FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

2015/08/16 マルコ15:42-47 「あなたにもある主の備え」 文書伝道デー 岩本信一兄(いのちのことば社副会長)

マルコ15:42-47 「あなたにもある主の備え」

 この聖書箇所は、イエス様の十字架の場面です。イエスの弟子になっていましたが、そのことを隠していたアリマタヤのヨセフ。この時、彼はイエス様の十字架のそばにいました。そして、午後の3時頃、イエス様が息を引き取られたことを確認し、「今、自分が動くべき立場にある」と気付いたのです。そして、勇気を出して総督ピラトの所に行き、イエス様の亡骸の引取りを申し出ました。許可を得た彼は、亡骸を包むための亜麻布を買い求め、ゴルゴダの丘に戻ります。そして、十字架の上に釘付けのまま放置されていた、イエス様の亡骸を取り降ろしたのです。そして、イエス様の亡骸を、亜麻布で包み、日が暮れるまでのあわただしい時間の中で、新しい横穴式の墓にイエス様を葬りました。罪人として、十字架にかかられて、死なれたイエス様が、通常ありえない形で、その亡骸が引き取られ、きちんと葬られ、埋葬されたことには大きな意味がありました。このことのためにイエス様はアリマタヤのヨセフを弟子として選ばれていたと言ってよいと思います。彼はこの時“勇気”が与えられ、自分の“使命が明らかにされ”、“大胆な行動を起こした”のです。そして、主の御体を手厚く葬ると言う“役割を果たしきった”のです。
 アリマタヤのヨセフは金持ちでした。財力も主の備えです。彼は有力な議員でした。だからこそ、総督ピラトに謁見ができ、イエス様の亡骸の引き渡しの許可を得られたのです。社会的な立場も主の備えです。アリマタヤのヨセフはイエスの弟子でしたがそのことを隠していました。弟子であることを隠すことは疑問が残ります。しかし、恐れる心、勇気がわかないことも、この場合は主の御手の中で用いられて、事が最善に進められたと言えるでしょう。
 皆さんは何らかの財産や立場、経験、趣味を持っているのではないでしょうか? それは神様があなたに託していることかもしれません。アリマタヤのヨセフはその信仰を隠していましたが、あの十字架のぎりぎりの場面で、約3時間のなかで、勇気を出し、自分の立場を最大限利用し、自分の持っているものを差し出したのです。同じように、神様は1人の人の小さな信仰の行動を祝福し、福音の業を前進させてくださると思うのです。神様は、私たちが伝道する勇気もって、信仰をもって行動すること、挑戦することを待っていて、大きな計画、素晴らしい計画を用意しておられると思います。
 主を証しし、伝道する方法のひとつとして「文書伝道」があります。この「文書伝道」のコツは、あきらめずにお渡しすることです。時が良くても、悪くても、渡しておけば、備えておけば、後は聖霊の神様がその文書を用いてくださるのです。あきらめずに、勇気をもって皆様の周りのまだ主を知らない方へ福音文書を渡していただき、「文書伝道」に取り組んでいただきたいと思います。

コメント

非公開コメント