FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

190728 ハイデルベルク信仰問答 問65~68

ローマ10:16-17 「御言葉と礼典」

 使徒パウロがピリピの町に着いたとき、町の外の祈り場で、ティアティラ市で紫布商人をしているリディアという女性と出会います。そして、「主は彼女の心を開いて、パウロの語ることに心を留めるようにされた」のです。彼女はパウロと出会う前から、神を敬う人でした。祈り場にせっせと足を運ぶ信仰深い女性でした。けれど、聖書は彼女のそういった神への敬虔さのゆえにではなくて、主が彼女の心を開いたと語ります。そして、パウロの語る福音に心を留めるようにされた。それは確かに聖霊の働きによるものです。Ⅰコリント12:3には「聖霊によるのでなければ、だれも「イエスは主です」と言うことはできません。」とあります。聖霊は何でもかんでも信仰を起こされるのではありません。イエス・キリストに対する信仰こそ、聖霊が私たちに起こし育ててくださるものなのです。
 さて、聖霊は二つの方法で私たちに信仰を与えてくださいます。一つは聖なる福音の説教を通して、もう一つは聖礼典を通してです。
 単に聖書を通してではなくて、「聖なる福音の説教を通してそれ(信仰)を起こし」とされているところに注目すべきです。つまり福音は一人で研究して満足する類のものではないということです。礼拝という公の場で語られ、兄弟姉妹とともに聞き、実践し、分かち合う。そういう生きて語られる愛の言葉として、聖霊は働かれるのです。ですからやっぱり礼拝の場に集うことが大事です。それは一人で御言葉に触れることを否定しているのではありません。説教者の方が知識が豊富だからとか、話しが分かりやすいからとか、そういうことでもありません。聖霊は礼拝という場において説教者を用いられるからです。そして、聖霊は礼拝の場で聴衆の心をも整えてくださるからです。
 また、聖霊は「聖礼典の執行を通してそれ(信仰)を確かにしてくださる」と言います。聖礼典とは、洗礼と聖餐のことですが、これらは私たちの信仰を確かにする目に見えるしるしだと言います。もちろん洗礼や聖礼典といった儀式が信仰を生むのではありません。けれど、その儀式が私たちの信仰を確かなものとし、私たちの信仰を守るのです。
 聖礼典は「目に見える聖なるしるし」です。しるしというのは、見えないものを見えるように表したものです。例えば、道路標識を見ながら、私たちは見えない交通ルールを見たりします。同じように聖礼典を通して、私たちはそれが意味するところの「十字架上で成就されたキリストの唯一の犠牲のゆえに、神が、恵みによって、罪の赦しと永遠の命とをわたしたちに注いでくださる」という約束を見るのです。
 また聖礼典は「封印であって」ともあります。封印というのは大事な中身に手が付けられないように、その入口を塞ぐものです。封印がある間は、中身に手が付けられていない証拠です。聖礼典が封印だというのは、つまり私たちの救いが決して揺るがないことの保証です。この封印は神によってなされたもの。神がその救いにもう手を付けることなく、確かな案件として保管してくださっているということなのです。
 私たちは聖霊により福音の説教を通じて、信仰へと入れられました。そして私たちはパンとぶどう酒を食す度に、私たちの受けた恵みの大きさを覚えます。繰り返し、繰り返し、私たちは初めの愛に立ち返り、整えられるのです。私たちの信仰生活は、時に迷ったり、不安を覚えたり、疑ったりもいたします。けれど、私たちの救いは、私たちの状況に左右されない、もはや神によって封印され確定された永遠の救いです。私たちの何かではない、キリストの義が私たちを確かに救うのです。
 さてなぜ聖礼典は洗礼と聖餐の2つだけなのでしょうか。これらがイエス様の直接の命令によるからです。どう恵まれるとか、どのような意味があるということも大切ですが、それ以上に「イエス様の命令」これに尽きるのです。

コメント

非公開コメント