FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

170910 出エジプト20:13 「殺してはいけない」

出エジプト20:13 「殺してはいけない」

 幼稚園で聞いた話です。ある時、ひとりの男の子が園庭の隅でとかげを切り刻んでいたんだそうです。慌てて止めさせようとしたら、その子が言いました。「大丈夫だよ。命は3つまであるからね。」なんとも笑えない話です。
 「人はなぜ人を殺してはいけないのでしょうか。」これは、昔、テレビの討論番組の中で、ある青年が発した質問です。日本中の有識者と言われる人々がありとあらゆる返答をしましたが、しかし、これと言った回答が得られないままになっている永遠のテーマです。皆さんだったら何と答えますか。
 色んな考えがあるでしょう。ある人は言います。死んだ者を生き返らすことはできないからだと。また、殺しを認めてしまったら、いずれ自分が殺されるから。と言う人もいるでしょう。私はこれを考えるとき、まず命の価値を知る必要があると思います。命の価値が希薄になっているために、それが尊ばれないのだと思うのです。
 子育てをしておりますと、人一人が育つのに、どれほど大きな犠牲が払われているのかがわかります。子育てってのは大変です。自分の時間も労力もお金も愛情も、一切を注ぎ込んで育てるわけです。投げ出したくもなりますが、投げ出すわけには行かない。親としての責任をもって、精一杯関わって子育てをするのです。でも、だからこそです。私はこの子たちが愛おしくて仕方ない。そこに犠牲があればあるほど、その存在が愛おしくなってくるというものです。そして、つくづく思うのは、自分がこのように育つのにも、沢山の犠牲があったんだろうなぁということです。
 自分がどれほど大切にされているか、自分がどれほど愛されているか。このことは、自分の存在価値に繋がります。命の尊さに繋がります。そして、どれほど愛されているかということは、どれほど犠牲が支払われてきたかによってわかるのです。犠牲のない中で、余りある中から与えることは誰にでもできます。しかし足りない中、犠牲のある中で与えることには、愛が必要です。こどもの内はそれが犠牲とは気付かなかったのですが、親の身になって、どれほどの犠牲が支払われてきたことか、どれほど大切にされて来たかを知るのです。私たちは、この身のために支払われた犠牲を覚えなくてはなりません。両親が、家族が、友人が、どれほど犠牲を払ってきたか。そして何よりも、神がどれほどの犠牲を支払っておられるかに目を向けなければなりません。
 「しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。」(ローマ5:8)親にとって、子どものために命を捨てるという思いはどこかで共感するところです。けれど、他人のために子どもの命を捨てるということは、どうあっても共感できないことではないでしょうか。しかし、神は、私たちのために、その尊いひとり子の命を犠牲とされたのです。イエス様は十字架で叫びます。「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか。」自分の子どもが、心から助けを叫ぶその声を、父なる神は無視したのです。そして自らその裁きの御手を降ろされた。それはいったい、どれほどの悲しみでしょうか。
 イエス様を十字架に架けることは、父なる神のみこころでした。ご計画でした。けれどだから神は何の躊躇もなかったかと言えば、そんなことはあり得ない。天地万物の創造主なる神、全てを統べ治める神が、痛みと苦しみを伴って、ひとり子の命を見捨てられたのです。私たちの命は、この犠牲の上に置かれているのです。そしてこれが私たち一人ひとりに付けられた命の価値です。私たちの命の代価として、イエス様の命が支払われたのです。
 だから聖書は、殺してはいけないと言います。そのひとりのために、イエス様の命が犠牲となったのです。ですから、その命を奪うことは、父なる神の苦渋の選択を足蹴にすることです。イエス様の尊い犠牲を無意味にすることになるのです。神がそれほどまでの犠牲を負って、私たちを生かすのはなぜでしょうか。それは私たちが命を殺す者ではなくて、生かす者となるためにです。私たちは身代わりとなったイエス様に相応しく生きたいと思います。目の前の一人に、イエス様の命を見出す者となりたいのです。

コメント

非公開コメント