FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

200909 ルカ22:39-53 「オリーブ山での祈り」

ルカ22:39-53 「オリーブ山での祈り」

 十字架にかかられる前夜であり、捕らえられるその夜です。イエス様は祈るためにオリーブ山のゲツセマネの園にやって来ました。「いつものように」「いつもの場所に」とありますから、ここはイエス様にとって、お気に入りの祈祷場であったようです。けれど、この日の祈りはいつもの祈りとは違っていました。
 「誘惑に陥らないように祈っていなさい。」と弟子たちに命じられたイエス様は、そこからさらに石を投げて届くほどの距離に一人行かれて、ひざまずいて祈られます。「父よ、みこころなら、この杯をわたしから取り去ってください。しかし、わたしの願いではなく、みこころがなりますように。」いつになく重々しい祈り。記録があるということは、この辺りまで、弟子たちもきちんと聞いていたということです。けれど、段々と眠りについてしまったのです。少し弟子の肩を持ちますと、その日は過ぎ越しの食事の日でした。過ぎ越しの食事は夜中の食事。日中準備に追われた彼らは、夜中に食事をし、いつも以上にイエス様の教えに耳を傾け、その後、夜明けを待たずしてこのゲツセマネにやって来て祈りに着いたのです。弟子たちは疲労困憊で、寝不足で、満腹で。眠る要素は全て整っておりました。
 イエス様の祈りの様子は、それは尋常ではありませんでした。「イエスは苦しみもだえて、いよいよ切に祈られた。汗が血のしずくのように地に落ちた。」とあります。神の御子が人類の罪のために死ぬということは、それほどのことなのです。それは三位一体の神が、その交わりから断たれることを意味するのです。弟子たちはその祈りを耳にしていました。きっとイエス様の祈りに緊張したと思うのです。支えなければ、と決意したと思うのです。マタイ26:43には「弟子たちは眠っていた。まぶたが重くなっていたのである。」とあります。必死に眠るまいと戦っているんだけど、どうしてもまぶたの重さを跳ね除けられないでいる。そういうニュアンスの言葉です。夜中の試験勉強をしていると、いつの間にか意識が途切れて朝を迎えている。そういう経験が皆さんもあるかと思います。私も経験があります。どれだけ決意しようとも、肉体の疲れはいとも簡単に意識を奪うのです。彼らは朦朧とした中で己の弱さに悲しみ、悲しみながら眠り果ててしまったのです。ルカでは省略されてますが、そんなことが全部で3度あったのです。
 しかし、彼らの悲しみ以上の悲しみがイエス様にはありました。ほんとにがっかりだったと思います。イエス様は前もって命じられました。「誘惑に陥らないように祈っていなさい。」けれど、弟子たちが祈っていたら何か変わっていたのでしょうか。この後、ユダに先導されてローマの兵たちがやって来てイエス様を連行いたします。裁判にかけられ、拷問を受け、十字架にかけられる。もうここからノンストップです。もしも弟子たちが祈っていたら、これらの出来事が変わっていたのでしょうか。そんなことはないでしょう。これは天の父の御心でもあるのです。決して弟子たちの祈り云々で神のご計画が変わるわけではありません。けれど、それでもイエス様は弟子たちに祈っていなさいとおっしゃいました。祈って結果がどうなるかではなくて、祈ること自体をイエス様は望まれた。祈って欲しいと頼まれたということでしょう。イエス様は結果を変えたかったのではありません。誤解を恐れずに言えば、イエス様はこの究極の試練を前に、弟子たちの存在によって強められたかったのです。
 祈っても病気が進み、やがては死んでいく現実に、私は一時、癒しのために祈ってはいけないのではないかと考えたことがあります。下手に癒やしを祈れば、そうならない時、神への躓きになるのではと思いました。けれど、私自身が手術を受けるとき、友人によって祈られた経験をしました。別にそれがどうということではありません。手術は医師の手によるものですし、彼らの祈りが結果を左右することではありません。けれど一方で、祈られると言うことがどれほど力強いことか。どれほどの支えとなるかを経験したのです。手術に対する不安や恐怖は取り除かれていくのを実感しました。不安が消えていく経験でした。祈りを通して聖霊が働かれるのです。
 あまりの状況に、何をして良いのかわからないことがあります。何もできないことを悔しくおもうことがあります。けれど、祈った結果は、私たちの責任ではありません。その祈りの答えは神が持っておられます。ですから、私たちが責任を負うのは結果にではなくて、過程にです。今祈ること自体にあるのです。

コメント

非公開コメント