FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

201115 ルカ5:17-26 「罪を赦すお方」

ルカ5:17-26 「罪を赦すお方」

 イエス様の前に吊り降ろされてきた男性は中風を患っていました。中風とは脳卒中や脳出血による麻痺のことを言います。彼はまだ若い10代の身だったと考えられます。若くして脳卒中を発祥し、その後遺症によって麻痺が残り、身動きが出来ずになっていたのです。どれだけ辛いことでしょう。それでも幸いなことは、この中風の青年には彼を気遣う友たちがいたことです。友人たちは何とかして友をイエス様に診てもらおうと、寝床を担ぎ、イエス様のところにやって来たのです。イエス様のもとに連れて行きさえすれば、きっと癒してもらえると信じていたからです。彼らは人だかりの様子を見ても決して諦めません。屋根に穴を開けて、その屋根から寝床ごと病人を吊り降ろして、遂に友人をイエス様の前へと連れ出すことに成功したのです。
 イエス様は友を救うために、屋根を破るほどの彼らのがむしゃらな様子を見て「友よ、あなたの罪は赦された」と言われました。それは友人たちの信仰を見られたのです。連れられてきた中風の青年の信仰ではありません。そこで、ずっと寝たきりのこの人を想像いたします。脳出血から体の自由を失った彼。始めこそ、命が取られなかったことを神に感謝しますが、闘病生活が長くなると、段々と不平を覚えるようになるものです。なぜ自分だけがこんな病気になったのか。なぜあの人は元気でいるのか。これは当然の感情ではないでしょうか。友が足繁く通って色々と身の回りの世話をしてくれます。汚れた体を拭いてもらい、時には下の世話までしてもらう。本当にありがたい。けれどどこかで、友の優しさに触れる度に我が身の惨めさを感じることではないでしょうか。友人たちが帰れば、もう寝返ることも、流れる涙を拭うことも出来ない。なぜ神は自分の命を取ってくださらないのかと嘆いたことではなかったか。このような考えを持つこと自体間違いだと知りつつも、どうしても口に出てしまう不平不満。彼は自分でもしたくないことをしてしまう自分に、罪悪感を覚えて仕方なかったのではないでしょうか。イエス様はだからこそ彼に必要な言葉をかけられた。「友よ、あなたの罪は赦された。」と宣言されたのです。
 さて、この一部始終を批判的に見ていた人がおりました。パリサイ人や律法の教師たちです。彼らは言います。「神への冒瀆を口にするこの人は、いったい何者だ。神おひとりのほかに、だれが罪を赦すことができるだろうか。」(5:21)これは真理です。確かに神の他は誰も罪を赦すことはできません。もしもイエス様が神で無いのなら、イエス様は彼らの言うとおり神を汚す者です。しかし彼らにとって想定外なことは、イエス様は神だったということです。
 パリサイ人たちは、罪の赦しの宣言と病の癒し、どちらが易しいか。と心の中で考えています。けれど、どちらではない。どちらも、というのがイエス様の考えです。中風の青年が天井から引き下ろされて、否が応でも皆が彼とイエス様に注目したのです。イエス様が何をされるか、固唾を飲んで見ておりました。パリサイ人も律法学者もです。当然、誰もがこの場面、イエス様は癒やしをされると思っていたわけです。ところがイエス様は罪の赦しを宣言される。なんで今、罪の赦し?と、天井から覗いている友人たちも思ったと思うのです。なんでそんなことを言うんだ。何で今神を冒涜するんだ。パリサイ人たちも思ったのです。誰も彼の罪の問題など見ていなかったのです。目に見える病気は心配して、あるいは哀れむけれど、目に見えない罪に対しては気付かないのです。けれど確かに彼の内には解決すべき罪の問題があるのです。
 私たちは病気になればその回復を心から願います。けれど、同じ熱量で、果たして罪からの回復を願っているでしょうか。罪が蝕む心を嘆いているでしょうか。実は私たちには二つの問題が蓄積しているのに、永遠へと続く問題については忘れがちではないでしょうか。イエス様はこれに対して、どちらがではなくて、どちらも大事と言われたのです。
 それにしても、目の前で一人の罪人が救われ、一人の病人が癒やされたのです。なぜパリサイ人や律法学者はそれを共に喜べなかったのかということが問題です。彼らはイエス様のすぐ近くに陣取り、批判精神一杯にことの始終を見ておりました。けれどそのせいで病に苦しむ人がイエス様に近付くことができなくても、彼らは何ら胸の痛みを感じることも無かったのです。罪を赦す権威が神ただお一人のものであるならば、罪を裁く権威も神お一人のものであるはずです。けれど彼らはそのことに気付きません。当たり前の如く、神の権威を借りて、他人を見下して裁くのです。
 私たちは彼らの姿から、信仰とは、たとえイエス様のなさる一部始終を見ていようとも、また理屈としては正しい教理を幾ら頭の中にたたきこんでいても、決してそれだけでは生まれてくるものではないということを知らなくてはいけません。信仰とは自我が打ち砕かれることから始まります。そして信仰とは愛を養うものです。もしそうでないのなら、それは私たちの信仰をもう一度吟味し直す必要があるです。

コメント

非公開コメント