FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

171210 マタイ1:23「インマヌエル・神が共におられる」

マタイ1:23「インマヌエル・神が共におられる」

  「インマヌエル=神が共におられる。」何気ないことのようですけれども、これは普通では考えられない驚くべきことです。と言いますのも、神とは本来、私たちと共におられるようなお方ではないからです。神は私たちとは比べようのない次元のお方です。神はこの世界の創造主であり、この世界はこのお方のゆえに存在しています。この方が「光よあれ」と言えば光が生まれ、「大空よあれ」と言えば大空ができる。そして、そこに住む全ての命はこの方によって誕生したのです。神は全能にして、全ての者の造り主であって、私たちはその被造物に過ぎません。私たちは神なしには存在しませんが、神は私たちに何ら依存するお方ではなく、たとえ私たちがいなくとも、存在し続けるお方です。また、命を与えられた神は、命を取り去ることも御心のままです。創造主と被造物は決して対等ではありません。たとえば陶器師が、自分が作った陶器を気に入らなかったとしたら、他の人が何を言ったとしても、壊してまた作り直すことができます。作者が作品を自由に取り扱うのは、これは当然の権利です。神は被造物に対して絶対の権利と力を持っておられるのです。
 昔、人は天にも届く大きな塔を建設しました。彼らは天にも届く塔を作って、自分たちを誇ろうとした。神なしにも、これだけのものを作り上げることができる。と自分たちの技術を誇ろうとしていた。これが完成すれば自分たちは神に並ぶ者になれると思った。それゆえ、この思い上がった人間を懲らしめるために、神は塔を砕いたのでした。人が神と対等であろうとするとき、神はこれを打ち砕かれます。それは創造主である神の権利と言いましょうか、この方は被造物である私たちをご自身の自由に取り扱うことのできる方なのです。神と私たちは決して対等な存在ではありません。ですから神と人は、本来、共にいることなどあり得ない関係なのです。
 しかし、そのあり得ないことが起こった。これこそがクリスマス。イエス・キリストの誕生でありました。ピリピ2:6-11。天と地と全ての者の命をお創りになったお方、全知全能であり、永遠であるお方が、人間と同じようになられた。それはつまり、限りある存在となられたということ。死を迎える存在となられたということです。いったいなぜそんなことがあり得るのか。「それは、イエスの御名によって、天にあるもの、地にあるもの、地の下にあるもののすべてが、ひざをかがめ、すべての口が、『イエス・キリストは主である。』と告白して、父なる神がほめたたえられるためです。」
 つまりそこには地にあるすべてのものが、本来の目的、神を礼拝することができなくなっている現実がある。そして、その結果、滅びに至るしかない現実がある。そして、それを捨てて置けない神の情熱がある。ということです。神にとって、ひとり子イエスと釣り合うような存在は、この世には一人もおりません。この世界すらも、言葉なるイエスによって造られたにすぎません。にも関わらず、父なる神はひとり子を世に送ります。それほどまでに神は私たちの滅びを捨て置けなかったのです。捨て置くくらいなら、ご自身が背負おうとされた。神は壊されても文句の言えない陶器に過ぎない私たちを惜しんでくださったのです。
 クリスマスは、このインマヌエルなる主の訪れであります。私たちはこのイエス様の訪れのゆえに、今、神を知り、神と共にある者とされたのです。私たちの内には何ら神に認められるものはありませんでしたけれども、神はイエス様のゆえに、私たちをご自身に連なる者、共なる者としてくださった。上からの一方的な恵みが与えられたのです。

コメント

非公開コメント