FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

2015/08/23 ペテロの手紙第一3:9 「悪をもって悪に報いず」

ペテロの手紙第一3:9 「悪をもって悪に報いず」

 この箇所の背景には、人はそもそも悪をもって悪に報い、侮辱をもって侮辱に報いる性質があるということです。誰かから悪意を向けられます。すると、そこには負の感情が生まれます。悔しい。悲しい。腹立たしい。そういった思いが心に蓄積されていきます。イライラします。不安になります。すっきりするためには心の中のそういった思いを吐き出す必要があります。そこで、相手に同じように仕返すわけです。
 けれど、時にはそれが出来ない場合があります。相手が自分よりも明らかに力がある場合、私たちは直接相手にし返すことが出来ません。するとどうでしょう。私たちは今度は自分よりも弱い存在を捜して、そこにこの負の感情をぶつけるのです。そうしないではいられない。なぜなら、どこかで吐き出さないと、自分自身がその感情に押しつぶされてしまうからです。
 しかしです。悪をもって悪に報いることには、終わりがありません。誰もが悪に悪で報います。やられたらやりかえす。もしくは別の者をはけ口とする。そんなことはないと言われるでしょうか。でも、例えばです。自分に向けられた悪意は我慢出来たとしても、自分の大切な人に悪意が向けられた場合、私たちはそれを我慢できるでしょうか。自分の息子や娘が、親が、誰かの腹いせに傷つけられたとしたら、どうでしょう。やっぱり、相手に対して同じ目に合わせてやりたいと思うのではないでしょうか。それはある意味当たり前の感情です。しかし、そういう当たり前の感情の積み重ねが、現代の終わらない争いの原因となっているのではないでしょうか。
 誰かがこの負の連鎖を止める必要があります。そして聖書は、あなたがたがそれをしなさい。と言うのです。クリスチャンがそうしなさいと。クリスチャンっていうのは、神様からとんでもない期待をされているんですね。しかしです。それは何と不可能なことではないでしょうか。クリスチャンとなれば、他人の悪意を受け止めることができるのでしょうか。誰かを恨まずに生きられるのでしょうか。いやいや、私たちは、イエス様を信じて、イエス様の救いをいただいて、しかし尚、自らの弱さに嘆き、同じ罪を繰り返す者に過ぎないのではないでしょうか。ですから、クリスチャンが何か特別の存在だから、人々の悪意を引き受けるようにと言われているのではありません。そうではない。私たちが悪意ではなくて、祝福の連鎖の中に入れられたから、祝福を返しなさいと言われるのです。
 「あなたがたは祝福を受け継ぐために召されたのだからです。」とあります。受け継ぐためとは、私発信の祝福ではないということです。私たちはできませんが、ただ一人、悪意を引き受けられた方がおられました。イエス様です。「キリストは罪を犯したことがなく、その口に何の偽りも見いだされませんでした。ののしられても、ののしり返さず、苦しめられても、おどすことをせず、正しくさばかれる方にお任せになりました。」(第1ペテロ2:22-23)まさに、このお方こそ、「悪をもって悪に報いず、侮辱をもって侮辱に報いず、かえって祝福を与え」られる方でした。イエス様はあの十字架上で、誰よりも大きな孤独と悲しみと痛みと経験されました。イエス様は父なる神にすら捨てられました。それでもイエス様は祈られます。「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。」私たちは、この祝福を受け継いだのです。
 ですから私たちは、悪意や侮辱の中で、主イエスの痛みや悲しみに出会うのです。私たちに向けられた悪意、敵意、痛み、悲しみ、それら一つ一つをリアルに感じ取るほどに、私たちは私たちのために背負われたイエス様の痛み、悲しみを知るのです。人々の呪いの中で、私たちはイエス様の愛に触れていくのです。だからこそ、主は言われるのです。「悪をもって悪に報いず、侮辱をもって侮辱に報いず、かえって祝福を与えなさい。あなたがたは祝福を受け継ぐために召されたのだからです。」


コメント

非公開コメント