FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

180325 ヨハネ17:6-19 「世にある彼らのために」

ヨハネ17:6-19 「世にある彼らのために」

 この祈りは、最後の晩餐においてなされたイエス様のお話しの締めくくりに持たれたものです。長いお話しの間、イエス様の胸にあった一貫した想いは何でしょう。それが今日の祈りの中に出てきます。それは「わたしはもう世にいなく」なること。そして、「彼らは世に」いることです。
 11節「わたしはもう世にいなくなります。彼らは世にいますが、わたしはあなたのもとに参ります。聖なる父よ、わたしに下さったあなたの御名によって、彼らをお守りください。わたしたちと同じように、彼らが一つになるためです。」イエス様はこれから「世界が始まる前に一緒に持っていたあの栄光」を成し遂げるために十字架へと向かわれます。罪なきお方が、人類の罪を一身に背負って生贄となるために死に向かわれる。そのイエス様が最後まで思いを向けるのは、他でもない、愛する弟子たちの今後についてでした。
 イエス様は愛する弟子たちのために祈ります。世のためじゃない。と弟子たちをわざわざ世から取り分けて祈ります。なぜなら、弟子たちはすでに世のものではなくて、神のものであり、御子のものだからです。11節の「彼らは世にいますが」という言葉は、口語訳聖書では「彼らはこの世に残っており」と訳されています。弟子たちは世に残らされます。さらには15節に「わたしがお願いすることは、あなたが彼らをこの世から取り去ることではなく」ともあります。つまり、イエス様は神のもの、ご自身のものと言われた愛する弟子たちを世に置き去りにすると言うのです。
 何が言いたいかと言いますと、イエス様のこのとりなしの祈りには、ただ単に弟子たちとの別れを惜しんで、彼らの今後の生活の安全と祝福を祈っているというものではなくて、もっと明確な意図と言いますか、目的を持って彼らを敵意の中に置いていくのだと言うイエス様の決意が見え隠れするわけです。ではそれは何か。それは10節に「わたしは彼らによって栄光を受けました。」とあるように、残される弟子たちの存在が神の栄光を現すからです。つまり弟子たちの存在を持って、世は神を讃えるのです。彼らの世にあっての生き方が、神の義と愛を証明するのです。そのために、イエス様は、弟子たちがご自身に着いて来るのを良しとはされず、世に残されたと言うのです。つまりは、イエス様の使命を引き継ぐべく、弟子たちを留められた。弟子たちの地上の生活は、乗り遅れた待ちぼうけの日々ではなくて、イエス様から特別に託された使命の生活なのだと言うことです。だから、イエス様は弟子たちの地上の歩みのために、彼らの守りを祈られます。
 そもそも存在をもって栄光を現すことは、私たち人間の本来の使命でした。「わたしの名で呼ばれるすべての者は、わたしの栄光のために、わたしがこれを創造した。これを形造り、また、これを造った。」(イザヤ43:7)とあります。けれど、人に罪が入り、それが適わなくなったのです。私たちは神の栄光どころか、神を貶める存在と成り果てました。なんで私なんて生まれてきたのか。と自分自身の存在を否定し、いのちを下さった神を否定してしまう。あの人さえいなければ、と神の被造物に呪いをかける。そんな存在となってしまいました。けれど、今、主はもう一度、私たちに持つべき使命を託されます。私たちを見て、人々が神の創造の御業を褒め称えるようになるのです。毎日の生活に、私たちは右往左往します。失敗を繰り返し、ため息を付くことばかりです。けれど、それでも尚、イエス様は、私たちの存在が神の栄光を現すと言ってくださるのです。そして、この使命に私たちが全うできるようにと、イエス様は祈ってくださるのです。

コメント

非公開コメント