FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝メッセージを要約したものです。

訪問者
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

200315 ハイデルベルク信仰問答 問123

Ⅱペテロ3:9-10 「御国を来たらせたまえ」

 前回の「御名をあがめさせたまえ」に続く2番目の祈り。それがこの「御国を来たらせたまえ」です。この祈りの前提にはもちろん、やがて御国、すなわち神の国が完成するという神様のご計画があり、しかしながら、今はまだその時が至っていないのだという理解があります。つまり、私たちはこの神の国の完成を前にした終末のときを生きているということです。この理解の下に「どうぞ神の国を完成させて下さい。地上の世界を、神の国として相応しいものへと作り変えて下さい。」という祈りを私たちはささげるのです。
 私たちはときに思います。なぜ世界はこんなにも悲惨で満ちているのだろうと。世界の各地では、今も尚、紛争が続き、大勢の命が奪われています。新種の病気や、地震などの災害。また盗みや殺人、個別の犯罪は至るところで起こっています。神様がおられるのなら、このような世界であるのはおかしいじゃないか。と、思わなくもありません。なぜなら、この世界は神の国に対するイメージとのあまりにも大きなギャップがあるからです。私たちは神の国はこんなものではないと知っているのです。神の国について、ヨハネの黙示録はもはや死はなく、悲しみも、叫び声も、苦しみもない。と言っています(黙示録21:3ー4)。そのような世界を心から願います。しかし、どうでしょうか。私たちの住むこの世界は、とてもそのような世界ではありません。
 けれど、これは当然のことかもしれません。なぜなら、私たちが今いるのは完成した神の国ではないからです。確かにイエス様によって救いの扉は開かれました。神の国は到来した。しかし、未だ完成していない途上にあるというのがこの世界なのです。ですから信仰者はこの地上で生きることに、色々な葛藤を覚えるのです。信仰が理解されず、価値観が受け入れられず、神に祈ることですら窮屈で不自由な思いをするのです。けれど、そのような葛藤は、いつまでも続かない。神の国はイエス様が再びやって来られるとき完成いたします。ですから私たちは「御国を来たらせたまえ」と祈るのです。完成する神の国にはこれ以上ない希望が確かにあるからです。地上を支配するサタンは討ち滅ぼされて、そこには一切の罪の解決があり、永遠の神と共に過ごす穏やかな日々が約束されているのです。この祈りは私たちの心を地上の一切のしがらみから解き放ち、天上の祝福へと向かわせる道しるべとなる祈りなのです。
 この祈りは私たちの切なる願いです。イエス様が今日にでも来てくだされば、私たちの葛藤は無くなるのです。誘惑に迷うたびに、罪に後ろめたさを覚えるたびに、そして、この世の悪が蔓延るたびに私たちは思います。イエス様さえ来てくだされば・・・。しかしです。主は来てくださらないのです。これは2000年間、キリスト者が願いに願ってそれでも聞かれない祈りなのです。では御国は来ていないのか?そうではありません。御国は一人ひとりのキリスト者によって広げられるのです。
 神の国とは何か。「声なき者の友」の輪の神田英輔師は、それは神の主権の及ぶところだとおっしゃっいました。それはつまり世にあってキリスト者が影響するところと言い換えることが出来るでしょう。私たちが世に影響する。愛を持って関わる。そこに神の主権が及んでいくのです。イエス様が来られればそれは一瞬にして完成します。けれど、主は敢えてそうはされていないのです。第Ⅱペテロ3:9-10を見ると、それは主が猶予されているからだと言います。忍耐されておられるのだと。なぜなら主の再臨による神の国の完成とは、言い換えると、救いと滅びが確定するときでもあるからです。「御国がきますように」とは主の最終的なさばきの到来を願うことでもあるのです。けれど、主は私たち人間が悔い改めて、永遠のいのちを得ることを望んでおられます。主は待っておられる。だから主がこの祈りを実現されないとすれば、それは憐れみに他ならないのです。
 果たして私たちは「御国が来ますように」と躊躇なく祈ることができるでしょうか。神の国の完成は私たちの願うところです。けれど、救いと滅びが確定するというならば、「神様、ちょっと待ってください」とはならないでしょうか。明日主が再臨されるとしたら、私たちに思い残しはないでしょうか。私たちは主の福音を宣べ伝えなければなりません。それは私たちが愛するその人の滅びに後悔しないためにです。主は人々の悔い改めを待っておられます。そのために私たちが動くことを待っておられるのです。

コメント

非公開コメント