FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

191020 ハイデルベルク信仰問答 問99~100

コロサイ3:16-17 「心から御名を唱えよ」

 出エジプト20:7には「あなたは、あなたの神、【主】の名をみだりに口にしてはならない。【主】は、主の名をみだりに口にする者を罰せずにはおかない。」とあります。神が罰せずにはおかないと宣言されるほどに、主の名をみだりに口にすることは罪深いことなのです。
 たかが名前でそこまで言わなくてもと思われるでしょうか。しかしそうではありません。名前は単なる呼び名ではありません。それはその存在そのものです。名前があるから、その他大勢の中から、固有の特定の存在となるのです。その昔、アダムは園の管理を命じられます。それは具体的には、園にある一切の名前を決めるということでした。アダムはあらゆる動植物の名前を決めていきます。これはバラ。これはラクダ。そうやって名前を付けた瞬間、バラはあらゆる植物の中から選り分けられ、ラクダはあらゆる動物の中から見分けられるようになったのです。もちろんその存在は名前が付く前からあったんですけれども、そこに確かに存在すると認識されるのは、そのものに名前が付くことによってです。ですから、名前というのは、単なる記号を通り越して、その存在そのものと言うことができます。だからこそ、その名前を適当に扱うとすれば、それはその存在そのものを適当に扱うのと等しいと言えるのです。
 安易に、自分勝手に神の御名を唱えない。それは神を私物化して利用しないということでもあります。アダムを誘惑する時、蛇は神の味方を装って近付きました。また、イエス様を誘惑するために、サタンは聖書の言葉を引用しました。つまり自らの考えを神によって権威付けようとしたわけです。文脈を無視して、自分の都合のよい解釈だけで聖書を読む。これは異端やカルトの典型的な特徴です。私たちがもし、神を私物化し、自己実現のためにその名を利用するとしたら、それはこの第3戒を破っているのです。私たちが神を造ったのではなくて、神が私たちをご自身の栄光のために造られたのです。ここを履き違えると、私たちは神を信じると言いながら、神を自らの下僕とすることになるでしょう。だからこそ、神は罰せずにはおかないと言わざるを得ないのです。
 では、神の名を金輪際口にしなければ良いのでしょうか。ハイデルベルク信仰問答の問100の答えを見ますと、神の御名の冒涜は、死をもって罰するとまで言われます。それほどのリスクがあるのなら、いっそのこと黙っていたほうが良いんじゃないかと思ったりもします。けれど、そうではありません。聖書はむしろ積極的に主の名を呼べと教えています。エレミヤ33:2-3「地を造った【主】、それを形造って堅く立てた【主】、その名が【主】である方が言われる。『わたしを呼べ。そうすれば、わたしはあなたに答え、あなたが知らない理解を超えた大いなることを、あなたに告げよう。』」コロサイ3:16-17にも「キリストのことばが、あなたがたのうちに豊かに住むようにしなさい。知恵を尽くして互いに教え、忠告し合い、詩と賛美と霊の歌により、感謝をもって心から神に向かって歌いなさい。ことばであれ行いであれ、何かをするときには、主イエスによって父なる神に感謝し、すべてを主イエスの名において行いなさい。」とあります。主の名において行う。これは第3戒と反するのではありません。むしろ、このような積極的に礼拝する姿勢こそが、この第3戒の命じるところです。
 罰を恐れて、主の名を呼び変えて、怯える姿はここにはありません。キリスト者の生き方はそのようなものではありません。むしろ、わたしを呼べと言われる。わたしはあなたに答え、あなたに告げよう。と言われるのです。神を信頼する者の声を、神は遮ることはなさいません。私たちは主の御名をみだりに唱えることは赦されません。みだりにではなく、本気で唱えるのです。私たちが主に感謝し、主に期待し、主の御名を讃美し、主の御名によって祈る。つまり、私たちの礼拝の生活こそが、第3戒の命じるところなのです。

コメント

非公開コメント