FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

170924 ヨハネ14:13-21 「もうひとりの助け主」

ヨハネ14:13-21 「もうひとりの助け主」

 イエス様は弟子たちの元を離れることについて、それはどうしても必要なことなんだと。それは、あなたたちの信仰の行き着く先を備えることなんだと。こう、おっしゃられました。そして、そのゴールに続く道こそが主イエスの道。十字架の道であると前回学びました。この道は、決して平坦な道ではありません。イエス様がそうであったように、孤独や苦しみを伴う道です。けれど、必ずゴールへとたどり着く道です。進んで進んで、挙句、行き止まりというような道ではなくて、たとえ狭く、険しくとも、必ず天の住まいへと続いている道。だから私たちは、勇気と誇りを持って、この主イエスの道を歩むのです。
 しかしです。そうは言ってもと、やはり思うところではないでしょうか。私たちはペテロやパウロやルターとは違います。ただの凡人です。たとえば、イエス様のような信仰のカリスマ。自分を引っ張ってくれる偉大な指導者が側にいてくれるならば、私たちはそんな心配はしないのかもしれません。地方の教会でたまに500人、1000人と集まる教会には、得てしてカリスマ的な牧師がいたりします。この先生に着いていけば何の問題もない。そういう信仰は楽なものです。何も考えず、盲目的にただそこに追従すればいい。けれど、イエス様は弟子を置いて先に行かれるのです。一人ひとりが十字架の道を自らの足で歩むことを問われる。妥協せず、自らの意思で信仰の道を歩み続けるようにと言われるのです。
 ・・・本当に歩めるものでしょうか。確かにこの道は天の住まいへと続く道。限りあるこの地上の世界で、唯一永遠の祝福へと続く道です。けれど、その道はあまりに険しく、孤独で苦しい、十字架の道だと言うのです。私たちにその覚悟はあるでしょうか。イエス様が共におられないで、本当に私たちは主イエスの道を歩めるものなのでしょうか。
 大丈夫だと言いたいところですが、実はそれは無理だとイエス様は承知しているのです。私たちの覚悟や意思だけで、到底この道を歩むことは不可能だと、イエス様はとっくに理解しています。ペテロですらそうなのです。私たちの誰が、私は大丈夫と言えるでしょうか。けれど弟子たちの不安も、私たちの不安も、それは全てイエス様の承知するところです。だからこそ、イエス様は父なる神に取り次がれるのです。私たちにもう一人の助け主をお与えになるようにとです。そして事実、助け主はペンテコステの出来事を持って、一人ひとりの信仰者の内に住まわれ、その者をそれぞれの十字架の道へと導びかれたのです。
 「もうひとりの」というのはイエス様の他にという意味です。イエス様のような助け主ということです。イエス様のような助け主がいつでも共におられるなら、確かに、これほど心強いことはありません。けれどです。問題は、この助け主は目に見えないお方だということです。
 目に見えないのですから、私たちは感じるしかありません。では皆さんは日頃どれだけこのお方を感じておられるでしょうか。信仰者の内に、聖霊なる神は確かに住んでくださるのです。私たちの内側にあって、真理を語り、神を証ししてくださるお方がおられる。これはイエス様が約束された事実です。にも関わらず、内なる聖霊の声が聞けないでいることはないでしょうか。聖霊は口を閉ざしているのでしょうか。どこかに隠れてしまっているのでしょうか。そうではありません。それは私自身が聖霊なる神を押し退けているからです。心の王座を聖霊に譲らず、私自身がしがみついているからです。私の考え。私の感情。私の利益。私の、、、。私たちはあまりにも私、私となってはいないでしょうか。それでは聖霊の声を聞くことも、その導きを知ることもできません。私たちはまず静まるべきです。そして祈り、御言葉に聞くべきです。私が私自身を譲る時、聖霊なる神は確かに私を導き、語りかけてくださるのです。

コメント

非公開コメント