FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

160522 ヨハネ6:1-15 「主に不可能はない」

ヨハネ6:1-15 「主に不可能はない」

 山に登られ、そこからご自身のもとにやって来る大勢の人の群れをご覧になられて、イエス様はピリポに言います。「どこからパンを買ってきて、この人々に食べさせようか。」
 けれどです。6節の後半には「イエスは、ご自分では、しようとしていることを知っておられたからである。」とあります。ピリポがどう答えようと、イエス様のしようとしていることは決まっているのです。ならばなぜイエス様はこのようなことを尋ねるのでしょう。それはイエス様がピリポ(すなわち弟子たち)を試して言われたのでした。
 他の福音書では、彼らはイエス様に群衆の解散を進言しています。もう日が暮れて来てのことです。そのまま放置しては暴動が起きる危険すらあったでしょう。ピリポはイエス様に言います。「めいめいが少しずつ取るにしても、二百デナリのパンでは足りません。」アンデレが付け加えます。「ここに少年が大麦のパンを五つと小さい魚を二匹持っています。しかし、こんなに大ぜいの人々では、それが何になりましょう。」彼らの言うことはもっともです。根拠のある、とても常識ある意見です。
 ところが、イエス様の用意されていた結論は、彼らの常識を遥かに超えていました。「イエスはパンを取り、感謝をささげてから、すわっている人々に分けてやられた」のです。
 私たちの常識でこの奇跡の記事を理解することは出来ません。私たちはいつも常識という心の枠に捕らわれています。こんなちょっとの食べ物なんてどうしようもならない。たった5つのパンと2匹の魚なんてあっても意味が無い。目の前の問題はあまりにも大きすぎて私には何もすることができない。…これが私たちの常識です。しかし実際はと言うと、私たちの常識を遥かに超えた主の御手が働かれたのです。主が祝福すると、何の価値も見出せなかったそのパンと魚が、5千人の人々を満足させる食物へと変えられたのです。
 実は、これはヨハネには記されませんが、この5千人給食の出来事の前に、イエス様が弟子たちを各村に遣わされた事が記されています。そこで弟子たちはイエス様に代わって福音を宣べ伝え、病人を癒し、汚れた霊を追い出しました。そして、彼らは自分たちの力を誇ったのです。そこでイエス様は弟子たちを試された。つまり、イエス様はこの5千人給食の出来事を通して、それは人には不可能なこと。弟子たちの手に負えないこと。自分たちを用いてくださるのは主に他ならないということを教えようとされたのではないでしょうか。
 この5千人給食の出来事は、弟子たちに、自分の働きではない。主が働かれることこそが解決であることを強烈に教えたのです。いえ、当時はそこまではっきりとしていなかったかもしれません。けれど、この後、彼らはイエス様の十字架と復活、そして昇天を経験し、イエス様から託された福音を携えて出て行きます。もちろん、その働きは簡単にはいきません。多くの困難に直面し、失敗にも思える出来事を経験いたします。そんな彼らが、この5千人給食の出来事に支えられるのです。この働きは私の力によるのではないこと。主の働きは、主が責任を取ってくださること。だから、恐れないで精一杯に、主に仕えることができたのです。これは私たちにも言えることです。主の働きは主にこそ解決がある。私たちの内にはありません。ここを間違えないようにしたいものです。

コメント

非公開コメント