FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

181230 ルカ1:46-56 「しあわせものと呼ぶでしょう」

ルカ1:46-56 「しあわせものと呼ぶでしょう」

 マリアという存在は、キリスト教会の中で特別です。マリアは自身のことを「ご覧ください。今から後、どの時代の人々も私を幸いな者と呼ぶでしょう。」と言いますが、事実、後の時代の人々は、マリアのことを聖母マリアと呼んで、神格化していきました。1962~1965年に行われた第2バチカン会議の『教会憲章』では、「神の恵みにより、キリストの諸神秘に関わった聖なる母として全ての天使と人間の上に高められたマリアが、特別な崇敬をもって教会から讃えられる事は当然である。」と記されています。マリアには天使と人間の上の地位が充てがわれているのです。古来、マリアほど幸せ者と称えられた人は他におりません。
 マリアは「力ある方が、私に大きなことをしてくださったからです。その御名は聖なるもの、主のあわれみは、代々にわたって主を恐れる者に及びます。」とも言っています。力ある方が私に大きなことをしてくださったから、救い主の母となったから、神の尊い器となったから、だから人々は私を幸せ者と思うでしょう、とです。
 そして、それは確かにその通りなのです。マリアが素晴らしいのではなくて、素晴らしいのはマリアの宿した神の御子である。これはその通りなのです。マリアが特別信仰深かったとか、美しかったとか、資産家だったとか、努力家だったとか、そういうことではない。御子の誕生に用いられた女性という一点で、マリアは他の誰とも違う特別の評価を後世から受けるのです。
 けれどです。それは人々の評価です。マリア自身の評価ではありません。彼女は、自分の身に宿ったいのちが特別だったから神に喜んだのではなくて、神が目を留めてくださった。神の目から見れば卑しいはしために過ぎないこんな私に、神は関心を寄せてくださった。だから彼女は幸せ者だと告白しているのです。
 世の人々はその身に起きる結果に目を留めます。その人の肩書きを評価します。聖母となったマリアをです。けれど、私たちが心から望むのは、肩書きを外した私そのものを認めてもらうことではないでしょうか。
 世の中はあまりにも私たちの肩書きや結果を求めてきます。会社では売上成績が、学校では学力順位が。ご近所づきあいでは、夫の年収や子どもの進学先、乗っている車に住まいの大きさ。あらゆるものが評価の対象になるのです。私たちは少しでも他人からの評価を得るために、様々な仮面を被って生きることが強要されます。相手にとって価値のある私。魅力ある私。そうでなければ、誰も私に見向きもしてくれない。だから必死に自分を装うのです。けれど、そこには本当の意味での信頼関係はありません。条件付きです。あなたが私の役に立つ限り友達ですよ。あなたと一緒にいることが、私にとって得である限り、私はあなたを愛しますよ。けれど、そういった関係に私たちは決して満足できません。それは私を見ていない関係だからです。私でなくても構わない関係だからです。私が期待に応えられなくなれば、立ちどころに消えてしまう関係。私よりも優れた誰かが現れたら、もう用済みになって捨てられるのです。私たちが望むのは変わらない愛です。有名になった私じゃなくて、成功して活躍している私ではなくて、たとえ有名にならなくても、成功しなかったとしても、私という存在を認めてくれる。そういう存在をです。
 イエス様とはまさにそのようなお方なのです。ナザレの片田舎で、マリアという少女に目を留めていた人がいったい何人いたでしょう。後の時代の人々は、皆マリアを幸せ者と呼びます。聖母マリアをです。けれど、その時代。彼女を心から喜び、関心を寄せていた人が果たして何人いたでしょう。しかし、救い主はそんな彼女に目を留められたのです。
 この眼差しはマリアだけに向けられているのではありません。マタイ然り、ザアカイ然り、そして、私たちもまた然りです。世は私たちの肩書きを見るでしょう。私たちの結果を求めるでしょう。もし私たちに何の肩書きも無く、結果も出なければ、人々は見向きもしないでしょう。けれど、主はご覧になっておられる。主は私に目を留めてくださるお方なのです。

コメント

非公開コメント