FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

201028 エレミヤ31:23-40 「新しい契約」

エレミヤ31:23-40 「新しい契約」

 31章はイスラエルの回復が語られる箇所です。けれど、ここで言うイスラエルは種族的な意味でのイスラエルということを超えて、新しい神の民の回復として記されています。このことは当時の人々には理解できないことでしょう。けれど、私たちはこれをイエス・キリストの到来によって知っています。31節から34節の部分はそのままへブル書にも引用されているほどで、旧約聖書の中心聖句と言っても過言ではない重要な箇所です。
 このところで注目すべきは、神の裁きと救いを契約と言う概念で説明している点です。実は神と人との関係はこの契約という視点を抜きに理解することはできません。この箇所の理解が、旧約と新約の神理解を左右するのです。
 あらゆる契約は守られるという信頼のもとに成り立っています。そうでなければ、商売なんてものは怖くてやってられません。そのときの都合で、白紙にしてもいいということになれば、誰も信用できなくなってしまいます。お互い、契約を守って破らない。そういう信頼関係の中で初めてあらゆる契約は成立するわけです。これは商売にせよ、結婚にせよ同じです。お互いが誓約を守って破らない。そういう信頼関係によって夫婦というものは成り立っています。いつ相手が誓約を破るかわからない。いやもう破られているかもしれない。と、そんな風に夫婦がお互いを思うようであれば、決して相手を信頼することはできません。ですから、契約は守らなければならないものですし、もしそれが破られればそれ相応の罰、担保を取られるとか、懲役が科せられる、といった罰を規定することは当然のことと言えるでしょう。そうでなければ正義が通りません。
 他のあらゆる契約関係と同じように、神と人との関係も、お互いが契約を破らないという信頼関係を前提にして結ばれるものです。シナイ契約の折、民は神に誓いました。「【主】の言われたことはすべて行います。」(出エジプト19:8)それも3度繰り返して誓いました。「主の仰せられたことは、みな行います。」(出エジプト24:3)「【主】の言われたことはすべて行います。聞き従います。」(出エジプト24:7)神はこの民の誓いを信頼されたのです。にも関わらず、彼らは契約を一方的に反故にしてしまいました。ですから、本当は契約違反で罰せられるところです。と言いますか、罰せられなければ、正義が通らないのです。なのに、神は民を罰する代わりに、新しい契約を用意されると言うのです。
 これを聞く民は、国の滅びを見ています。今、彼らは自らの罪の結果を噛みしめている。この痛みの中でようやく己の愚かさに目が開かれるところです。彼らは捕囚の地で信仰を取り戻していくのです。ですから契約は新しくされずとも、更新されればそれで済む話のようにも思えます。また頑張れよ。やり直して行けよ。だからもう一度機会を与えるよ。今まで主はそのようにされてきました。けれど、もはや契約は更新ではなくて、全く新しいものへと結び直されます。なぜなら更新するだけではそれが全うされることは無いことを主はご存知だからです。
 初めの契約は不完全でありました。と言っても契約自体に不備があったのではありません。不備があったのは契約者の素質です。この契約で欠けていた部分は契約の一端を握る民が根本的に不誠実で罪を抱えた存在であったということです。それゆえ、神は古い契約についての贖いの血をイエス様の犠牲よって果たし、新しい契約の成就をイエス様の復活によって確立します。新しい契約は神と民ではなく、神と人となりしイエス様との間で結ばれるのです。だからこそ、この契約に一切の欠けはなく、不備によって再び解除されることはありません。そしてこの契約の効用はイエスを主とする全ての者に適用されるのです。「わたしは、わたしの律法を彼らのただ中に置き、彼らの心にこれを書き記す。わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となる。」とあります。もはやこの契約は律法を行うことによるのではありません。心の内に神の言葉なるキリストを迎える者が神の民となるのです。

コメント

非公開コメント