FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

180218 ヨハネ16:17-24 「しばらくすると」

ヨハネ16:17-24 「しばらくすると」

 イエス様の一連の話は非常に長いものとなっていまして、毎回細切れに読んでおりますと、何だかよくわからなくなってくるのですが、その目的に関して言えば極めて明瞭で一貫していると思います。それは残される弟子たちへの励ましです。これからご自身の十字架を控え、イエス様はそれがひとときの別れであり、天の住まいを用意することであること。世はイエスさまに向けていた敵意を弟子たちに向けるけれども、もう一人の助け主が遣わされるから大丈夫だと語られます。今はわからなくても、いずれわかるときが来る。だからともかくわたしの話を聞いて心に留めておきなさい。と、このように語って来られました。

 さて、男の視点からではありますが、出産というのは本当に凄いことだなぁと思うわけです。出産は命がけです。大きな大きな痛みと苦しみを伴います。それはひとときのことではなくて、人によっては長時間、幾日にも及びます。ところが、不思議なことに、母親は生まれた子の産声を聞き、その子を胸に抱いた時、その大変な出産の苦しみを忘れるというのです。もちろん厳密に言えば、痛みや疲労が消えるわけではありません。けれど、それ以上に喜びを感じる。幸せを感じる。生まれきた命に溢れんばかりの愛しさを感じる。つまり、もたらされる喜びによって、苦しみが上書きされるというのです。出産の最中は永遠にも思える苦しみが、振り返ると一瞬のように感じる。生命の神秘のなんと凄いことかと思います。
 18節19節にある「しばらくすると」という言葉は、長さの単位のミクロと同じ言葉が使われています。ミクロは1ミリの千分の一。「しばらく」と聞くと、それなりの期間があるように思いますが、実はミクロのような「しばらくすると」です。イエス様が見えなくなる。イエス様がいなくなることは、弟子たちにとっては永遠とも思える悲しみをもたらします。迫害を受けて、信仰が試されて、それは永遠にも感じる時間です。けれど、それは決して永遠ではないのです。永遠のように感じるミクロのしばらく。そして同様に、またしばらくすると、イエス様を見ることができるようになるのです。本物の永遠から見ましたら、私たちの地上の歩みはまるで一瞬。今私たちが抱える悲しみも苦しみも決して永遠のことではなくて、「しばらくすると、あなたがたはわたしを見なくなるが、またしばらくすると、わたしを見る。」それはひとときのことであり、必ず終りが来ることであり、やがては永遠の祝福へと入れられると、こうおっしゃられるのです。
 私たちの日常にも、イエス様が見えなくなることがあるかもしれません。神様なんていないと思えるような「しばらく」。祈っても祈っても、ちっとも聞かれている気がしない「しばらく」があるかもしれません。私たちはそこでもう何の希望も見えないように思うわけです。苦しみが永遠に続くとしたらそれはもう絶望です。しかし、それは決して永遠ではなくて、必ず終わりが来ると。そしてまた、イエス様を見ると約束されているのです。永遠のように感じているその苦しみが、喜びによって上書きされるときが来る。だから私たちは決して絶望する必要はないのです。

コメント

非公開コメント