FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

160124 ヨハネ4:39-42 「一粒の種が蒔かれて」

ヨハネ4:39-42 「一粒の種が蒔かれて」

 ステパノの死を契機に、キリスト者は世界各地へと散らされていきます。最初に福音が広まったのはサマリヤの地でした。弟子の一人ピリポがサマリヤに入り、キリストを宣べ伝えます。すると、その町で大きな喜びが起こったのです。サマリヤ人はご存知の通り、ユダヤ人と敵対し、決して相容れることのない人々でした。普通だったら、ユダヤ人の言うことなど誰も見向きもしません。ところが、この時の町の反応は驚くべきものでした。皆がピリポの言葉に耳を傾けたのです。この事態に、エルサレムにいた使徒たちは驚いて、ペテロとヨハネを彼らのもとに遣わします。すると、確かに人々は主イエスを信じてバプテスマを受けていたのです。
 さて、このとき遣わされたヨハネこそが、後のヨハネの福音書の著者でありました。にわかには信じ難いサマリヤの光景を目にしながら、しかしヨハネはイエス様の言葉を思い出したことでしょう。「ひとりが種を蒔き、ほかの者が刈り取る。』ということわざは、本当なのです。」そして、その時に主イエスを受け入れて、まったくに変えられた一人の女性をです。今のこの信じ難い勝利の光景は、イエス様があの一人の女性に声を掛けられたことから始まったのだと思いが至るのです。
 さて、今日の箇所ですけれども、注目すべきはサマリヤの女性の変化です。それまでの彼女は人目を避ける毎日でした。人々は彼女を軽蔑し、笑い物とし、無視し続けました。そのような扱いを受けるだけの罪深さが彼女にはありました。ところが、イエス様と出会って、自らの渇きと向き合い、神の知恵と力に触れた彼女は、あれほど恐れていた町の中に入り、堂々と主イエスを証しするようになるのです。「あの方は、私がしたこと全部を私に言った。」というのはサマリヤ人が待ち望んでいた、モーセのような預言者。神が命じることを余すことなく告げ知らせてくれる預言者だと言っているのです。そして、この彼女の証言によって、人々はイエス様を信じたと言うのです。
 しかし、考えて見ますと、彼女のことを軽蔑し、見下していた人々が、そう簡単に彼女の言葉に耳を傾けるものなのでしょうか。普通はあり得ません。けれど、そのあり得ないことが起きた。つまり、よっぽど彼女の言葉に否定できない何かを見出したのです。それはつまり言葉だけではない。彼女のその変わりように、その熱心さに、必死さに、人々は無視できないものを感じ取ったのです。これまで人目を避けて生きてきた彼女が、どのような扱いを受けるかも省みずに、町中に姿を現し、大声を上げて叫んでいる。「あの預言者が来られた!」と。だからこそ、人々はこの女性の言葉の中に真実を見たのです。2日間。イエス様はサマリヤの町でご自身について証しされました。人々は、ここで改めてイエス様と出会います。そして、このお方は単なる預言者ではなくてまことに世の救い主であると、自ら告白するに至るのです。
 このような背景があって、サマリヤ宣教は大いなる刈り取りをすることとなるのです。主のご計画の壮大さを思います。そして、そのような壮大なご計画も、全てはたった一粒の種から生じることの不思議を思います。主はサマリヤ郊外の井戸で一人の女性と出会いました。この出会いがどれほど大きな意味を持っていたか。そして、それはそのまま、私たちと主との出会いについても言えるのです。主は私たちの人生にも驚くべきご計画を持っておられるのです。

コメント

非公開コメント