FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

170326 ヨハネ10:1-18 「わたしは良い牧者です」

ヨハネ10:1-18 「わたしは良い牧者です」

 10章1節~5節のところで、イエス様は、羊の周りには実は盗人と牧者がいること、そして正しい牧者の下でこそ、羊たちは安心して過ごすことができることを語られます。しかし、弟子たちにはイエス様が語ることの意味が理解できません。そこで、イエス様は改めて、この良い牧者とはわたしのことだよと解き明かされるわけです。
 良い牧者と悪い牧者。それは普段はわかりませんが、危急の時になると明らかです。良い牧者は、羊のためにいのちを捨てます。一方、悪い牧者、偽物の牧者は羊を置き去りにして逃げ去ってしまうのです。イエス様は9節で「わたしは門です」とも言っています。羊を守るために設けた囲い。この囲いを出入りするためには門を通らなければなりません。良い牧者であるイエス様は、文字通りこの出入り口を塞ぐ門となって、羊の安全を確保する。命懸けで羊を守ると言っておられるのです。
 イエス様の奇跡を証言したばっかりに、ユダヤ人指導者たちによって、外に追い出された癒された盲人。これは単に神殿の外に追い出されたという意味ではありませんでした。これはユダヤ社会からの追放を意味します。すなわち、神の永遠の恵みから追い出されるということです。その人はこの地上での恵みだけでなく、死んだ後の祝福をも取り去られるのです。ですから、当時の指導者たちの裁きというのは絶対だったわけです。皆、彼らの裁きに怯えながら、従がわざるを得ない。口答えしない。そうでなければ生きていけないのです。ところが、イエス様は、そうではないと語られる。ユダヤの社会の中で、怯えながら、不本意に暮らしていくのとは、全く別の生き方があると語られるのです。あなたがたが本当についていくべき真の牧者がいるんだと語られる。そして、私こそがその牧者なのだと語られるのです。
 この癒された盲人には、このことがすぐに理解できました。彼が生まれて初めて自分の目で見たのが、この二人の牧者の姿でした。一人はイエス様、一人はユダヤ人の指導者たち。今まで何も見えなかった彼には、どちらが本物であるかすぐにわかりました。どちらが自分の人生に責任をもって下さる方かがわかりました。イエス様です。なぜなら、イエス様は彼の目を開いたのです。そして、人々に捨てられた自分のもとに駆け寄ってくれたのです。彼は自分の人生を真に囲って下さるお方が誰であるかを悟りました。そこで、彼は、これまでの人生と決別し、イエス様と共に生きるということを選びとることができたのです。
 私たちの牧者は誰でしょうか。私たちが頼りにするところはどこでしょうか。世には多くの偽牧者がおります。言葉巧みに、自分こそがキリストであると、私たちを惑わします。それは実際に力ある者として、魅力ある者として、私たちの前に現れます。甘い言葉を持って私たちに近付きます。私たちは耳に優しいその教えにうっとりいたします。しかし、そのような偽牧者は、狼が来ると羊を置き去りにして、いとも簡単に逃げ去ってしまうのです。簡単に梯子を下ろします。
 私たちはまことの良い牧者と共にあるべきです。イエス様こそ、私たちの付き従うべき牧者です。なぜならイエス様は羊のためにいのちを捨てるお方だからです。上辺の華やかさが、私たちを救うのではありません。この世の権力が私たちを守るのではありません。ただ、私たちのために命を捨てる、この愛が私たちを救うのです。

コメント

非公開コメント