった年月は百三十年です。私の齢の年月はわずかで、ふしあわせで、私の先祖たちのたどった齢の年月には及びません。」と答えます。これは単なる愚痴ではありません。ヨセフとの再会に泣いて喜んだヤコブ。彼は自分の人生が単なる不幸ではないことを知りました。ですから彼が殊更に「齢の年月がわずか」と語ったのは、つまりは「私はパロの尊敬を受けるに値しない者です」という謙遜の現われなのです。彼には年老いていることを利用してパロの好意に漬け込むような姑息な考えや、必要以上に虚勢を張る様子はありません。身分違いの二人ではありますが、ここには権威を振りかざさない王と権威に媚びない族長の互いを認め合う様子が見て取れるのです。
 そのことが最も現れているのが、ヤコブの挨拶の場面です。ヤコブはパロの前に連れて来られ、まずパロに挨拶をします。そして、パロの前から立ち去る時、もう一度挨拶をします。この挨拶は単なる挨拶ではありません。祝福するという意味です。つまりこの場面、ヤコブがパロの前に来て祝福し、そして、再びパロを祝福して去って行く。そういう場面なのです。一介の老人が王を祝福をするということに、身分違いに臆することのない堂々としたヤコブの様子を見て取ることができます。彼は真の王たる神にこそ仕える者だからです。
 11世紀に司教の叙任権を巡って神聖ローマ皇帝ハインリヒ四世とローマ教皇グレゴリウス七世が対立し、時の皇帝が破門される事件がありました。北イタリアのカノッサ城の門前で、皇帝は破門の赦免を求めて、雪の中を3日間たたずんだと言います。俗に言う『カノッサの屈辱』です。
 キリスト者は世に対して決して臆する必要はありません。私たちはたとえ王の前にあろうとも、媚びる必要はありません。堂々と祝福の言葉を述べるのです。年を取っていようが、若かろうが、貧しかろうが、富んでいようが、関係ありません。相手がどのような者であろうと気にする必要はありません。なぜなら祝福とは、私たちの内にある何かを絞り出すことではないからです。祝福は栄光の主の無尽蔵の恵みをその人に届けることです。大事なのは、この管の両端が、神としっかり結びつき、そしてその人にきちんと向けられていることなのです。

2015/01/25 創世記46:28-47:6 「寛大なパロ」

創世記46:28-47:6 「寛大なパロ」

 生き別れた父との感動の再会を果たしたヨセフは、家族にパロとの面会の手順を説明します。ゴシェンの地に留まり、パロからの招集を待って、面会し、自分たちが先祖代々羊飼いであると答えるように。そうすれば、ゴシェンの地を住むことができる。そして言葉通り、事は進んでいきます。ヤコブたちはパロからゴシェンの地に住むことの許可をいただくのです。ここで2つの疑問が沸きます。①なぜパロは寛大にもヤコブたちを招き入れるのか。②ヨセフがゴシェンの地にこだわったのはなぜか。です。
 パロがヤコブたちに寛大なのは、もちろん彼らがヨセフの家族だからです。ヨセフがそれだけ信頼を得ていたからです。しかし、ではそもそもヨセフが宰相に取立てられたのはなぜでしょう。ヨセフが夢を解き明かしたから?確かにそうですね。しかし、それだけで、外国人の罪人を国の最も重要なポストに取り立てることがあるでしょうか。実はこの背景には、当時エジプトが異民族による統治、ヒクソス王朝期だったことが関係しています。つまり、王にとってエジプト人は大切な国民であるのと同時に、いつ反乱するかわからない危険極まりない民でもあったということです。ですからパロは、豊かな未開の地であるゴシェンにエジプト人が入居することを嫌ったのです。ヤコブたちはこの時300名ほどの小さな集団でした。パロは一切警戒感を持ちません。だから寛大でいられた。まさか400年後、この集団が大いなる国民となるとは想像もつかなかったのです。
 さて、ではなぜ、ヨセフはゴシェンの地にこだわったのでしょう。もちろん、豊かで放牧に適した地だというのはそのとおりです。しかし、どうもそればかりではありません。ナイルの恵みに与る豊かな地は他に幾らでもありました。宰相ヨセフの家族ですから、羊飼いであることを敢えて強調さえしなければ、都の中にすら住むことができたでしょう。けれどヨセフはゴシェンにこだわります。それはつまり、ゴシェンの地がエジプト人の手に染まっていなかったからです。未開の地だからです。だからゴシェンなのです。
 ヨセフの姿から、私たちは問題の本質を見ぬくことの大切さを知るのです。ヨセフはエジプトでの生活を通して、この地がどれほど偶像に満ちているか、そしてその影響をうけることがどれほど危険かを知っていました。ですから、彼の問題意識は、どうすればこの地で豊かに安全に過ごせるかではありません。どうすれば、約束の地に帰るその時まで民の信仰が保たれるかでありました。私たちもまた、問題の本質を見ぬくことが大事です。どのような状況や問題でも、実はその影により大きな信仰の問題が隠れていることを、忘れないようにいたしましょう。