FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

200212 創世記19:23-29 「後ろのものを振り返らず」

創世記19:23-29 「後ろのものを振り返らず」

 ルカ17:32-33 「ロトの妻のことを思い出しなさい。自分のいのちを救おうと努める者はそれを失い、それを失う者はいのちを保ちます。」これはイエス様の言葉です。ソドムとゴモラは神の裁きの型となり語り継がれていきますが、ロトの妻もまた滅びる者の型となりました。ロトの妻を思い出しなさい。彼女のようであってはいけない。彼女を反面教師としなさい。と、語っているわけです。では、ロトの妻とはどのような者だったのでしょうか。
 ソドムとゴモラへの神の裁きは、徹底的に行われました。低地全体が水面下となり、後に湖になるほどに、大きな裁きがこの地域一帯で起こったのです。緑豊かなカナンの低地は、一面焼け野原、あらゆる生命が滅ぼされたのです。ただロトの家族だけはこの裁きを免れました。神がロトの家族が逃げるのを待っていてくださったからです。彼らがツォアルの町まで逃げ延びたのを見届けて、神は裁きの火を降らせました。ですから、今日の場面は、神の裁きを免れ、救われた生命への感謝で終わるはずの場面でありました。
 ところが、そうはなりませんでした。あろうことか、ロトの妻は、この逃走劇の最中に塩の柱となってしまったのです。ロトの妻はツォアルまで辿り着けませんでした。それは彼女が「振り返った」からです。ロトの背中を追いかける妻は、最後の最後、ロトがツォアルに入りまして、もうすぐ自分も町に入る。そのまさに後一歩というところで振り返ってしまった。そのために、彼女は塩の柱となってしまったのです。そもそもこの逃走劇には、主からの忠告がありました。「いのちがけで逃げなさい。うしろを振り返ってはいけない。この低地のどこにも立ち止まってはならない。山に逃げなさい。そうでないと滅ぼされてしまうから。」主は事前にロトたちに語っておりました。にもかかわらず、彼女は振り返ってしまった。主との約束を反故にしたのです。そのために、哀れ彼女は塩の柱となってしまいました。
 何が彼女を振り返らせたのでしょう。好奇心でしょうか。それとも、恐怖心でしょうか。夫ロトが町に入るやいなや、背後で爆発音と熱風と立ち込める硫黄の匂いが襲ってきたのです。見てはいけないと言われれば見たくなるのが私たちですし、背後で起きる只ならぬ様子に、主の裁きが自分を飲み込みはしないかと不安になるのが当たり前の場面です。そういう思いもあったかと思います。しかし、彼女をふり返らせたのは、また別の思い、それは物を惜しむ思いからでした。
 実はイエス様が「ロトの妻のことを思い出しなさい。」と言われるのは、再臨の時の備えをするようにとの文脈の中で語っているわけですが、その直前には「その日、屋上にいる人は、家に家財があっても、それを持ち出すために下に降りてはいけません。同じように、畑にいる人も戻ってはいけません。」と言っています。ロトの妻は、ソドムの生活を思い出しながら、何を手にしたいと思ったことでしょう。財産があったのでしょうか。上等な着物を取りに帰りたかったのでしょうか。もしかすると物ではなくて、生活自体を懐かしんだのかもしれませんね。欲しい物は何でも手に入る便利な生活。罪深いとは言われるけれど、刺激的で、退屈しない、自由な生活。気の合う仲間もいたことでしょうか。それに比べてこれから向かうツォアルの町の何と心もとないことか。豊かなヨルダンの低地帯は滅ぼされ、残された地での生活は困難を極めましょう。それもこれも、生命救われたがゆえの恵みでありますが、彼女にとってそれはむしろ罰のように感じられたのです。
 終末の世を生きる私たちは、同じように、逃げよと言われています。罪から逃げ、欲から離れ、主のもとに向かって逃げよと言われます。その時に大事なのはふり返らないことです。立ち止まらないことです。そして目標を目指して走り続けることであります。あの時は良かったのにと言いたくはありません。あの時が今日に導いてくれたと言いたいのです。そして、今日が明日へと導いてくれると言いたいです。今のときは、過去からの連続であり、そして未来に繋がる今であります。主が導いてくださった、欠かすことの出来ない今日なのです。

コメント

非公開コメント