FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

2015/03/29 創世記50:1-14 「荘厳な葬儀」

創世記50:1-14 「荘厳な葬儀」

 ヤコブの死に際しパロの指示でエジプト全土が70日間喪に服しました。喪が明けると、ヨセフはパロに葬儀のための暇を願い出ます。パロはこれを許可し、それだけでなく、彼の家臣や長老たち、また戦車と騎兵といった一団をもヨセフに付き添わせます。それはカナンの地でエジプトの国葬級の葬儀を行うためです。喪に服すのも、国外での国葬も、どちらも異例とも思える丁重な扱いです。つまり、パロにとってヨセフはそれほど特別な存在であったということです。
 ヤコブの葬儀はヨルダン川の向こうゴレン・ハアタデという地で、パロの意を汲んでエジプト式で大々的に行われました。エジプト国内ならいざ知らず、外国の地で、わざわざ軍隊が出向いて行って国葬級の葬儀を行う。その光景は人々によほど奇異として映ったでありましょう。カナン人はこれを見て「これはエジプトの荘厳な葬儀だ」と驚きました。葬儀は7日間にも及び、それは非常に荘厳な、立派な哀悼の式でありました。
 しかし、ヨセフの旅はここで終わりません。彼らはヘブロンに移り、そこで先祖代々の墓にヤコブの亡骸を葬ります。葬儀とは比べものにならない家族だけの質素な儀式。しかし、これこそが生前のヤコブの拘りであり、ヨセフたちの旅の目的でありました。ヤコブが先祖代々の墓に拘ったのは、エジプトという異教社会の中で葬られるのではなく、アブラハム、イサク、ヤコブの神に相応しく葬られるため。神の用意する天国の希望を最期まで持ち続けたためでありました。そして、ヨセフたちはその父の拘りを見届けるために来たのです。
 私たちはこの2つの式の様子を見ながら、葬儀とは葬りとは一体何なのかと考えさせられるのです。葬儀はいったい何のために行うのでしょう。葬りとは。それはやはり愛する人との別れに際し、残された者たちが慰めを得るために行うものではないでしょうか。愛する人を失う悲しみは、そう簡単には消えることはありません。けれど、そのような悲しみの中にも慰めを得ることはできます。それは、亡くなったその人の見ていた希望を共に見ることを通してです。マクペラの洞窟は、アブラハムとサラ、イサクとリベカ、そしてレアが葬られている所です。真の神への信仰を否が応でも意識させる場所です。彼らはここで、父ヤコブが希望を持って神のもとに旅立ったことを確信します。そしてそれこそが彼らの慰めとなったのです。ですから、私たちは葬儀でありながら神を褒め称える。これこそがキリスト教の葬儀なのです。

コメント

非公開コメント