FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

170122 ヘブル13:20-25 「結びの祝祷」

ヘブル13:20-25 「結びの祝祷」

 いよいよヘブル書の最後です。22節以降は、当時の一般的な手紙の形式に則った挨拶ですから、この手紙の実質の最後は20節、21節ということになります。では、これは何かと言いますと、これは祝祷でありました。
 手紙でも何でも最後に交わすのは、普通は別れの挨拶です。友との再会の約束をしたり、互いの健康をいたわったりです。季節柄、年賀状が幾らか届きましたが、今年こそはどこかで会いましょう。といった一筆が書かれ続けてもう何十年という方が大勢います。それはどこか形式的な挨拶です。ところが、キリスト者のそれは、挨拶だけに留まりません。別れの際、友の祝福を祈ることができるのです。
 単なる挨拶と祝祷はどう違うのでしょうか。どちらも相手を気遣う言葉です。けれど決定的に違うのは、挨拶が相手への直接的な語りかけであるということです。それも別れの挨拶ですから、言いっ放し、無責任な語りかけであるのに対して、祝祷は神を経由しての間接的な語りかけであり、会えない間も効力を発する、とりなしの祈りだということです。
 祝祷は友のために神よりの祝福を祈ることです。ですから神の正しい理解こそが祈りの確信となってきます。では会えない友のことを委ねる神とはどのような神でしょうか。「永遠の契約の血による羊の大牧者、私たちの主イエスを死者の中から導き出された平和の神が、」とあります。単に「平和の神が」と始めても良いのです。けれど、わざわざ説明を付け加えます。この神は、天高く雲の上で、蟻のような私たちの人生を眺めているような遠い神ではなくて、罪人の私たちを探し出して悔い改めさせるために来られた大牧者たるイエス・キリストを遣わされた神。そして、このお方を死より蘇らせた神。この神は私たちという存在に関わって下さる神だというのです。この神が、友に関心を寄せて下さる神だから、大牧者として羊を守り導いて下さる神だから、私たちは会えない友を安心して委ねることができるのです。
 では、この神に友の何を祈り委ねるのか。実はこの所が、他の書に記される祝祷と違っているところです。たとえばローマ書15:3にある祝祷は「どうか、平和の神が、あなたがたすべてとともにいてくださいますように。」とあります。Ⅰコリント16:23の祝祷は「主イエスの恵みが、あなたがたとともにありますように。」ですし、Ⅱコリント13:13は「主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりが、あなたがたすべてとともにありますように。」とあります。多くの祝祷が「神がともにあるように」という神へのとりなしであるのに対して、ヘブル書は「みこころを行なう」ためという具体的で、能動的な目的を伴っています。そして、そのために「あなたがたを完全な者としてくださいますように。」新共同訳聖書で「すべての良いものをあなたがたに備えてくださるように。」と祈るのです。ここには、単なる神の祝福を祈るというだけでなく、その友を派遣する意味が込められています。つまり、私たちは神のみこころを行なうキリスト者と意識して日々を過ごすのです。友との別れに際して、私たちは私たちの生きる姿勢を確認しながら、信頼すべき神にその友を委ねるのです。私たちの日々はこのような友の祈りによって支えられているということは何と心強いことでしょう。
 礼拝もまた祝祷を持って終わります。この所から送り出されて、また再び帰るまでの間、神が私たちと共にあり、私たちの歩みを守り導いてくださるように。様々な事情で礼拝時間に間に合わないということがあるかもしれません。けれど、もしこの祝祷に間に合うのなら、十分礼拝に来る価値があります。私はこの祈りこそが私たちの信仰生活の生命線だと思うのです。

コメント

非公開コメント