FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

190825 ハイデルベルク信仰問答 問75~79

ヨハネ6:53-58 「聖霊によって一つにされて」

 初代教会の時代、キリスト教徒は人肉を食べる野蛮でおぞましい集団である。という、まことしやかな噂が広まったと言います。ピンと来られた方は鋭い。そうです。聖餐式から来る誤解です。キリスト教徒は人食い集団というのは、根も葉もない噂です。彼らはパンを割き、ぶどう酒を分け合っていただけです。けれど、その噂はあながち間違いでは無かったのかもしれません。少なくとも初代教会の人々にとってはこの聖餐に与かるということは、文字通りキリストの血肉をいただくという意味を持っていたからです。なぜなら、彼らはイエス様の十字架と復活を目の当たりにした生き証人だったからです。彼らはそのパンを食べるとき、イエス様の十字架を思い出さずにはいられませんでした。ぶどう酒を啜るとき、イエス様の復活を感謝せずにはいられませんでした。なぜなら、彼らは過ぎ越しの食事の最中で行われたイエス様のパン裂きと、その直後に起きたあの十字架と復活を経験し、イエス様こそが、人々の罪を過ぎ越すために神が用意された生贄の子羊であることを確かに悟っていたからです。当時の教会では実際にその場でパンを裂いて配り、一つの盃を回しておりました。ですから彼らはそのパンとぶどう酒を受け取る度に、主イエスの体が自分たちのために十字架上で引き裂かれたこと、そして自分たちが一つの体として、永遠の命をいただいていること、そして天の御国に入れられることの保証を感じ取ったのです。
 この初めの理解に立ち返ろうというのが、宗教改革でした。と言いますのも、時代が進み、教会が権威を持つ時代になると、聖餐の理解が変わってきたからです。聖餐の儀式自体の権威化がなされたのです。つまり、パンとぶどう酒が実際のキリストの体と血そのものになるという教えが公然と語られるようになっていったのです。イエス様がパンを持って「これはわたしの体です。」と語られたとき、当然、そこにはイエス様ご自身がおられたわけですから、パンがイエス様の体であるわけはないのです。けれど、初代教会の時代とは違い、人々は、パンとぶどう酒にイエス様の犠牲と永遠の命の希望を見ることが難しくなって来たのです。もうイエス様の死と復活の興奮が漂う時代ではありません。それは教会の教えの中で聞くしか無い時代、彼らの信仰のリアリティーは、キリストの血肉を食すという具体的な行為に結びついていきます。そしてそのために、パンとぶどう酒がキリストの体と血そのものになるとの権威付けがなされたのです。
 私たちは初代教会の理解に立たなくてはいけません。それは宗教改革者たちが辿った道です。すなわち、イエス様が命じられたその御言葉に立つという理解です。ハイデルベルク信仰問答の第77問はそのことを言っています。イエス様はご自身を覚えるために、新しい契約を覚えるために、記念として行いなさいと命じられたのです。ですから、私たちはこれをキリストの記念として行います。それはイエス様の体が引き裂かれ、私たちの贖いが成就したこと。そして、私たちが一つの体として、キリストの交わりに加えられたことを覚えるためにです。
 しかし、これは単に思い出に浸るための記念ではありません。それは私たちの信仰を実際に養う霊の糧です。私たちはこのキリストの体と血に見立てたパンとぶどう酒を食すことによって、他でもないキリストと一つとされていく。キリストの似姿へと変えられていくのです。それは聖霊によってなされます。私たちは聖霊によって、キリストと一つとされるのです。いえ、聖霊は一つなのです。私たちの内に住まれる聖霊は、キリストの内にも住んでおられるお方である。この衝撃的な当然の事実が、私たちがキリストの似姿へと変えられる保証です。私たちが信仰を持って聖餐をいただくとき、私たちは聖霊によりキリストと一つとされるのです。

コメント

非公開コメント