FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

2015/07/19 ヨハネ2:1-11 「あの方が言われることを」

ヨハネ2:1-11 「あの方が言われることを」

 イエス様や弟子たちが招待されていた結婚式。母マリヤもその場におりましたが、招待客というわけではなく、裏方の仕事を取り仕切っておりました。けれど、まだ式の途中だというのに、用意していたぶどう酒が底をついてしまったのです。このままでは、集まった人たちから不満が盛れるのは時間の問題です。せっかくの結婚式にケチが付いてしまいます。困った彼女は息子に相談します。「ぶどう酒がありません。」
 ところがです。イエス様の返答は、彼女の期待するものではありませんでした。「あなたはわたしと何の関係があるのでしょう。女の方。わたしの時はまだ来ていません。」いやいや、親子でしょう?と思わずツッコミをいれてしまいそうです。何となく、お母さんとの関係性を否定している酷い言葉のように聞こえますが、実際は「私とあなたの関心事は同じではありません。」という意味です。イエス様は「わたしの時はまだ来ていません。」とも言われました。「わたしの時」とは十字架にかかり、復活し、天に昇られるその時。救い主としての栄光を受けるその時であります。公生涯を始められるイエス様の関心は常にこの「わたしの時」についてでありました。結婚式でぶどう酒が無くなる。それは確かに大きな問題ですが、それは面子の問題です。しかし、イエス様の問題意識は常に人々の救いについてなのです。
 ですから、これからイエス様はぶどう酒の奇跡をされるわけですが、それはマリヤのように、新郎新婦に恥をかかせないためとか、招待客の機嫌を損なわないためとか、母の願いだからとか、そう言った理由ではありません。イエス様の関心事は飽くまでも罪人の救いです。イエス様は、これから起こることは全て、救いのため、弟子たちの信仰の確信のために行うんですよ。と、そのようにおっしゃっている。つまり「しるし」とは何かについてを語っているのです。
 手伝いの者たちは、どの時点でこれがぶどう酒を用意する作業だと理解したでしょうか。水瓶に水をいれたときでしょうか。それとも水瓶から水を汲んだ時でしょうか。それ以前に、イエス様と出会ったまさにその時からでしょうか・・・。恐らくは、最後まで理解しないままであったかと思います。彼らがその水を、宴会の世話役のところに持って行って、世話役が味わって驚いたのを見て初めて、彼らは自分たちが何をしていたのかを知りました。それまでは、知らずに従ったのです。イエス様が語られた言葉をよく見るとわかりますが、イエス様は何の説明もなさっていないのです。
 こんなことをしていったい何の意味があるんだろうか、と、きっと彼らは思ったと思うのです。私たちも経験があるかと思いますが、何かをする時、理由もわからずにやらされることほど、気持ちが乗らないことはありません。私たちは理由を求めるのです。意味がわからなければ無駄なことと思います。けれど、神さまが命じられることには、時として理由がわからないことがあるのです。問われているのは、理解ではなく、忠実さなのです。
 ナアマンは憤りを感じつつも、エリシャの言葉に従いました。すると病が癒やされました。ペテロは「先生。私たちは、夜通し働きましたが、何一つとれませんでした。でもおことばどおり、網をおろしてみましょう。」と言ってイエス様の言葉に従いました。すると網は魚でいっぱいになりました。神様の方法は、私たちが思い描いているものとは違うということです。私たちが理解できるかできないか、私たちは理解できないことは無意味なことだと思います。しかしそうではないのです。神様の方法は時に私たちの常識を遥かに超えます。私たちの願いを打ち砕きます。しかし、だからこそ、それは神の供える最善と言えるのです。

コメント

非公開コメント