FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝と祈祷会のメッセージを要約したものです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

160803 へブル12:18-29 「揺り動かされない御国」

へブル12:18-29 「揺り動かされない御国」

 18節から21節はシナイ山で十戒が与えられる時、つまり神との初めの契約が結ばれる時の様子が記されています。22節から24節には新しい契約によってもたらされる景色がここには記されています。ですから、ここには2つの契約によって見える景色がしるされているわけです。その上でへブル書は警告を与えます。「語っておられる方を拒まないように注意しなさい。」「・・・まして天から語っておられる方に背を向ける私たちが、処罰を免れることができないのは当然ではありませんか。」大事なのは、私たちはすでに聞いている。新しい契約の中に入れられている者だと言うことです。すでに古い契約に遥かに勝る新しい契約が結ばれたのです。
 26節から27節で、全てが振るいにかけられるその時が来るとヘブル書は記します。それは以前のものとは比較にならない徹底したものです。けれど、私たちはもはや新しい契約の中にいる。ですからその時は私たちにとって単なる恐怖ではなく、希望の時となるのです。律法によっては罪の意識が明らかになります。けれど、十字架は罪の清算をもたらしました。ですから律法は神への服従を要求しますが、十字架は神への感謝をもたらすのです。
 イエス様の十字架の贖いのゆえに、私たちは来るべき審判を免れている。私たちはもっともっとこのことに目を留め、感謝すべきではないでしょうか。時に、私たちは日々の出来事で頭がいっぱいです。遠い未来のことよりも、今晩のおかずの方が心配です。知り合いの何気ない一言に傷付き、明日の準備に追われる毎日です。目まぐるしく移り変わる毎日に、ため息ばかりが口に出る私たちです。しかし、だからこそ、私たちは天の御国に心を向けるべきではないでしょうか。そこには変わらない、揺らぐことのない希望があるからです。もちろん日常を疎かにせよということではありません。しかし、そこだけを見ていては、もっと大事なものを見失ってしまうことがあります。神さまのご計画の全てを、私たちは知ることはできませんから、その時、その時は「なぜ?」と思うことの方が多いです。そんな時、そこだけを切り取って見ていても、私たちに平安はありません。もっと高い視点が大事です。日常に振り回されない、確かな恵みに目を留めるべきです。
 長距離を車で移動していますと、子どもたちが言います。何で太陽は僕達に付いて来るの?どれだけ走っても動かない太陽に、子どもたちは不思議がります。あれは太陽があまりに高いところにあるので、動いていないように見えるんですね。天の御国の希望も同じようです。どこに行ってもその希望は変わらずに注がれている。それは天高くある希望だからです。それは決して揺らぐことのない希望です。どんな状況にあろうとも変わることのない光です。目の前のことに一喜一憂する私たちだからこそ、変わることのない希望に目を向けるべきです。感謝するべきなのです。

コメント

非公開コメント