FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

2015/10/25 ヨハネ3:22-30 「あの方は盛んになり」

ヨハネ3:22-30 「あの方は盛んになり」

 イエス様の伝道が盛んになる一方で、いっときの勢いを失っていく集団がありました。バプテスマのヨハネの集団です。原因はなんと、川向うでバプテスマを授けていたイエス様でした。
 私たちもそうだと思いますが、自分たちの手柄が横取りされるってのは、非常に腹立たしい気持ちが致します。ヨハネの弟子たちもイエス様には一目を置いていました。ヨハネ先生が「私にまさる」というんだから、よっぽど凄いに違いない。ところが、その噂のイエス先生は、自分たちと全く同じことを真似し始めるのです。それも目と鼻の先で。弟子たちはヨハネに訴えます。「先生。見てください。ヨルダンの向こう岸であなたといっしょにいて、あなたが証言なさったあの方が、バプテスマを授けておられます。そして、みなあの方のほうへ行きます。」感心しているわけではありません。恩を仇で返すようなイエス様のやり方に不満を感じているのです。ところが、ヨハネの返答は彼らの期待を裏切ります。「あの方は盛んになり私は衰えなければなりません。」
 さて、ヨハネの言葉から学びたいことは、教会は誰のものかということです。
 教会という営みの中にあっても、実はヨハネの弟子たちの思いは、少なからず経験します。それは妬みです。妬みというのは厄介ですね。それは頑張っている人にほど襲いかかってくるのです。人生をいい加減に、過ごしている人はあまり妬みを感じません。それは、私はこんなにも頑張ってるのに…というつぶやきです。なんであの人ばっかり…という苛立ちです。ですから、特にクリスチャンは真面目ですから、皆さんにとってこれはとても身近で厄介な感情ではないでしょうか。
 しかし、ヨハネの姿から思うのは、それは「私」という存在があまりにも中心となってしまっているからではないでしょうか。ヨハネは「あの方は盛んになり私は衰えなければなりません。」と言います。ヨハネという人を見事に言い表した言葉です。彼は徹底して主のために仕えるのです。自分の称賛のために、自分の損得のためにという考え方は彼には一切ありません。彼にとって、主の御心が成るならば自分でなくてもいいのです。なぜなら彼はメシヤでは無いからです。
 私たちの願いは、教会が私たちの教会となることでしょうか。自分にとって理想の、居心地の良い、都合の良い教会となることでしょうか。そうではないでしょう。私たちの願いは、教会がキリストのものとなることです。私たちは教会を私の教会としてはいないでしょうか。ですから、私の理想の教会となるために。私の理想の兄弟姉妹でいるように。と裁いてしまうのではないでしょうか。教会は主イエスのものです。ですから、私たちは主イエスの喜ばれるところを目指していきましょう。

コメント

非公開コメント