FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

210228 ルカ6:43-49 「心に満ちていることを」

ルカ6:43-49 「心に満ちていることを」

  「良い人は、その心の良い倉から良い物を出し、悪い人は、悪い倉から悪い物を出します。人の口は、心に満ちていることを話すからです。」とイエス様はおっしゃいました。良い物を出す人も、悪い物を出す人も、どちらも心の倉から出しているということです。ここでイエス様が問題にしておられるのは、その口から良い物を出しているか、悪い物を出しているか、ということではありません。倉と言うのは物が蓄えられるところです。ですから、その口から悪い物が出ているなら、それは蓄えられているものが悪いのです。その倉に良い物が蓄えられていれば、必然と良い物が出るのです。ですから、イエス様がこのところで問うておられるのは、心の倉から何を取り出しているかではなくて、心の倉に何を蓄えているかということです。
 イエス様はここでもう一つのたとえ話をされています。家の土台の話です。土台を据えた家は、たとえ洪水が来ようとびくともいたしません。しかし、土台を無視して家を建てれば、洪水が来たときに家はすぐに倒れてしまいます。イエス様は土台を据えるということを、わたしのもとに来て、わたしのことばを聞き、それを行う人だと言っています。一方土台なしの人のことを、聞いても行わない人と言っています。聞いて行う人と、聞いても行わない人。実はこの「聞く」と「行う」の間には、蓄えるということが大事です。どれだけ聞いていても、聞き流しているだけでは、行いには結びつかないのです。聞いたことを心に蓄えることが大事です。
 イエス様の言葉を聞き、イエス様の姿を凝視し、イエス様の言葉と生き方を蓄えている人と、イエス様の言葉をはいはいと言って聞き流し、イエス様の生き方を彼方の出来事として流し見る人。イエス様の言葉と生き方が蓄えられている人は、何があっても、蓄えられたイエス様の姿に倣うことができます。イエス様ならどうしただろう。イエス様は何と言っていただろう。生活のあらゆる場面で、イエス様の影を追うことができます。いつもイエス様を身近に覚え、励まされ、蓄えられた言葉に道を示されて生きることができます。けれど、イエス様の言葉を聞き流し、イエス様の姿を流し見しかしていない人はどうでしょう。そういう人は、あらゆる場面で、イエス様に頼ることができません。当然です。心の倉に、良い物が蓄えられていないからです。無い袖は振れないからです。
 スーパーのお菓子売り場で、よく小さい子どもが駄々をこねる場面を見かけたりします。幾つか原因はありますが、その一番は、語彙力の無さです。小さな子どもはまだ言葉があまり蓄えられていないので、自分の感情を伝える適切な言葉が思い浮かばないのです。だから伝えたいけど伝えられない。わかってもらえない。そのことが歯がゆくて、苛立って、泣き叫ぶのです。同じように、御言葉が蓄えられていなければ、私たちは主の御声に聞けないのです。私たちはどのように主の御声に聞くと思いますか。旧約の預言者たちのように、天からの雷鳴と共に神の御声を聞くのでしょうか。もちろん、それが無いとは言いません。ルターがまさにそうでした。私たちも、もしかしたらそういうことがあるかもしれない。けれど多くの場合はそうではありません。私たちは心に蓄えられた御言葉によって聞くのです。
 46節に「なぜ、あなたがたは、わたしを『主よ、主よ』と呼びながら、わたしの言うことを行わないのですか。」とあります。行いたくとも、行えないのです。イエス様だったらどうされたか、その見本が無いのです。イエス様は何と語られたか、その語録が無いのです。だから「主よ、主よ」と呼ぶことはできても、御声の通りに行えません。洪水の中で土台を築こうとしてもそれでは遅すぎます。土台は洪水が来る前にこそ築かれていなければなりません。その違いは、晴れている内はあまり関係がないかもしれません。祈らなくても、御言葉を蓄えずとも、日々の生活を何と無しに過ごすことはできます。けれど、やがて洪水は押し寄せるのです。ですから大事なのは、今日と言う日常の中で御言葉に聞き蓄えることです。いつ目が見えなくなるかわかりません。いつ手が動かせなくなるかわかりません。けれど御言葉が心に蓄えられているならば、私たちはいつでも御言葉に聞くことができます。いつでもイエス様を思い出せます。私たちは主の御声を天から聞くのではありません。私たちの心の倉からこそ聞くのです。

コメント

非公開コメント