FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

171126 ヨハネ15:18-27 「世が憎めども」

ヨハネ15:18-27 「世が憎めども」

 キリスト教会2,000年の歴史を振り返りますと、それは迫害の歴史であったと言えるでしょう。教会は時代時代で、絶えず迫害を受け、信仰の戦いを経験してまいりました。初代教会はユダヤ教によって迫害を受けました。その後は、ローマ帝国の皇帝崇拝との戦いがありました。ローマでキリスト教が国教化された後も、異端との戦いは続き、次第に腐敗していく教会の伝統との戦いが続きました。また、新天地に宣教が広がる度に、異文化ゆえの信仰の戦いが続きました。そしてそれは今に至るまで続いています。迫害の苛烈さと言うことで言えば、日本ほど、この教えに反発した国はありません。遠藤周作の「沈黙」がアメリカで映画化されましたが、その弾圧の苛烈さには世界中の人々が驚いたことでした。豊臣秀吉の命によって迫害を受け殉教した26人が、パウロやアウグスティヌスやフランチェスコなど、名高い聖人たちと同列に選ばれていることは、日本での迫害が如何に苛烈であったかを物語っています。教会の歴史を学んで知れるのは、信仰者は迫害を受けるという事実です。
 迫害と言いますと大げさに聞こえますが、皆さんも多かれ少なかれ信仰のゆえの戦いを経験するのではないでしょうか。神を優先すれば、自ずと後に回るものが出てきます。それは世間からは協調性の無い者として受け取られる原因ともなります。キリスト者は、空気の読めない、融通の利かない頑固者。そういう批判が聞こえてくるようです。私たちは神に真剣であればあるほど、世にあっては居心地の悪さを感じることではないでしょうか。
 なぜなんでしょう。なぜ、イエスを信じる者がなぜ、そのような批判や陰口、迫害に遭わなければならないのでしょうか。その理由が、今日の箇所に記されています。18節「世があなたがたを憎むなら、あなたがたよりも先にわたしを憎んだことを知っておきなさい。」なぜキリスト者は迫害に会うのか。なぜキリスト者は世から憎まれるのか。それは、世がイエス様を憎んでいるからだ、と言うのです。
 なぜなら、イエス様は世に対して罪を明らかにするお方だからです。全能の神の前に全ての者は罪人であることを、イエス様は指摘します。どれだけ世から賞賛を得ようと、財産を蓄えようと、家族思いだろうと関係がない。神の前にあっては救いを必要とする一人の罪人であることをはっきりと語ります。人々はこれを憎むのです。世はイエス様を憎みます。そしてだからこそ、イエス様に与する者が、世に憎まれるというのは否定できない事実なのです。「確かに、キリスト・イエスにあって敬虔に生きようと願う者はみな、迫害を受けます。」(第2テモテ3:12)とある通りです。
 私たちはこの事実から目を背けるわけにはいきません。キリスト者は世と上手くやれるというのは誘惑です。迫害にあって、人々の批難と敵意にあって、私たちには色々な声が聞こえてきます。「もっと気楽に考えればどうですか」「信仰は心の問題なんだから、表面的には長いものに巻かれるのが賢い生き方ではないですか」けれど、そうではありません。私たちが主の前に敬虔であるほど、私たちは世と相容れなくなるのです。迫害がない、摩擦がない。それは、妥協の産物です。私たちが信仰を隠すことで得られる平和とは、私たちのキリスト者としての誇りをいとも簡単に奪い取ってしまうものなのです。
 「しかし、キリスト者として苦しみを受けるのなら、恥じることはありません。かえって、この名のゆえに神をあがめなさい。」(第1ペテロ4:16)信仰のゆえの苦しみは、私たちが神のものとされていることの証です。世は私たちを無視できないのです。なぜなら、世は私たちの内にキリストを見るからです。そして、世に妥協しない私たちの誠実が、やがては人々の偏見を解きほぐすのです。「死に至るまで忠実でありなさい。」(黙示録2:10)死を前にしても変わらないイエス様の生き様は、大勢の民の救いとなりました。私たちが主の前に忠実であれば、世に対するこれ以上の証はありません。私たちの愛するその人は私たちの内にこそキリストを見つけるのです。

コメント

非公開コメント