FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

2015/12/20 ルカ2:1-7 「飼い葉桶の救い主」

ルカ2:1-7 「飼い葉桶の救い主」

 先週マリヤの讃歌を共に見ました。「主は、御腕をもって力強いわざをなし、心の思いを高ぶっている者を追い散らし、王位から引き降ろされます。」救い主は、絶対的な力を持った王の王でもあるということです。ところが、その王の王たるお方が人知れず家畜小屋で産まれ、飼い葉桶に寝かされます。これはいったいどうしたことでしょうか。
 ことの発端は時の支配者、皇帝アウグストの住民登録をせよとの命令にありました。住民登録(人口調査)とは、ローマ帝国の根幹を成す徴税制度と徴兵制度の下準備となる政策。これによって人々の生活は帝国の歯車へと組み込まれこととなるわけです。皇帝のたった一言が全世界の人々の暮らしを左右する。どれほど商売に成功した者も、堅実に農作業に従事しているものも、世の尊敬を集める教師たちでも、誰もこの命令に逆らうことはできません。それほど皇帝は人々に対して絶対的権力を持っていたのです。
 そしてもちろん、この命令はたとえ妊娠中の者であろうとも例外ではありません。この勅令のゆえに、ヨセフとマリヤはまだ身重だというのに、遠くベツレヘムの町へと旅しなければならなかったのです。長旅はマリヤにはさぞかしきつかったことでしょう。そして、ようやく辿り着いた町も泊まるところがなく、マリヤとヨセフは家畜小屋に落ち着くしかなかったのです。ごったがえす町中で登録の順番を待つ日々。しかし、それより早く月が満ち、マリヤは男子の初子を産むこととなるのです。家畜小屋とは聞こえは良いですが、 ようは臭く汚い家畜の寝床です。そして飼い葉桶とは、牛や馬が、むしゃむしゃとよだれをいっぱいに垂らしながら、顔を突っ込んで食べるその餌入れのことです。その餌入れが家畜小屋の中を見渡して一番ましな寝床であったのです。糞まみれの地面よりはましと思って、乳飲み子は飼い葉おけに寝かされます。御使いガブリエルは、マリヤに言いました。「その子はすぐれた者となり、いと高き子と呼ばれます。また、神である主は彼にその父ダビデの王位をお与になります。彼はとこしえにヤコブの家を治め、その国は終わることはありません。」しかし現実はどうでしょう。およそ相応しくない場所で、王の王と呼ばれる幼子イエスは生まれたのです。この時、ローマの皇帝は多くの衛兵に守られ、ふかふかのベッドで眠りについていたことでしょう。しかし、ここにこそ、主イエスの愛の姿が目に見える形で現されているのです。
 もしキリストが、皇帝のような待遇で生まれていたなら、いったい誰が、このキリストによって救われるでしょう。少なくとも罪人は主イエスに出会うことすら叶わずに、生涯を終えたことでしょう。主イエスが汚れたその所に産まれた。だからこそ、この方は罪人たちの救いとなり得るのです。キリストは一切の栄光を捨てて、人となってお生まれになりました。神が人となってこの世に来られた。これこそがクリスマスのメッセージに他なりません。
 皇帝は目に見える栄光です。この世の最高の名誉であり、富です。しかし、そのような皇帝ですら、主イエスの栄光には遠く及びません。見た目には貧しくて、痛々しい赤ん坊の誕生ですけれども、実は、私たちが膝をかがめて礼拝すべきはこの飼い葉桶のイエス様であります。この方は私たちの救いとなるために、栄光を捨ててくださった方だからです。聖書の救い主は命令一つで人々の生活や命を操る皇帝のような者ではありません。私たちの罪のために命を投げ出され、私たちの弱さに寄添われる方です。私たちの救い主が仕える者の姿をとられた主イエスであることを感謝いたしましょう。

コメント

非公開コメント