FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

190526 ハイデルベルク信仰問答 問49~51

ローマ8:31-37 「わたしたちの弁護者」

 キリストの昇天は、わたしたちにどのような益をもたらすか。一つは、イエス様が神に対する弁護者となられるということ。二つは、私たちもまた天に引き上げられることの保証であること。三つは、主イエスの代わりに聖霊が降られたということです。
 イエス様が弁護者となられるとは、どういう意味でしょう。つまり、イエス様は天において私たちの罪の赦しをとりなされておられるということです。変ですね?イエス様はたった一度、十字架で死に、罪の贖いとなられたのではなかったでしょうか。すでに罪の刑罰は精算されたのではなかったでしょうか。にも関わらず、私たちを弁護しておられるというのは、イエス様の贖いが不十分だったということでしょうか。もちろん、そうではありませんね。救われて尚罪を犯してしまう私たちが不十分だったのです。救われて義と認められた私たちですが、その実質は未だ罪を繰り返してしまう、古い肉を捨てきれない頑固者なのです。だからイエス様は今尚、天において私たちを弁護しておられる。私たちが罪を犯す度にイエス様は私たちの弱さに同情して神にとりなしてくださるのです。第一ヨハネ1:9「もし私たちが自分の罪を告白するなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、私たちをすべての不義からきよめてくださいます。」とあります。その根拠は何でしょうか。それはローマ8:34「だれが、私たちを罪ありとするのですか。死んでくださった方、いや、よみがえられた方であるキリスト・イエスが、神の右の座に着き、しかも私たちのために、とりなしていてくださるのです。」つまり、たった一度きりのイエス様の贖いが、私たちの日常に適用されるのは、このイエス様のとりなしのおかげなのです。だからこそ私たちはこのことに慣れっこになってしまってはいけません。罪に対して鈍感であってはいけません。イエス様のとりなしをあって当然としない。罪をきちんと後悔し、決別し、心を改める私たちでありたいと思います。
 さて、イエス様が天におられることの益は、私たちもまた天に引き上げられることの保証だと言います。このことは先週ご一緒に確認したことでもあります。今日の問答ではこのことを頭なるキリストと、その部分である私たちという側面から語っています。つまり、イエス様と私たちは分かつことのできない一つの体とされているということです。頭がすでに天に引き上げられているのですから、その体が同じところにないはずはありません。ですから、私たちも必ず天に引き上げられると約束されているのです。では、この天とはどこのことか。それは空間的などこというよりは、神とともにあるということが天です。ならば、私たちはこの天の実質に、すでに入れられていると言うことができるでしょう。私たちは教会を通じて神とともにある、神の権威に生きる天国人、神の国の住人とされているからです。
 問50は使徒信条の「神の右に座したまえり」の解説です。神の右に座すということは、神の王座に並び座るということであり、イエス様は天において神にその統治を託されたお方であるということです。では、どのように万物を統治されるのか。それは教会を通じてです。キリストの体である教会で、部分とされたキリスト者が、頭であるキリストの御心に生きる。主イエスの権威に従って生きることを通して、主イエスの統治がこの地にもたらされるのです。平たく言えば、私たちがキリスト者として生きるということです。一人のキリスト者の存在は、それほどの影響力があるのです。当然です。神の権威に生きる私たちは、この世の権威に生きる人々の中で、全く異質な存在だからです。富や地位や名誉。この世の権威を追い求めて止まない人々には決して手に入らないものを私たちは持っています。私たちは影響することを恐れるのでなく、影響しないでいることを恥じるべきなのです。
 そうは言ってもと言われるでしょうか。不安になる気持ちはわかります。確かに私たちをとりまくこの現実は、圧倒的な数の力で、私たちを覆っているからです。頼みのイエス様はこの世にはいません。けれどです。だからこそイエス様は聖霊を私たちに送られたのです。恐れることはありません。天において主イエスのとりなしがあり、地において聖霊のとりなしがあるのです。私たちを幾重にも取り囲み、守って下さる神がおられます。ローマ8:37「しかし、これらすべてにおいても、私たちを愛してくださった方によって、私たちは圧倒的な勝利者です。」

コメント

非公開コメント