FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

180701 使徒9:26-30 「親切な人」

使徒9:26-30 「親切な人」

 他人の親切大きなお世話という言葉があるように、親切というのはとても難しいものです。私はあなたのために、こんなにもやってあげてるのに。こういう思いが少しでも相手に伝われば、それはもう余計なお世話となってしまいます。親切は恩着せがましくなっては駄目なのです。
 親を切ると書いて親切。けれど意味するところは全く違います。親は「親しい」とか「身近に接する」という意味で、「切」は刃物を直に当てているように、「身近である」とか「行き届く」という意味だそうです。親切というのは、そっと身近にいて、行き届いた配慮を行う。つまり、どれだけ相手目線で寄り添えるかということでしょう。
 そういう意味で言うと、バルナバほど寄り添う人はおりません。キリスト教の2000年の歴史で最も活躍した弟子の一人パウロは、そもそもはキリスト教を弾圧する急先鋒の一人でした。その彼がイエス様の幻と出会い、キリストを信じる者となったのです。当然、他のキリスト者は、誰もパウロを信じません。ところがバルナバはそんなパウロを引き受けて、使徒たちとの間を取り持つのです。バルナバはパウロを信じました。お陰でパウロは教会の群れに加えられることとなりました。
 バルナバは後にアンテオケに遣わされますが、その時、タルソにいたパウロを連れて来ます。よりによって教会を迫害していたパウロを指導者の一人として呼ぶのです。アンテオケ教会はパウロの過去に偏見を持つことなく、受け入れ、指導者の一人として敬いました。そして、彼の賜物を見抜き、異邦人宣教に遣わしました。この懐の深いアンテオケ教会の気質を作っていたのが、バルナバでした。バルナバは伝道旅行にパウロを連れて行きます。行く先々で、パウロを紹介し、宣教のノウハウを指導します。そして、パウロを前面に押し出し、自身はパウロを陰ながら支えるのです。
 私はここに親切な人バルナバの「人となり」を見るのです。つまり、彼はパウロに寄り添い、彼の道を整え、彼を育て上げ、そして、道を譲るのです。冒頭でも話しましたが、相手のために何かをしてやってるという思いが、表に出れば、それは余計なお世話です。これ見よがしなマルタの奉仕は、親切とは程遠いものです。ところが、バルナバはとにかく謙虚です。彼は己に向かう評判をパウロへと向けさせます。パウロが活躍するほどに、彼は自らの存在を隠して、パウロをもり立てるのです。親切というのは身近にあって助けること。寄り添うこと。しかし、それは決して恩着せがましくあってはならないのです。
 親切とは教会に結ばれる御霊の実です。私たちがキリストを見上げ、キリストに身を委ねる時、私たちの間には親切が結ばれるのです。ところが私たちは、そこに確かに相手を思っての親切があるにも係わらず、相手に大きなお世話と思われたり、かえって関係を悪化させることがあります。いつの間にか恩を着せているのです。親切のポイントは、相手に知られないようにです。もちろん、だから表立って親切をしてはならないということではありません。そうではありませんが、私たちは親切であることにすら、報いを求めて、これ見よがしのアピールをしてはいないかと問いたいのです。
 「あの人にあれほど良くしてあげたのに、お礼の一つもない。こんなことなら親切にして損したわ。」という声をよく聞きます。ここで問題なのは「親切にして損した」という理解です。見返りがなければ損したと思う。つまり最初から見返りを求めて親切をしているのです。けれど、それは親切ではありません。単なる恩着せです。感謝は大事ですが、感謝を強要する振る舞いは、決して喜ばしい交わりとはならないのです。
 なんだか息が詰まる話でしょうか。見返りを求めないなんて偽善じゃないかと、思われるでしょうか。しかし、そうではないのです。私たちはやはり見返り、報いを求めます。けれど求める先が違うのです。マタイ6:4には「隠れたところで見ておられるあなたの父が、あなたに報いてくださいます。」とあります。私たちの隠れた親切は、天の父が見ておられるのです。神は報いて下さる。だから安心して隠れれば良いのです。相手が気付かないほどの親切を楽しむ私たちの交わりとしたいのです。

コメント

非公開コメント