FC2ブログ
プロフィール

Author:yasukomi
埼玉県狭山市にあるいのちの樹教会の牧師です。
このブログは毎週の礼拝メッセージを要約したものです。

訪問者
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

200311 Ⅰペテロ5 「サタンの思惑」

Ⅰペテロ5 「サタンの思惑」

 ペテロはこの手紙で従順であることを勧め、また悪に報いず善に熱心であることを勧めます。そして4章の終わりでその理由を明らかにしますが、それは、さばきが神の家から始まる時が来ているからだと言うのです。そして「そこで」と切り出しまして、この5章の冒頭、ペテロの勧めが記されるのです。
 長老たちに対しては心を込めて羊の群れを牧するように、群れの模範となるようにと勧めます。若い人たちには長老たちに従うようにと勧めます。そしてそれは若い人だけでなく、長老も若い人も皆が謙遜を身に着けるようにとです。つまり、苦難の時だからこそ教会は一致しなければならない。そして、一致は謙遜と従順によって生れると教えるのです。苦難の中で私たちは仲違いしている場合ではないのです。誰が偉い偉くないと競い合っている場合ではないのです。教会の権威は主ご自身です。長老はまずこの権威に従う。そして若い人は主が選ばれた長老に謙遜に従う。これは教会に与えられた秩序です。そして苦難の時を乗り切るための大切な手段なのです。
 なぜなら、この苦難を用いてサタンが狙っているのは教会の分裂に他ならないからです。教会の交わりが競い合って、互いを邪魔者扱いとし、互いに疑心暗鬼となり、互いをさばき合い、キリストの威を借りた自分教を創める。これこそがサタンの思惑です。
 ペテロはローマでのキリスト者に対する不穏な空気を感じ取りながらこの手紙をしたためています。ローマのクリスチャンは公には信仰を隠して、イクソスという魚の形を模したギリシャ文字を身に着けて互いの信仰を確認し合っていたのです。クリスチャン狩りがなされて、信仰者とわかると連行され、コロッセウムで見せしめのライオンが放たれたり、火炙りにされたり、十字架に架けられたりしたのです。そんな殉教者たちの姿を見送るしかできない不甲斐なさを感じながら、しかし、それでもこれ以上迫害が広まりローマ帝国全体に及ぶことの無いようにと危惧しながら、残された者たちが早まった行動に出ないように自制をかけながら、ペテロは困難な現実の背後に霊的な戦いがあることを語るのです。
 「やがて来る栄光にあずかる者として」と自信を紹介するペテロです。終末を意識するペテロの信仰が見て取れます。この「やがて来る栄光に」信頼を置くことが大事です。私たちは目の前の困難にばかり目を留めます。けれど、困難を解決することに焦るあまり、より大切なことを見失っては元も子もありません。迫害を回避したいだけであれば信仰を捨てればいいのです。夫婦関係のいざこざを回避したければ離婚すればいい。親子関係でストレスがあれば親子の縁を切ればいい。問題の解決は至って簡単です。けれど、それは目に見える問題に限ります。その背後にあるサタンは、むしろ安易な解決に走ることに、ほくそ笑んでいるのです。
 「あらゆる恵みに満ちた神、すなわち、あなたがたをキリストにあって永遠の栄光の中に招き入れてくださった神ご自身が、あなたがたをしばらくの苦しみの後で回復させ、堅く立たせ、強くし、不動の者としてくださいます。」(5:10)
 サタンの存在を意識することは同時に神の存在を意識するということです。霊的戦いの結末は神の圧倒的な勝利に終わることを私たちは聞いています。私たちの苦難は永遠の栄光に至るのです。「この恵みの中にしっかりと立っていなさい。」と言ってペテロはこの勧めを閉じます。苦難の渦中にいるペテロが恵みの中にしっかりと立っていなさいと語る。これは彼自身の経験から出るところなのです。ペテロ自身、逃げ出したくなるような、倒れてしまいそうな経験を通ってきたのです。そんな彼が頼りとしたものが永遠の栄光の約束でした。見えない神への信頼でした。私たちがどのような苦難の中でも主を信頼して過ごすなら、これ以上にサタンの思惑を砕くことはありません。サタンの思惑は、私たちが信仰の道から脱落することです。ですから安易に道を外れるのではなくて、耐え忍ぶことが勧められているのです。苦難の道は十字架の道です。私たちはこの道の行き着く先を知っています。苦難の中にあって尚、勝利を見失うことのない信仰者の歩みとは何と幸いなことでしょう。

200308 ハイデルベルク信仰問答 問122

詩篇115:1 「み名をあがめさせたまえ」

 「天におられる父なる神よ」という呼びかけに続いて、いよいよ祈りの部分が始まります。前半に3つ。後半に3つ。それぞれ、父なる神についての祈りと祈る私たちのための祈りです。この両方の祈りがバランスよくあることが大事です。イエス様はこのどちらも祈りなさいと言っておられます。考えてみますと、私たちは常日頃祈るときに、後者の祈りが多いのではないのかと思います。「こうして下さい」「ああして下さい」と自らの必要を祈ることが常でないかと思います。確かに、何を祈っても良いのです。父なる神様は、子を愛しく思い、心配し、最善をなしてくださるお方です。私たちが思うところを祈ることを喜んでおられます。しかし、イエス様はその前に祈ることがあると言っておられる。それが、この前半の3つの祈り。「御名をあがめさせたまえ」「御国を来らせたまえ」「御心が天になるごとく、地にもなさせたまえ」です。
 ハイデルベルク信仰問答は「み名をあがめさせたまえ」という願いに2つの意味が含まれていることを指摘しています。一つは、私たちが主の御名を正しくあがめ賛美できるようにということ。そしてもう一つは、私たちを通して主の御名があがめられ賛美されるようにということです。
 祈りにおいて、私たちがまず主の御名をあがめることが大切です。あがめるとは、もともと「聖とする」という意味の言葉です。そして「聖」とは「分離する」とか「切り離す」という意味の言葉です。旧約の時代、祭司は羊の群れの中から傷のない一番立派な子羊を取り出し、神にささげました。神に相応しくないものを切り離して、特別な相応しいものだけを選び取る。これが「聖」とするということ。ですから「神の御名を聖とする」とは、神様を他のあらゆるもの、相応しくないものから区別し、この方こそ特別の存在であることを認めて、褒め称えるということ。すなわち「父なる神様。あなただけがこの世界で唯お一人の神であられますように」という祈りです。
 なぜ、このように祈るのかと言いますと、そこには、神の御名が聖とされていない、つまり神の存在が特別ではない現実があるからです。この世の中には神々が氾濫しています。人の数だけ神がいると言っても過言ではありません。自分が望む神。自分に都合が良い神を皆が抱いています。そんな中にあって、人々はこの真の神の特別さを理解することが出来ないでいるのです。この真の神はオリジナルの神です。「わたしはある」と言われた、他者に依存しない唯一の神です。神によって作られた人間は本能的に神との関係を求めますが、人間は罪のゆえに神から引き離されたために、真の神を崇めることができません。それゆえ、人々は好き勝手に神のコピーを思い描き、間違った礼拝を捧げるのです。人が真の神を崇めるためには、神がご自身を明らかにして下さらない限り不可能です。ですから「御名をあがめさせたまえ」です。「私にご自身を明らかにして下さった父なる神様、どうぞあなたが全てのものを創造された唯一真の神であることを人々にも知らせ、皆があなたの尊いお名前を褒め讃えるようにさせて下さい」。この祈りは神のご栄光を讃えると共に、未だ神を知らない人々を覚えてのとりなしの祈りでもあるのです。
 人々が主の御名をあがめて賛美するように。しかしハイデルベルク信仰問答は、この祈りは単なるとりなしには終わらないと言います。この祈りは、神様に丸投げの「どうぞ明日起きたら願いが適っていますように」と言った、責任を委託する祈りではありません。それは具体的な応答の生き方へと私たちを導く祈りです。私たちがもしその行いにおいて不誠実であるなら、人々は私たちを見て、私たちではなくて、神に失望してしまうことでしょう。もしそのようなことになれば、私たちは神の御名を褒め讃えながら、実際には神の御名を汚してしまうことになるのです。ですから、この祈りは「こんなにも不誠実でどうしようもない私ですけれども、どうぞこの土の器をも用いて、主の御名が崇められますように」という決意の祈りでもあるのです。

200304 Ⅰペテロ1:1-12 「変わらないものを見上げて」

Ⅰペテロ1:1-12 「変わらないものを見上げて」

 ペテロの手紙を読みますと、とても厳しい信仰者としての生き方が語られます。信仰者に現実の苦しみに対する忍耐を問うています。私たちはペテロのイメージをもっと楽観的で、もっと単純に思い浮かべることではないでしょうか。ところが、このペテロの手紙からはそのような様子は見られません。慎重で、厳格で、非常に重苦しい印象を受けます。年齢を重ねたということもあるでしょうが、それ以上に、彼が置かれている現状が、彼を変えたと言ってもよいかと思います。
 ローマの大火と呼ばれる事件が起きたのがAD64のことでした。100万人を超える大都市ローマは、建築物の多くが木造で、道幅も狭く、密集していたため瞬く間に火事が広がって行ったと言います。ローマ市14区のうち3分の2にあたる10区に火が燃え広がり、そのうち3区は灰燼に帰し、7区は倒壊した家の残骸をわずかに留める程度だったと言われています。当然、人々はその責任がどこにあるのかと紛糾したのです。そしてその矛先は皇帝ネロに対しても向けられました。ネロはこの大火事の責任を当時ユダヤ教の分派と見なされていたキリスト者に押し付けました。そして、それゆえキリスト者は、ローマ帝国による最初の弾圧を受けることとなって行くのです。
 このペテロの手紙は、ローマの大火が起こる直前のAD63に書かれた手紙だととか、AD64以降の迫害の真っ只中に書かれたと諸説があります。どちらにせよ、この手紙は平和な中で書かれたものではなくて、迫害を意識するようになった、過酷な状況を感じ取る中で書かれた手紙だと言うのです。
 こうした背景を知りますと、ペテロの言葉の重みというものが変わってくるかと思います。ペテロはこの苦難の中で、キリスト者のあるべき姿を語ります。苦難に対して耐え忍ぶべき。悪に倣わず善を行うべき。今の状況に目を向けるのではなくて、天の栄光を見て神に聞き従うべき・・・。とても厳しい教えです。けれど、実はこれを語るペテロ自身がそのような中に置かれていたのです。ローマで起きた迫害は、日本の江戸時代とは異なり、苛烈ではあったけれども局地的なものでした。迫害の中心は小アジアではなくてローマでした。ですから、この手紙は安全なところから迫害の只中にいる同志に向けた、負けるな、頑張れという手紙ではなくて、私たちはこの試練の中で朽ちない恵みを見出しましたから、あなたたちもいずれ来る苦難にあってこれに習ってください。という類の手紙なのです。
 そんなペテロが1:6-7で「そういうわけで、あなたがたは大いに喜んでいます。今しばらくの間、様々な試練の中で悲しまなければならないのですが、試練で試されたあなたがたの信仰は、火で精錬されてもなお朽ちていく金よりも高価であり、イエス・キリストが現れるとき、称賛と栄光と誉れをもたらします。」と言って、現状の苦しみを再定義しています。目に見える困難は、神のご計画の内に別の意味合いを持っているということです。私たちは困難に対してそれが取り去られることを願います。そして取り去られないとき、私たちは現状に絶望しますし、解決をもたらしてくれない神に不満を覚えます。けれど、その困難事態に置かれた神の意志には目を向けようとはいたしません。困難が無くなることよりも、その困難の中で、変わらないもの、失われないものを確かとすることがより大事です。だからこそペテロは困難を解決するようにではなくて、耐え忍ぶようにと言うのです。迫害が起こり、彼らの信仰を大いに振るわれます。信仰を持つことが彼らの日常の不利益になる。けれど、彼らは最後まで信仰を持ち続けます。神の栄光を見出した彼らは、この世の価値観には生きていないのです。
 韓国大邱市の異端の教会で新型コロナウィルスが蔓延したという報道を見ました。異端の教会ということもあり、とても複雑な思いですが、これは一歩間違えれば明日の我が身だと思いました。そして、多くの日本人が教会に向ける目だと思いました。皇帝ネロはキリスト者をローマの大火のスケープゴートにしました。あらゆる集まりに自粛が求められる日本において、礼拝に集う信仰者の群れは格好の非難の的でしょう。けれど、私たちは慌てないようにしたいものです。見えないウィルスに、できる限りの対策は取りつつも、やはり見失ってはいけないものがある。このことによって隣りにいる一人を疑い、切り捨てるようであってはいけないし、神を後回しにする言い訳としてはならないのです。移り変わる状況の中で、私たちは変わらないもの、失われない希望に目を留めていきたい。神を礼拝する民であり続けたいと思います。

200301 ハイデルベルク信仰問答問 問120-121

マタイ7:9-11 「天の父なる神」

 主の祈りは、神への呼びかけから始まります。この祈りは、他の誰でもない、この天の父に向けて祈りますよ。という区別であり、呼びかけをもって祈り始めなさいと命じておられるのです。神さまは唯一のお方なんだから、区別する必要があるのか?と思われるかもしれません。他の神々が並び立つのなら、どの神かと区別する必要があるわけですが、神は唯一なのだから、神さまと一言呼べばそれで良いんじゃないかとです。けれど、そうであっても、私たちがこの神をどのように理解しているかということは、やはり問われてきます。お寺で賽銭を入れて必死に願掛けをします。「受験の神様どうぞ試験に合格しますように。」神さまは唯一で、それ以外の神々は偽物で、実在しないのですから、じゃあこの祈りはまことの神に届けられているとなるでしょうか。それはやっぱりなりません。私たちが別の神々を意識して、その名によって祈るなら、それがどんなに実在しなくても、それはその神々を選び取っているのです。一つのものを選ぶということはその他を選ばないということです。まことの神を選ばない。まことの神に祈らないということです。ですから、イエス様は、正しく認識し、正しく呼びかけて祈ることをまず教えられるのです。
 イエス様は「天にまします我らの父よ。」と呼びかけるよう教えてくださいました。実はこれはとんでもないことです。なぜなら私たちは被造物であって、創造主なる神を、決して「父よ」と軽々しく呼ぶことなどできない存在だからです。私たちは神に創造され、神を裏切った存在です。神に従って生きることを良しとせず、自分の思いのままに生きようとする、罪を持った存在です。それゆえ、神はその聖さのゆえに、私たちを滅ぼされるのです。私たちは神に赦しを請うべき者ではあっても、父よと軽々しく呼べるような者ではありません。それなのに、イエス様はそんな立場を超えた呼びかけで、祈り始めることを勧められます。これはつまり、主イエスの購いの御業のゆえに、私たちの罪は赦され神の子とされる特権に与った、という約束を前提にして、あなたがたは神の子どもとして祈りなさいと教えておられるのです。
 私たちの神が単なる神ではなくて、父なる存在であるということはとても意味のあることです。それは全能の神が裁きの目ではなくて、親しみを込めて私たちと関わって下さるということを意味しているからです。親が子の成長に関心を寄せ、見守るように、父なる神は、私たちに関心を持っておられる。ですから私たちはどのような時も神の最善を期待して祈ることができるのです。時々、祈っても聞かれないと嘆かれる方がおられます。本当に神は実在するのかと。しかし、私たちが祈ったとおりに物事が進むことが、神の存在証明ではありません。子どもが毎日チョコレートばかり欲しがるとしたら、親はその結果どうなるか想像がつきますから、子どもの手の届かないところに隠してしまうでしょう。これは親が子の願いを聞いていないのではありません。子にとってより最善となるように親が判断しているのです。私たちは、祈ったことが聞かれているかどうかと、気にする必要はありません。神は聞かれているからです。神は全てをご存知で、その上で、私たちにとっての最善を成して下さるのです。祈っても祈らなくても結局のところ、神はみこころのとおりをされるのだったら、私たちが祈っても仕方がないのではないかと思われるでしょうか。しかし、そうではありません。確かに親はたとえ子が何も言わなくても子にとっての最善を用意することができます。しかし、だから子が思っていることを何も話さず、ただ黙っていることを望んでいるわけではありません。親は、子が何を考え、何を求めているのか、何を感じているかを聞きたいものです。確かに祈らなくても、神は私たちの最善を知っておられます。しかし、それでも神は私たちの願い思いを、私たちの口から直接聞くことを喜ばれるのです。神は私たちの祈りを待っておられる。そしてその願いに応えたいと思っておられるのです。
 ハイデルベルク信仰問答は、わたしたちの祈りの土台は神に対する子どものような畏れと信頼だと教えています。畏れと信頼。神の前に出ることへの罪人としての本能的畏れ。それはつまり被造物である自分と創造主なる神との正しい距離間、正しい立ち位置を理解すること。そして主イエスの贖いのゆえに神の子とされたことへの信頼を持つこと。これが祈りの前提としてあって、初めて呼びかけることができる「天にいます私たちの父よ。」なのです。ですから私たちは何気なく「天の父なる神さま」と祈りますが、しかし、これは決して当たり前のことではなくて、主イエスの購いによって勝ち取られた特別の権利であるということを理解し、感謝して祈りたいと思うのです。

200226 レビ記24 「同等報復の原則」

レビ記24 「同等報復の原則」

 1~4節 聖所の灯火をともすことについて記されています。質の良い純粋なオリーブ油を持って来るようにと。普通、油は食用でもなければ質を求められません。灯火につかう油は、むしろ粗悪な油であることが多いのです。別に油が粗悪でも、火を灯す用は足すからです。けれど聖所の灯火に用いられる油は最高のものが求められました。そして夕方から朝まで、主の前に絶えず灯火を掲げることが代々守るべき永遠の掟であるとされました。闇を照らす灯りを絶えず掲げよとの教えであります。詩篇119:105には「あなたのみことばは私の足のともしび私の道の光です。」とあります。また、マタイ5:16には「このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせなさい。人々があなたがたの良い行いを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようになるためです。」ともあります。聖所を持たない私たちですが、しかし教会は闇を照らす灯火を掲げる使命を帯びているのです。夜の間中、つまり闇の世において、私たちは世の光となることが求められている。みことばの光を携えて。そして、私たちの良い行いを携えてであります。そのためには使い古した油ではいけません。新しい油を用意しなければなりません。
 5~9節 続けて輪型のパンの捧げ物について記されます。捧げられるパンは安息日毎に新しいものとされました。その数12個。12はもちろん12部族を表しています。イスラエルの民は、安息日毎に自分たちの部族を象徴する新しいパンを捧げたということです。これはつまり、神の民は週ごとに新しいものとされ、主の御前に捧げられるということです。日曜日の礼拝を単なる単なる宗教的ノルマとしてはいけません。それは私たちがみ前に捧げられる出来事です。1週間、色んな心配事が私たちの肩に圧し掛かります。時に御言葉に聞けないことも、祈れないこともあります。神の前に相応しくない己を恥じて、とても顔向けできないこともあります。けれど、私たちは週の初めの礼拝で新しくされ、もう一度主の御前に捧げられるのです。主の御前に受け入れられ、もう一度使命を帯びて立ち上がるのです。週の初めに礼拝を持つ。これは弱い私たちが信仰の競争を走りきるための給水地点のようなものです。息も絶え絶えに走る私たちはその給水地点でもう一度力を頂き、決意新たに再スタートを切るのです。

 10~23節 神の御名を冒涜することへの裁きが記されています。イスラエル人の母シュロミテの息子が起こした神の御名への冒涜行為の記事。私たちから見れば、情状酌量の余地があるのではないかと思わなくもありません。彼がイスラエル人と争ったのは、恐らくはエジプト人を父としていたことによって、あらぬ偏見や差別を受けていたからかもしれません。そして喧嘩をすれば、冷静ではいられず、売り言葉に買い言葉。遂には神の御名を冒涜したというのが実際ではなかったか。しかし、事情はどうであれ、彼の冒涜が許されるわけではありません。神の御名を冒涜することは、どのような理由があるにせよ、石打ちの刑に処せられるのです。そしてその理由として、同等報復の原則が語られます。「【主】の御名を汚す者は必ず殺されなければならない。」「いのちにはいのちをもって償わなければならない。」「骨折には骨折を、目には目を、歯には歯を。人に傷を負わせたのと同じように、自分もそうされなければならない。」この同等報復の原則は、もともと、必要以上に報復を重ねたり、エスカレートしてはいけないという抑制が目的でした。また、同等報復が命じられることで、そもそもの犯罪を抑止する目的もありました。けれど、ここでの主旨は、神の御名を冒涜する行為は何であれ死に値するという点にあります。死をもって償わなければならない程に、神を冒涜することは重大な罪だと言うのです。私たちは神を軽んじてはいないかと問わなければなりません。これくらいなら神様も赦してくれるはず。愛なる神は赦して当然。と神に強要してはいないでしょうか。興奮してただけなんです。本心じゃないんです。だからそんなに目くじらを立てなくても、と冗談めかしてはいないでしょうか。けれど、そうではありません。言葉は心です。思わずこぼれ出たその言葉は、その人が心に貯めこんだ真実を含んでいます。神の御名を冒涜することは、単なる言葉の綾ではありません。それは神の存在を否定すること。神を殺すこと。だから、その神殺しと同等の報復として、その人の死が求められるのです。
 にもかかわらず、私たちはもはやこの同等報復の原則の外に置かれている。実はこれは驚くべき恵みです。Ⅰテモテ2:6「キリストは、すべての人の贖いの代価として、ご自分を与えてくださいました。これは、定められた時になされた証しです。」私たちが報復を受けずに済んでいるのは、すでに神の義に釣り合った贖いの代価が支払われたからです。キリストの命が代価となった。つまり、神の赦しは、神の私たちへの愛のゆえにではありません。主イエスの犠牲のゆえに。私たちの罪と同等の報復がなされたがゆえなのです。だから罪の赦しに胡坐をかくわけにはいきません。それはキリストの死に胡坐をかくことと同じです。私たちにはキリストの死に釣り合う生き方が求められるのです。