FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

191222 クリスマス礼拝 イザヤ53:1-12 「輝きもなく、見栄えもない」

イザヤ53:1-12 「輝きもなく、見栄えもない」

 イザヤの預言には「彼には見るべき姿も輝きもなく、私たちが慕うような見栄えもない。」とあります。イザヤはイエス様が生まれる700年以上前の預言者です。北イスラエルが不信仰のゆえに滅び、今またそれと同じ道を歩もうとする南ユダ王国に対して、国の危機を訴えた人物です。国が滅ぶと言う預言を前に、人々は力ある救世主の到来を願い求めました。しかしイザヤが言う救い主は、人知れず不毛の地に生まれ、その姿は私たちの目にも留まらないみそぼらしい者だと言うのです。いえ、目に留まらないどころか、極めて不快に、嫌悪に、人々から蔑まれて、顔を背けられる者だと言うのです。とてもひどい描き様です。このイザヤの言葉を聞きまして、いったい誰が救い主の姿だと想像できたことでしょう。しかし、私たちはこれがまさに救い主のお姿であったことを知るのです。
 先ほどのページェントでお分かりのように、その日、ヨセフとマリアは貧しい宿屋の一室すら借りられず、薄汚い粗末な家畜小屋でイエス様を産みました。そうするしかなかったのです。町は住民登録のためにごった返しておりました。宿屋はとっくにいっぱいです。金にものを言わせたなら、無理やり部屋を用意させることもできたかもしれません。けれどもヨセフとマリアにはそれは無理です。彼らは道端にある家畜小屋に潜り込むしかなかった。身重であるマリアが雨露を凌ぐためには、家畜と共にいるしか無かったのです。その様子はまさに、輝きもなく、見栄えもないものです。救い主には、とても似つかわしくない誕生でありました。
 けれども、それは偶然だとか、予想外とか、そういうことではありません。イエス様がそのような誕生を選ばれたのです。なぜならそうでなければ招かることのない人々がそこにはいたからです。「彼は蔑まれ、人々からのけ者にされ、悲しみの人で、病を知っていた。人が顔を背けるほど蔑まれ、私たちも彼を尊ばなかった。」(53:3)とあります。だからこそ届く光があるのです。
 イエス様の誕生に真っ先に駆けつけたのは羊飼いでした。一年中、昼夜を問わず、羊たちと過ごす彼らは、安息日を守らない不信仰な者たちだと見られていました。人々は彼らを罪人と呼び、蔑んでおりました。彼らは人口調査の数にすら入れられない、失われた人たちでした。もしもイエス様が上等な宿屋や綺羅びやかな宮殿で生まれていたら、彼らがどれだけ願っても門前払いされて終わりでした。イエス様が道端にある、囲いも扉もない粗末な家畜小屋でお生まれになられたからこそ、彼らはそこに駆けつけることができたのです。「人の子は、失われた者を捜して救うために来たのです。」(ルカ19:10)とある通りです。
 これは何も羊飼いだけの話ではありません。私たちもまた同じです。聖く正しい者だけが招かれる宮殿に、いったい誰が駆け付けることができるでしょう。もしも私たちがその場に居合わせたならば、自分を恥じて遠慮するか、厚かましくも駆けつけて追い返されるのが関の山ではないでしょうか。けれど、イエス様は貧しさの中に生まれてくださったのです。それは、のけ者にされている人。数に数えられない、失われた人々と共にあることを選ばれたということです。確かにイエス様には、人々が見とれる姿も、輝きもなく、人々が慕うような見栄えもありませんでした。しかし、この方が栄光を捨てられたからこそ、私たちの犠牲となることができた。私たちの救いとなられたのです。だからこそ、このお方は全ての人を照らすまことの光、忘れられたその人にも届く救いであるのです。
 イエス様には輝きも、見栄えもなく、貧しさの内に生まれる必要が確かにあったのです。私たちがイエス様の聖さに駆け上ぼることは不可能だからです。神のひとり子なるイエス様が人となって低きにお生まれになられた。ここに私たちの救いがあるのです。

コメント

非公開コメント