FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

200329 ヨハネ14:1 ローマ8:35-39 「心を騒がせてはいけません」

ヨハネ14:1 ローマ8:35-39 「心を騒がせてはいけません」

 教会が公の礼拝を自粛するという選択は、普通のことではありません。礼拝はキリスト者に与えられた特権であり、最大の奉仕です。そして慰めでもあります。聖書は事ある毎に困難にあって主に従うことの幸いを語り、共に集うことの希望を語っております。そして教会はずっとそのように説教をしてまいりました。ですから本来なら、どんな状況になっても礼拝を守りましょう。たとえ死を覚悟しても、私たちは主の日の礼拝を優先しましょう。そう励まし続けるのが筋なのかもしれません。けれどこの現実の状況の中で、私たちは教会に集わないということを選びました。礼拝出席のために鉄道やバスに乗ることにもリスクを伴います。また、高齢者や持病をお持ちの方は新型コロナウィルス感染時の重篤化が懸念されています。感染爆発の兆候はあちらこちらに現れています。私たちは新型コロナウィルスの世界的流行(パンデミック)の現実を受け止め、教会員の安全を優先し、東京近郊の一教会として感染拡大を防ぐ社会的責任を負っており、自らが感染する危険性だけでなく、自分が感染を広める危険性、そして教会員が感染を広めてしまう可能性までも考慮すべき状況に来ていると判断してのことであります。現段階で感染者が出れば、教会での礼拝は閉鎖せざるを得ません。ではその一人が出るのを待つのか。教会としてはその一人が出ないために動かざるを得ません。
 確かに皆が共に会堂に介して礼拝することは幸いです。けれどそれは、会堂でなければ礼拝が持てないということではありません。会堂の外で礼拝を持たなくてもいいということには繋がりません。当たり前のことですが礼拝は主日の朝、一同に会することだけが礼拝ではありません。一人ひとりが主の前に静まり、礼拝を献げることは可能です。公に集まることはできずとも、私たちの礼拝が失われることはありません。
 最初に武漢で新型ウィルスが発生したとの報道を聞いたとき、ここまでの現状を予測できた人が果たして何人いたでしょうか。まさか礼拝をどのように継続すれば良いかと思い悩む日が来ると誰が想像したでしょう。つくづく思いますのは、私たちが当たり前のように思っていた教会の交わりとは、いつ何時奪い取られるかわからない神の国の恵みであるということです。
 ナチス政権下にあって福音の自由のために戦ったボンヘッファーは次のように言っています。「孤独の中に生きる人にとっては言い難い神の恵みであることでも、それが日々与えられている人にとっては、とかく軽んじられ、なおざりにされがちである。〈キリスト者の兄弟の交わりは、日ごとに奪い去られるかもしれない神の国の恵みの賜物であり、ほんのしばらくの間与えられて、やがては深い孤独によって引き裂かれてしまうかもしれないものである〉ということがとかく忘れられがちである。だから、その時までほかのキリスト者と、キリスト者としての交わりの生活を送ることを許された者は、心の底から神の恵みをほめたたえ、ひざまづいて神に感謝し、〈われわれが今日なお、キリスト者の兄弟との交わりの中で生きることを許されているのは、恵みであり、恵み以外の何者でもない〉ことを知りなさい。」
 神殿を破壊されバビロンに捕囚されたユダの民は、遠く異教の地で家庭礼拝を行い、またシナゴーグによる会堂礼拝を開始いたします。苦難の状況にあって彼らが向き合ったのは自らの信仰そのものでした。彼らはこれまでの信仰生活を顧み、主の前に悔いることから始めたのです。神々しい神殿があっても、神の民として律法を有しても彼らは信仰に立ち返りません。失って初めて立ち返ったのです。私たちはこれまでどのような思いで礼拝を献げて来たことかと探られるのです。信仰者としてのプライドでしょうか。奉仕の責任からでしょうか。孤独の解消でしょうか。長年続けられた習慣でしょうか。しかしそれらは、私たちの思いや決断を超えて、ある日突然に奪い取られることがあるのです。私たちはあまりにも当然のことと考えてきました。しかし公同の礼拝、そして主にある交わりは恵みに他なりません。私たちは今、自らの信仰を深く顧み、独り主の前に静まって礼拝を献げましょう。そのための騒動などとは口が裂けても言えませんが、しかし、このような機会がなければ立ち止まって顧みることのない私たちです。あらゆることの中に主の御心を聞く者でありましょう。悔い改めと感謝を持って公同礼拝の再開を祈り備えることといたしましょう。

コメント

非公開コメント