FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

161225 イザヤ53:1-4 「輝きもなく、見栄えもなく」

イザヤ53:1-4 「輝きもなく、見栄えもなく」

 イエス様のお誕生を祝うクリスマス。なぜイエス様は普通の人としてお生まれになったのでしょうか。イエス様がこの世に来られたのは、神と人との和解の道を開くため。罪人を悔い改めさせて救うためです。であるならば、もっとわかりやすいお姿で来られたほうが良かったのではないか。たとえば、イエス様が、イザヤのもとに現れた天使のように、6つの翼を持って現れたとしたら、また、光り輝く栄光の姿を持って来て下さったとしたら、きっと誰もがイエス様にひれ伏したと思うのです。そうすれば、イエス様が神の子であることは疑いようのない事実として世界に広まり、誰もがこの歴史的事件を当り前のごとく受け止めていたことでしょう。
 けれどイエス様は、そうはされませんでした。人知れず、貧しい家畜小屋の中で、赤ん坊の姿をとってお生まれになった。おかげで、ほとんどの人々は救い主の誕生を知らずにいたのです。いえ、誕生だけの話ではありません。その後の成長の様子を見ても、また公生涯に入られたイエス様を見ても、多くの人々はこの方が預言された救い主であるとは気付きませんでした。
 成長して福音宣教を始められたイエス様は、特に故郷で受け入れられませんでした。故郷の人々はイエス様のことを、大工の息子と呼び、いったい何を言う者ぞと、相手にしませんでした。しかし、これは当然です。彼らはイエス様を、その赤ん坊の頃からずっと見て来たのです。ヨセフに抱かれ、マリヤにお乳をもらうその頃から、彼らはイエス様の成長を見てきた。イエス様はあまりにも人として、そこにおられたのです。ですから、彼らはイエス様が救い主だとは到底気付かなかった。もしもイエス様の背中に羽が生えていたとしたら、どれだけ鈍い彼らでも、この子は特別な子だと気付いたことでしょう。しかしイエス様はそのようには生まれません。イエス様は栄光ある御姿を捨てて、人としてお生まれになりました。これこそが神のご計画だったからです。
 「彼には、私たちが見とれるような姿もなく、輝きもなく、私たちが慕うような見ばえもない。」イザヤはイエス様が生まれるおよそ700年ほど前の預言者で、北イスラエルが不信のゆえに滅び、今またそれと同じ道を歩もうとする南ユダに対して、国の危機を訴えた人物です。国が滅ぶと言う預言を前に、人々は栄光ある神のしもべ、例えば、たった一人で国を守り導いた伝説の士師達のような姿を待ち望みます。しかしイザヤが言う神のしもべとは、人知れず不毛の地に生まれ、その姿は私たちの目にも留まらないみそぼらしいものだと言うのです。いえ、目に留まらないどころか、極めて不快に、嫌悪に、人々からさげすまれて、顔を背けられるものだと言うのです。
 このイザヤの言葉を聞いて、誰が救い主の姿だと想像できたでしょう。しかし私たちは、これが救い主のお姿であったことをクリスマスの出来事から知るのです。イエス様は、何も無い粗末な馬小屋で、人知れず生まれました。王としてのきらびやかさも、祭司としての威厳も持たず、十字架へと続くその道のりは、ただただ人々の敵意と侮蔑に彩られたものでした。「彼はさげすまれ、人々からのけ者にされ、悲しみの人で病を知っていた。人が顔をそむけるほどにさげすまれ、私たちもまた、彼を尊ばなかった。」
 神はイエス様を、人々から尊敬させるためにこの世に送ったのではありません。人々が見惚れるためでも、感心するためでもない。そうではなくて、神はそのひとり子を、砕くため。痛めるため。罪のためのいけにえとするために送られたのでした。栄光あるままのイエス様が私たちの犠牲となることはできません。十字架の御業は完成しません。十字架の犠牲は、イエス様がその栄光をお捨てになったときから決まっていたことでした。確かにイエス様には、人々が見とれる姿もなく、慕うような見栄えもありませんでした。しかし、だからこそ、私たちはこの方が預言された救い主であることを見るのです。この方が栄光を捨てられたからこそ、私たちの犠牲となることができた。私たちの救いとなられたことを見るのです。救い主の誕生を心より感謝します。

コメント

非公開コメント