FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

190324 ハイデルベルク信仰問答 問31~32

ルカ4:14-19 「キリストの三職」

 イエス・キリストと言いますが、キリストというのは、イエス様の名前ではありません。救い主を表す称号です。旧約聖書でいうメシヤのことで、その意味は「油注がれた者」です。旧約聖書には油が注がれることで任命される特別な職務が3つ記されています。それは神の代理として任命される、預言者、祭司、王の3つの職務です。キリストはこの3つの職務を担われたお方だと言うのです。
 一見は百聞に如かずと言いますが、私たちは神を見ることができません。では、神を知ることはできないのかというとそうではありません。イエス様を見ればわかると言うのです。なぜならイエス様の内にこそ、神の全ての本性を見ることができるからです。「わたしを信じる者は、わたしではなく、わたしを遣わした方を信じるのです。また、わたしを見る者は、わたしを遣わした方を見るのです。わたしは光として世に来ました。私を信じる者が、だれも闇の中にとどまることのないためです。」(ヨハネ12:44ー46)世の預言者のように預かった言葉を語るのではありません。神御自身が見えるかたちをとって来て下さったのがイエス様です。その存在を持って神の御心を明かされるお方です。神の御心を寸分違わず伝えることができるお方。だから、このお方は最高の預言者と呼ばれるのです。
 祭司は民の罪の身代わりとして生贄を献げることで、神の前に民を執り成す者です。この執り成すという行為において、イエス様より相応しい祭司は他にはおりません。なぜなら、イエス様はこの地上で唯一、罪のないお方だからです。しかもこのお方は御自身の命を生贄として献げて、民を執り成すからです。イエス様は、神の御子であり唯一無二で代わりのないお方です。神にとって、イエス様以上に大切な存在はおりません。そのイエス様がご自身を生け贄として民を執り成される。これこそイエス様が唯一の大祭司と呼ばれる所以です。
 王とは民を支配する者です。民は王を支配者として認め、その王の名の下に集まり、命令に従わなければなりません。逆に王はその民の生活を保証し守らなければならない。王と民の主従関係は一種の契約関係なのです。イスラエルは他国に対抗し得る王を求めました。結果サウルが選ばれました。けれどそれは、民の生活が、王個人の信仰と人格と能力によって左右されるということでもありました。王は法律そのものです。権力を持って民を裁く存在です。民は王が変わる度に、変わる法律に振り回されることとなるのです。けれどイエス様は違います。永遠の神であるイエス様は、永遠の王でもあるのです。決して変わることのない真理と約束を持って、御自身の民を守り導かれる方なのです。
 さて、イエス・キリストを信じる者は、キリスト者と呼ばれています。もともとはアンテオケの教会の信者たちが、あまりにもキリスト、キリストと言うので、あいつらはキリストの一派だ。と呼ばれたのが最初です。自分たちから名乗ったのではなくて、彼らの生き様が、キリストの名によって仕分けられたのです。このことは、とても大事です。キリスト者は単なる呼び名ではありません。その者がキリストに属することを意味します。キリストの一部となり、同じ油注ぎにあずかっていることを意味します。つまり、キリストの職務、預言者であり、祭司であり、王であるところの職務をも預かっているのです。
 私たちが世にあってキリスト者と呼ばれるのは、私たちがキリスト者と自称しているからでなく、私たちの生き様がキリストに習う者とされたから、キリストの職務を預かる者だからです。私たちは使命を与えられたのです。それは福音を告げ、罪の滅びを知らせること。滅びる魂のために祈り、執り成しに励むこと。そしてこの地を永遠の神の御心に適う神の国として実現していくことです。
 賀川豊彦は神の国運動を提唱し、それは「農村に、役場に、街に、工場に、我々が無言の十字架を背負って帰って行くことである。」と言いました。一人ひとりがキリストの名を背負って、遣わされた場に立つということです。日曜日だけキリスト者ではありません。私たちは生涯を持ってキリスト者です。もちろん、それは私の努力でなし得ません。ですから、告白する度に、そのような者とならせてくださいと祈り求める私たちでありたいのです。

コメント

非公開コメント