FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

200802 ルカ2:41-52 「わからずとも心に留めて」

ルカ2:41-52 「わからずとも心に留めて」

 過ぎ越しの祭りからの帰り道というのは、エリコに至る道中のように、途中強盗や追いはぎが出るような治安の悪い難所もありますので、同じ町の者と一緒になって集団で帰ることになっていました。加えて、ヨセフとマリアは、イエスの他にも弟や妹たちも大勢連れておりましたから、幼い子どもたちを集団の中で引き連れて行くだけで、てんやわんやだったことでしょう。一番上の子のイエスには気をゆるしていたと言いますか、あの子は大丈夫という信頼があったのでしょう。ところがその日の道程を終えて、今日はもう休もうとあらためて見渡してみると、一緒のはずの息子がいないのです。きっと血の気が引いたことでしょう。もしかしてはぐれたのか!それとも強盗にさらわれたのか!翌朝になって彼らはすれ違う大勢の人々に声をかけながら、気になるところを一つ一つ探りながら、来た道を引き返します。そしてエルサレムについてからも必死に探し回り、そしてようやく宮でイエスを見つけ出した時には、もう三日も経っておりました。
 心配して探し続けたマリアは息子を見つけて叱ります。「どうしてこんなことをしたのですか。見なさい。お父さんも私も、心配してあなたを捜していたのです。」親として当然の言葉です。叱らずにはいられない。それは親である二人の愛ゆえにです。
 ところが、これに対して、少年イエスは「どうしてわたしを捜されたのですか。わたしが自分の父の家にいるのは当然であることを、ご存じなかったのですか。」と返事するのです。いやいや、ここは普通「お母さ~ん」と泣いて抱き着く場面ではないでしょうか。なのに少年イエスは淡々と、どうして捜したのかと尋ねられる。そして、父の家、つまり神の宮にいるのは当然でしょ。と、こう言われる。イエス様はなんて冷めた息子なのかと、戸惑ってしまいますが。ここにはつまりイエス様とマリアたちの父に対する認識の違いがあるのです。
 マリアたちはイエス様のことを我が子と理解します。けれどイエス様の方では、父とは、ヨセフではなく、天の父のことを指しているのです。イエス様は親子としての自分ではなくて、神の子としてその使命に生きる自分を意識している。つまり、それはイエス様特有の成人の備えだったと言えるでしょう。
 ユダヤでは男の子は13歳から成人とされ律法を守る必要がありました。つまり、13歳になると自分の生贄を捧げる義務が生じるのです。そのため12歳になりますと、親が子へ神殿での作法を教えることになっていました。イエス様の今回の祭りへの参加にはそういう意味もあったのです。過越の祭りにおいて、人々は生贄を献げる為の作業を学びます。けれど、神の御子であるイエス様にとってはそれだけでは不十分でした。なぜなら、その生贄とは、主イエスご自身に他なりません。神からの使命は、ご自身が生贄となる十字架の死と復活に他なりません。つまり少年イエスとしてはヨセフから過ぎ越しの作法を学び、神の御子イエス様は神の宮で御言葉からご自身の使命を学ばれるのです。
 さて、イエス様の言葉の真意をわからないマリアとヨセフ。けれどそれは仕方がないかもしれません。子の成長は久しぶりに会った人のほうが気付いたりします。一緒にいると余りにも当たり前なので、その変化に気付けません。マリアとヨセフにとって、イエス様は神の御子ではなくて、やはり我が子でしかないのです。ですから、彼らにイエス様の真意はわかりません。
 ですから、私たちがマリアから学ぶのは、彼女がわからないままに、心に留めたということです。彼女の身に起きたことはどれも常識では考えられないことです。自分の知識では理解できないことです。けれど、彼女にはこのことが神の手によるということだけはわかっていた。そして神は自分の人生に無意味なことはなさらないとも。だから彼女はことを委ねて従うのです。目の前の出来事を無理にわかろうとするのではなく、そのままを心に留めるのです。そうすることで、彼女は神の導きに対する平安を得ることができたのです。
 わからないことは意味のないことでも、恥ずべきことでもありません。わからないということを認められないことが問題なのです。わからないから、忘れてしまえではありません。イエス様の十字架と復活を経験し、マリアの目が開かれたように、私たちにもわかるときがやって来る。ですから、私たちはそれを心に留めておく必要があるのです。ですから、私たちは、主に信頼して、疑わず、目の前のこと、今日の出来事に心を留めたいと思います。この出来事の幸いを数えるその時まで、心に納めて、思い巡らせていきたいと思うのです。

コメント

非公開コメント