FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

200826 Ⅱ列王記22:1-20 「驕ることなく」

200826 Ⅱ列王記22:1-20 「驕ることなく」

 8歳で王となり、31年間南ユダ王国を治めたヨシヤ王は、もっとも主の目に適った王の一人として名を残しています。彼は偶像や祭壇を次々と焼き尽くして、国中から偶像を根絶やしにしました。さらには過ぎ越しのいけにえを再開し、神との契約を更新もしました。これまでの王たちでもヨシヤほど徹底的に主に立ち返った王は他におりません。
 今日の箇所では宮の修理と、律法の書の発見、そして続く23章からは徹底的な偶像の根絶の様子が記されて行きます。しかし、面白いことにⅡ歴代誌34章を見ると、それ以前から、ヨシヤの改革はすでに始まっていたことがわかります。
 彼の治世第8年(16歳)にはっきりと先祖ダビデの神に求め始め、第12年(20歳)の時、ユダとエルサレムをきよめ始めて、高き所、アシェラ像、刻んだ像、鋳物の像を除いた。とあります(歴代第二34:1~3)。
 彼の改革はすでに始まっていたのです。目指すは神礼拝の復活。神殿はあれど、偶像に満ち、本来の礼拝はあって無きがごときでした。ヨシヤは宮を修理し、偶像を取り除き、礼拝再開に向けて着々と改革を進めて参ります。民は若い王の改革に、期待し、賛同し、宮の修理のための献金も喜んで捧げました。皆がヨシヤ王の政治に感心したのです。すると、その宮修理の最中に律法の書が発見される。それはまさに画竜点睛のごとき出来事でした。神礼拝に必要な最後の1ピース。神の御言葉が見つかるのです。
 よほどヨシヤは喜んだことではなかったでしょうか。ところが、神の律法を聞いたヨシヤは、自分の衣を引き裂いたとあります。律法に照らされて、ユダの罪の深さを思い知ったのです。神の怒りと悲しみを聞いたのです。そして己の信仰の至らなさに愕然としたのです。彼は良い王様でした。幼くしてユダの王となり、着々と神殿の回復に着手します。自他共に認める信仰者でした。けれど、そんな彼が主の律法を前に自らを丸裸にされるのです。神に仕える。神に従う。ということすら、その心の奥底を徹底的に主の前に晒されるとき、私たちは果たして自らの振る舞いを誇り、胸を張ることができるでしょうか。ヨシヤは自分の振る舞いに自信を持っていたことではないでしょうか。自分はよくやっている。自分は神の目に適っている。事実、彼の改革を皆が褒め称え、その指導に喜んで従って来たのです。けれど、律法は彼の高ぶりを見逃しません。神に仇成すユダヤの現実を晒します。彼は神の怒りの声を聞いて心の底から恐れたのです。王として彼は全ユダヤの罪を背負っているのです。彼は王としての面子も捨てて、衣を引き裂いて泣き崩れます。しかし、このことが、改革に向かう揺るぎない心の源となったのです。徹底的な明け渡し。自らの内には主の前に誇れるものは一つも無い。その遜りこそが出発点です。神の御言葉は、彼の着飾った衣を全て剥がしたのです。
 恥も外聞もなく、主の前に涙するということは誰もができることではありません。年を重ねるにつれ、経験を積むにつれ、私たちは本心を隠し、意固地になっていきます。けれど、私たちはそのプライドを捨てると言うことが必要なのです。

コメント

非公開コメント